Bashar30年目の真実。喜多見、ロスで直接質問の全記録。
スリリングな「隠されてきた世界の謎」とは?
Bashar×喜多見龍一


世界は見えた通りでは、ない

1,944円 (税込8% 本体価格 1,800円) 予約
19 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-470-0
ページ 240
判型 四六判 ソフト
著者 ダリル・アンカ/喜多見龍一
発行日 2017-11-08

★★★喜多見が語る本書の見どころ PV公開中! ★★★

★★Bashar千夜一夜」全10話★★

喜多見がつづる10のBashar物語、無料配信中!! 右の「メール講座」からメールアドレスを登録してお読みください。

★★喜多見自身による動画解説★★

喜多見がロスで、取材直前に撮影した解説動画4本。主なコンテンツを、最近観た興味深い映画とひもづけて語る。全4本、徐々に公開。

★VOICE&Bashar30周年記念プロジェクト書籍

Basharが初来日してから今年で30年。最近パワーアップした感のあるBasharを、3日間ロスで喜多見30年で初の(!)直接質問。最新コンテンツを喜多見解説や図版を随所にはさんで分かりやすく。私たちは時空と五感を通じて世界を認識するので、どうしても世界の真実から離れてしまう。目に見えるこの現実は本当か。時間は存在するのか。死と生の真実。歴史は変わらないのかなど、全疑問を喜多見がスリリングに質問した全記録。「世界は見えた通りでは、ない」。

★この本の編集とコンテンツの流れ

読者が、あたかもロスのBasharの前にいるかのように編集したドキュメンタリー3日間。最初に理解が届かなかった箇所は、喜多見が2日目、3日目さらに深く質問。徐々に理解が深まる構成です。メインコンテンツ構成は以下。

◆「世界の基本構造」

なにも欠けたものがない超全体「THE ONE」。そしてそのステートの違いで存在する「All That Is」。そして「グループソウル」「ハイアーマインドとフィジカルマインド」「肉体をもった人間」という多重階層構造。

◆「運命と自由意志」

私たちが生まれるときに持ってきた人生のテーマをここでは「運命」と表現。それと自由意志の関係性が人生に色付けをもたらす。調和のとれた人生とは、この二つがどういう関係のとき生まれるか。

◆「ハイアーマインドとフィジカルマインド」

私たち人間は、非物質次元のハイアーマインドと物質次元のフィジカルマインドの両方をもった、あらゆる方面に多重な存在。

◆「生まれるときと死ぬとき」

私たちには「死の3つの怖れ」があると喜多見が質問。Basharがもうひとつの怖れを加え、全「4つの怖れ」を彼はすべて完璧に否定。ここの部分を読むだけでも、この本を買う価値がある。死の価値転換。

◆「無条件の愛と、物語」

無条件の愛は、どこからやってくるのか。宇宙が元々持っているものなのか。人間は、どうして時空にこだわった存在になったのか。それは、人生に「物語」を追い求めたからなのではないか?

◆「時間のウソ」

昔からスピの世界で言われてきた「時間は一瞬」。この考え方を徹底的に追求。Basharは、巧みな比喩を多用。この理解しにくい考えをわかりやすく解説。時間のワク飛ばしなどの興味深い解説も。

◆「頻発する並行世界への分岐」

並行世界は「時間」と並ぶこの本の重要コンテンツ。大変興味深かった。喜多見自身、取材時には知らなかった言葉「マンデラ効果」。記憶や歴史は、実は分岐していた。最新理論物理「マルチバース」の世界と重なる新しい世界観。

◆「ゼロポイント空間からフリーエネルギー」

際限なく取り出せる究極のフリーエネルギーは、すでに地球でも創られていた。しかも13歳。技術者・科学者の読者のために、それを生み出す装置の必須構造はなにかも、Basharに聞いてみた。

◆書籍内おまけ「Peeping Bashar」バシャール生活のぞき見

「のぞき見していいですか?」と聞いたら、「許す」とBashar。彼らの生活がどんなふうなのか。病気はどうやって克服したのか、自身の楽しみのためになにしている? 政府やお金はまだあるの? など聞いてみた。





取材後、リラックムードのダリル、喜多見、スタッフ一同による食事会の様子





ダリル・アンカ

80年くらいからチャネルを始める。Basharという名は、本当は名前のない存在に、ダリルは半分アラブのバックグラウンドがあるので、アラビア語のメッセンジャー(それも、良い知らせをもたらすメッセンジャー)の意味でつけた。ダリル自身は、ハリウッドの映画産業の近くにいたアーチストだった。映画のストーリーボードを書いたり、宇宙船のモックアップを作ったり。なので大の映画好き。彼のワクワクは映画作りで、最新監督作は「First Contact」。iTunesとAmazonで日本語字幕入りの映画が8月末頃にリリースされる。トレーラーを観る限り、お金かかってます。FXなども使ったBasharコンタントもの。今回、映画好きの喜多見の映画コンテンツを使った質問にも、Basharはダリルの映画知識を使って、なんなく返してくれた。








喜多見龍一

自動車H社や家電S社などのコピーライター転じて、VOICEで30年前にBashar単行本を編集出版。先生に質問して本を作るのが趣味。リサの「黄金のしずく」。量子物理学ゴスワミ博士の「驚天動地」など、お勧めします。元セミナーフリーク。













【information】

★ダリルのBasharドキュメンタリー映画(日本語版)が、
下記URLから買えるようになりました。
www.whatisfirstcontact.com

1)サイトの一番上のBUYボタンを押す。
2)MP4の動画ファイルを全ダウンロードするひとは、「Vimeo」のロゴを押してそこで買います。
3)542円はRent(一回のストリーミング?)、2170円が全部ダウンロードして何回も観る場合。
4)日本語サブタイトル付きを必ず買うこと。(英語版の下)
5)クレジットカードかPayPalで支払い。
6)全DLは3GBくらいでブロードバンドで約6分で、こちらの場合はDLできました。
7)この映画は、約1時間半程度です。

DVDを買いたい場合は、Vimeoではなく、TrepStarから買う。
住所と名前を「英語で」書く必要があるので、できる方は、どうぞ。DLの方が楽。

※このプロジェクトにVOICEは、からんでいませんので、皆さま各自の責任の範囲でご購入ください。
(内容に関する質問などにつきましては、当社のサポート範囲外となり回答いたしかねます。ご了承ください)







カートに入れる