著書累計600万部超えのビジネスコンサルタントが膨大なデータを元に「人の幸せ」を分析。どんな行動が私たちの人生を充実させるのか?
<kindle対応>


元気は、ためられる

1,620円 (税込8% 本体価格 1,501円) 在庫あり
16 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-446-5
ページ 224
著者 トム・ラス
訳者 坂東智子
発行日 2015-11-30


■他人のためにあなたの「時間」や「お金」を費やすことが、人生を鮮やかにする!

 人間の行動と幸せについての調査・研究を長年続けてきたトム・ラス氏。
 本書の中で語られる「私たちが元気いっぱいになる」ための極意すべては、
彼がこれまでかき集めてきた、経営学・心理学・経済学における最新の調査データ、研究論文、記事などをもとに導き出されたものとなっています。 過去100年における「人に元気をもたらす幸福」についての研究と、この本の内容が大きく違うのは、「人生の満足度」(長期的視点)からではなく、「1日の経験(幸福度)」に着目してまとめられているところ。そして、日々の中で見出すささやかな「意義」「人との交流」「心身の健康」の積み重ねこそが、私たちに“元気”と“充実した人生”をもたらす要素だとしています。 
 例えば、あなたが今から自分のためにコーヒーを買いに行ったとしましょう。数分後にあなたは美味しいコーヒーを飲んでいるかもしれませんが、自身の幸せ度はさほど変化しません。けれども、誰かの分のコーヒーも一緒に買ったならどうでしょうか。そうしたなら、次の瞬間には、あなたもその誰かも同時に幸せな気分に浸ることができるのです。
 こんな風に、著者によって選ばれた膨大なデータが、「何が人の元気の素になっているのか」を探り、私たちに気づかせてくれます。
 


■元気をチャージするための3つの鍵

 本書では、元気いっぱいの日とそうでない日を、次の3つが大きく決定づけているとしています。

 ●「意義」を見いだせる仕事をする
 ・あなたの収入が一定の額に達したならば、それ以降いくら額が増えても、手に入るのは意義のない幸福である。
 ・自分の「強み」が世の中のニーズに合い、生産的に生かせることを知ったときに、仕事に情熱を抱き、意義と出会うことができる。
 ・受け身ではなく、自分から「行動を起こす」時間が多いほど、元気を充電できる。
 ●人間関係を強化するための「交流」に投資する
 ・書き言葉であれ話し言葉であれ、ポジティブな言葉は人間関係をつなぎとめる「接着剤」になる。
 ・人生を価値あるものにする時間は、一人でいるときではなく、親しい人たちと一緒のときに訪れる。
 ・「モノ」よりも誰かとの「経験」の方が幸福度を高める。時とともにモノは壊れていくが、経験や記憶は変わらず残り続ける。
 ●心身ともに最高の状態になるための「エネルギー」を確保する
 ・あなたが人の役に立ちたいなら、自分の健康とエネルギーを何よりも優先すべきである。
 ・「ストレス」ではなく「課題」と受け止めることができれば、それは元気の充電につながる。

 あなたがこの先、人の役に立てる日数は限られています。まずは「意義」を見出だせる仕事をしましょう。人間関係を強化するための「交流」に投資しましょう。そして、心身ともに最高の状態になるための「エネルギー」を確保しましょう。この3つを組み合わせて実行することが、あなた自身が元気いっぱいになり、周囲の人たちをも元気にする秘訣なのです。





カートに入れる