クォンタムタッチ Q&A

クォンタムタッチ Q&A

Q
ワークショップを通じて得られることはなんですか?
A
2日間ワークショップでは、2〜3人のグループに別れてクォンタムタッチの技術を学びます。ヒーリングの実習をメインに、エネルギーの高め方、エネルギー共鳴・導引、手のポジション、数種類のブリージングテクニック、遠隔ヒーリングなど様々なことを学んでいきます。このワークに参加した90%の方に、痛みや不調に対しての効果が認められています。ヒーリングを学ぶのが初めての方も多く参加されていますが、クォンタムタッチは本当にシンプルなので、誰もがしっかりと身に付けることが出来ます。もともと人間に備わっている力なので、難しいことは一切ありません。2日後には誰もが強力なヒーラーになっている事でしょう。
Q
ワークショップには、どのような方が参加されていますか?
A
男女比では女性7、男性3が平均です。年代は30代〜50代の方が大半です。最も多いのが30代女性、次に40代女性です。ヒーリングを初めて学ぶ方がとても多いです。
Q
英語ができないのですが、通訳は付きますか?
A
もちろん通訳付きですので、ご安心ください。
Q
今回の日程は都合が合わないのですが、ヘンリさんは年に何回ほど来日されているのですか?
A
3月と9月の年2回です。来日ごとにワークショップを2〜3回行っております。
Q
なんだか難しそうなんですけど、初心者にも習得できますか?
A
ヒーリングはとても簡単です。本来、誰もが持っている能力なのです。クォンタムタッチは驚くほど簡単に学べ、手順を追ってしっかりと身に付くようにプログラムが組まれていますので、1日目が終了した頃には、気づかないうちにクォンタムタッチができるようになっています。
Q
特にヒーラーを目指している訳ではないのですが、疲れた時に自分自身にヒーリングしたり、家族にヒーリングしたりと、日常に活かせる癒しのテクニックを学びたいと思っています。そんな人でもこのワークショップに参加しても大丈夫ですか?
A
もちろん大丈夫です。参加される方のほとんどが、プロのヒーラーを目指している訳ではなく、自分や家族にヒーリングしてあげたいと言う気持ちから参加されています。
Q
クォンタムタッチのテクニックはどのようになっているのですか?
A
単純にふたつの法則からなりたっています。共鳴(同調)と導引(起動)です。2つ異なる波動が合わさると、低い波動が高い波動に引き上げられるか、高い波動が低い波動に引き下げられるか、お互いの波動の中間地点で同調するといった、共鳴・同期化の現象が生まれます。その現象を利用し、クォンタムタッチのプラクティショナー(ヒーラー)は様々な呼吸法や、テクニックを用いて、自らの波動(周波数)を増幅させ活発にします。これをすることによって、身体の生命エネルギーの流れを良くさせているのです。この生命エネルギーがクライアントと共鳴する事によって、クライアント自身のヒーリングプロセスが加速され、量子レベルから驚くようなヒーリングを起こすのです。
Q
レイキとの違いは?
A
最も多い質問ですが、エネルギーと深く関っているという点では共通する所もあります。圧力や無理な力を与えず、内側から外側に働きかけるなどの共通点もあります。違いとしては、クォンタムタッチにはアチューメントなどのエネルギー伝達や、マントラなどはありません。クォンタムタッチは自ら意図的に波動を高めるヒーリングなので、動的なヒーリングといえます。レイキはそれに比べて静的なヒーリングと言えるでしょう。クォンタムタッチのメリットとしては、道具もマントラも不要なので、どこでも好きな時にヒーリングを行うことが出来ます。例えば電車の中で怪しい動きをせずに遠隔ヒーリングなどもできるのです。そして、さまざまな実験によって、その効果が驚くほど即効性を持っている事も挙げられ、レイキではあまり聞かないような具体的な成果もあげています。
Q
ワークショップに参加すると修了書が発行されるそうですが、これをもらうと他人にセッションをしてもいいということですか?
A
家族や友人に無料でクォンタムタッチをすることが出来るようになります。ただし、セッション料を頂くなど、仕事としていく場合には、プラクティショナーの認定を受けなければなりません。プラクティショナーについては、こちらをご覧下さい。
Q
プロとしてお客さまに指圧を行っています。指圧や整体などと組み合わせて施術してもよいのでしょうか?
A
はい。クォンタムタッチはどんなエネルギーワークやボディワークとも併用可能な技術です。

個人セッション Q&A

Q
どのような理由でヘンリさんのヒーリングを受けに来られる方が多いですか?
A
眠れない、リラックスできないといった症状から、慢性的な痛みや重い病気とされるものまで様々ですが、ほとんどの場合、身体的苦痛があるために訪れます。特に、本人が何かの変わり目にいるとしたらなおさらです。どこかに行き詰まった感覚があるから来ている方もいます。自覚する症状が身体的、心身的、精神的、感情的なものにしろ、すべて繋がっているのですから理由は何でも構いません。どれも身体のどこかに現れます。例えば、歩き方、あごや肩、発声などに見受けられます。特に顕著に見られるのが頭の所から背骨にむけての所なので、通常そのあたりからヒーリングをはじめます。
Q
エナジーヒーリングを30分、個人指導を30分といったことは可能ですか?
A
はい。1枠の時間はお好きなようにお使いください。