あなたを癒やすのは、あなたです。 あなたを治すのも、あなたです。

すごい元気がとまらない5つのセルフヒーリング

1,728円 (税込8% 本体価格 1,600円) 在庫あり
17 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-476-2
ページ 240
判型 四六判 ソフト
著者 船瀬俊介
発行日 2018-04-26

健康・長寿は、こんなにカンタン!
自然に治癒し、気持ちよく生きる秘訣
さあ、今から、楽しみながら、やってみよう!



「自然」に近づくほど「健康」になる
「自然」から遠のくほど「病気」になる

これは、古代ギリシアの医聖ヒポクラテスの言葉です。
賢者は、こうも諭します。
「人が、ありのままに生き、自然の中で生活すれば、120歳まで生きられる」
「ありのまま」とは、野生動物のように自然の摂理にしたがって生きることです。
「自然の中」とは、澄んだ大気、水、緑に包まれて生きるという意味です。



 地球上で、人間ほど病気をする“動物”はいません。

こんな、小さな体に、4万を超える「病名」があるそうです。
なぜ、現代医学は、これほど多くの病気を発見したのでしょう?
それは、病名をつけると、それに応じたクスリを売ることができるからです。
こうして、日本の医療費は50兆円にもなりました。世界の医療費は1000兆円ともいわれます。
でも、実際は医療費が伸びるほど病気で苦しむ人が増えているのです。
もう、そろそろ私たちは気づくべきではないでしょうか?



さあ!今日からセルフ・ヒーリング5つの「生活習慣」を!

セルフ・ヒーリングとは、「自分で癒す」という意味です。
体の中には“100人の名医”がいるのです。
まず、あなたは、そのありがたい真実に気づくことです。
その方法は5つにあります。


1.少食(食べないほど病気は治り、若返る)

ヨガの教えには、「腹八分で医者いらず」「腹六分でおいを忘れる」そして「腹四分で神に近づく」とあります。
○“ON”でゴー!“OFF”で休め!
○タモリもタケシも、一日一食
○白血病も乳ガンも飛んでいく!
○糖尿病は治る!血液は正常化する
○大宇宙にいただいた命を慈しみ、養う食事とは?
○秘境フンザ百長寿たちは50〜60代に見えた!
○粗食は美食、美食は粗食
○反面教師で生活習慣を学ぶ「青森県」は、なぜ早死にするのか?







2.菜食(人類はもともと菜食動物なのです)

海外ではベジタリアンを公言しているセレブはかなり多く、ベジタリアンであることが意識が高いことだとされています。
○偉人、聖人、天才・・・・‥みんなベジタリアン
○教育、新聞、テレビは“洗脳”装置
○人類という“家畜”の飼い主たち
○医聖ポクラテスもベジタリアンだった
○本当は怖いバイキング料理 食べ放題は“盗り放題”
○体液の酸性化で残虐、攻撃的になる
○東洋は平和、西洋は戦争
○子どもの糖尿病、先進国は数十倍の悲劇







3.長息(息が長い人ほど長生きをします)

この呼吸法の良いところは、忙しいときでも、仕事の途中でも、電車の中でも、どこでもスマートに行なえます。
○一生の呼吸量、食事量は決まっている
○ヨガ式呼吸の「メンタル強化法」
○戦場で精神不調、深刻なPTSD
○NASA(米航空宇宙局)の呼吸訓練法
○「呼吸」は唯一の自律神経コントロール法
○お尻をしめて吐く息を数える









4.筋トレ(筋肉から“若返りホルモン”がでる)

現代社会では、見た目の良い人ほど多くのチャンスを手にします。筋トレで身体を引き締めましょう!
○「ちぢまない」、「まがらない」ために
○ダーウィンの『進化論』から人種差別へ
○擬態昆虫が証明、ラマルクの正しさ
○スタローン、シュルツネッガーはなぜ若い
○筋肉を動かし、病気を予防、治療する
○認知症も「筋トレ」でぶっとぶ
○運動は脳記憶中枢(海馬)を2倍に









5.笑い(健康と幸運と長寿を呼び寄せます)

笑いが心や体に良いということは、医学的に実証されつつあり、病気の予防や治療においても注目を浴びています。
○「笑い」も万病を治す妙法である
○ムカつくキレる、ときにはポックリ
○究極リラックスで自然治癒力は最大に
○「ガン細胞無限増殖論」のウソ
○「笑う」は、うつ病にも劇的効果があります
○アトピー症状に「笑い」は即効性がある
○20分笑うだけでストレス・ホルモン三割減
○「笑い」で脳血流アップ、頭が良くなる







あなたを癒やすのは、あなたです。
あなたを治すのも、あなたです。

体の内の治る力を信じなさい。
人は、病気になるとどうしてもクスリや医者に頼ります。
そのお気持ちは痛いほどわかります。だけど残念ながらクスリも医者も病気は治せないのです。
医聖ヒポクラテスの教えを思い出してください。「100人の名医」とは自然治癒力のたとえです。
野生動物は、ケガ、病気のときは静かに「休息」「断食」します。
彼らは、本能という叡智にしたがって生きています。あなたの内なる力を信じてください。それは奇跡を起こすのです。

船瀬俊介

ジャーナリスト、評論家。1950年、福岡県生まれ。九州大学理学部を経て、早稲田大学第一文学部社会学科卒業。
大学在学中より生協活動に携わる。日本消費者連盟の編集者を経て1986年独立。1996年に共同執筆した『買ってはいけない』が大きな反響を呼び、以後も主に消費者・環境にかかわる分野の著書の執筆、講演活動を続けている



カートに入れる