ベテラン心理カウンセラーが1年366日のカレンダーにそって著述。「人間関係」に疲れたときに、あなたを癒してくれる秘訣集!


傷つくならば、それは愛ではない

2,376円 (税込8% 本体価格 2,200円) 在庫あり
24 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-900550-58-2
ページ 474
判型 A5 ソフトカバー
著者 チャック・スペザーノ
訳者 大空夢湧子
発行日 1997-10-31

ベテラン心理カウンセラーが一年366日のカレンダーにそって語る、
「人間関係」に疲れたときに、あなたを癒してくれる考え方の秘訣集です。

内容の一部紹介

  • 拒絶されたと感じるのは、何かをしてもらおうとしているときだけ。
  • 自分がほしいものをだれかに与えたとき、はじめてそれが手に入る。
  • 許せなかった両親の行動を、今度はあなたがするようになる、不思議。
  • あなたが疲れきっているのは、「役割」を演じているから。
  • 抵抗していることは、あなたが受け入れるまで、しつこく続く。
  • 退屈を癒すには、感情をさらけ出すという「冒険」をするとよい。
  • あなたが抑圧したことは、あなたの子供にあらわれる。
  • 新たなレベルに到達しそうになると、かならず「誘惑」がやってくる。
  • 腹がたった本当の理由は、あなたが考えていることでは、ない。
  • 知恵は「苦しみ」からは生まれない。
  • けんか相手はあなたを完成させるのに必要な「失われたかけら」をもっている。
  • 長く、しがみつくほど失うものは大きくなる。
  • 怒りの裏には、すばらしい「恩恵」が隠れている。
  • すべての三角関係は、「ひとつの関係ですべてを満たすことはできない」という思い込みから生まれる。
  • すべての人間関係は、「過ちのない関係」である。
  • 「誕生」とは、まるで「死」のように感じるもの。
  • 人生でなにかが手に入らないのは、あなたが「復讐」しているから。
  • 感情が閉じていると、生きている実感がほしくてドラマや痛みをつくってしまう。
  • 天国には、あなたが最も愛している人と、二人ずつでしか入れない。
  • 人間の最大の怖れとは、「幸せ」になることの怖れである。


カートに入れる