2004年10月6日 9時15分誕生
大天使カマエル(Archangel Chamael)


オーラソーマイクイリブリアム B104 50ml

5,616円 (税込8% 本体価格 5,200円) 1ヶ月程度

名称 大天使カマエル(Archangel Chamael)
上層:イリデセント・ピンク 下層:マジェンタ
シェイクすると イリデセント・マジェンタ
誕生 2004年10月6日 午前9時15分
チャクラ 全てのチャクラ
テーマ 神のハートと愛

【性格の肯定的側面】

思いやり(真のフィーリング)や、慈愛を見出し、他人と分かち合うことのできる人です。
上層のピンクのエネルギーは、公平(超然たること)に関係します。
真珠母貝のエネルギーも含んでいて、自分の内面の分離によって生じる苦しみに対して、深いレベルの自己受容もたらします。
日常生活や、小さき物に愛を注ぐことを助けます。
自分自身をあるがままで受け入れることができる人です。

【課題となる性格の側面】

自分の内面を深く見つめることに困難さを感じていたり、あるがままの自分を受け入れられないでいます。
満たされない欲求によって生まれる苦しみや、葛藤による苦しみを抱えている場合があります。
分離されている感覚を持っているかもしれません。
内側の怒りを手放していけば、思いやりの慈愛のスペースを見出すことでしょう。

【使用部位】

下腹部のまわりに身体の後ろも含めて一周するように、ぐるりと帯状に塗布します。
身体のあらゆる部分にも使用できます。

【特質】

上層のピンクのエネルギーは、公平(超然たること)に関係しますが、真珠母貝のエネルギーも含んでいます。
真珠母貝とは、私たちが自分の内面のど のレベルで分離していても生じる苦しみそのものです。
それこそが、私たちの欲望によって、満たされない欲求によって生まれる苦しみであり、ピンクのエネル ギーが、同一視(アイデンティフィケーション)による苦しみを弱めるために、より深いレベルの自己受容もたらす理由です。
ハートの女性的側面と父母神の愛。カマエルは、ハートの開発を助け、ハートのエメラルドが開くことを助けることができます。
思いやり(真のフィーリング)、より良いコミュニケーション、自己愛といかにして自分の愛を他者にまで拡げることができるかとのバランスの資質。

第七の光に属する、ピンクまたはルビーの輝き
愛、賞賛、感謝
またゲッセマネの園を連想させる
カマエルはハートを強める

マイク・ブースからのメッセージ

2004年10月6日9時15分、大天使カマエル・虹色に輝くピンク/マジェンタが生まれました。これは私たちの生きるこの時代を表わす、並外れた組み合わせです。愛と争いの間に解決をもたらす存在として、カマエルはおとめ座、火星、そして水曜日に帰属します。

彼はこの惑星内部の女性的側面を解明し表現するために現われました。彼が特に気にかけるのはアンデスのエネルギーであり、それがどのように虹色の大蛇として現われ、女性的側面とからみながらこの惑星を循環するのかということです。自分自身と深くワークすれば人は自分自身をあるがままに受け入れる代わりに、自分という舞台の上で起きている出来事に対して批判したり裁いたりしたくなる時や場というものがあります。私たちはまるで自分が「あるがままの自分」から距離を置いて、分離した自分になれるかのような、間違った感覚を持つことがあるのです。

ときに、ハニエルはエロヒム(ヘブライの神ヤハウェ)の1人だと言われることがあります。通常は非常に美しい女性として現れ、ときおり非常に美しい男性として現れるハニエルは、美、快楽、持続する友情を象徴します。ハニエルは、これまで実らなかったものを実り豊かなものにする力を持っています。悲しみ、不安、心配といった状態を幸福に変化させる力です。ハニエルは、私たちが自分の中にある裂け目に気づくのを助け、その空隙が外部から満たされることを期待し続けるのではなく、それを自らの内面から満たすことを助けてくれます。ハニエルは人生を生きる価値のあるものにするもの、つまり友情、愛、交友、調和、バランスといったものを鼓舞します。

このような時カマエルは偏らない視点を提供し、自己探求の深い文脈のなかで、女性的受容性により深く入っていくことを助けます。

上層にあるピンクのエネルギーは執着を落とすことに関わると同時に、その内に真珠母(螺鈿)のエネルギーもまた秘めています。真珠母は自己の内部のどこかに分裂がある時に生じる苦しみです。その苦しみは私たちの欲望、満たされることのなかった望み、によって生じます。その苦しみはまた、より深い次元での自己受容をもたらすことによって、ピンクのエネルギーが「同一化」によって起きる苦しみを軽減する助けとなる方法でもあります。

Clara Clement (著) 1898 "Angels in Art" によればカマエルはゲッセマネの園で苦しむキリストの前に現れた天使とされている。

ここで言う「同一化」とは、私たちが自分や他人を裁いたり否定したりする時にはいつでも、その分裂状態に「私が…」という言葉を持ち込んでいることを指しています。神聖な統率者たる権天使としてのカマエルは、私たちが善なる意図を伝えるのを助けるために出現します。自分自身を相手としてワークする場合に、カマエルは善なる意図を伝える使者となります。彼はすべての大天使を率いるリーダーとして、時に「美徳の王子」と称されることもあります。

◆大天使に関連する、より一般的なコメント

大天使は1ミリセカンド以下の時間で、宇宙の一方の端から他方の端まで移動できるといわれています。同じように、この何百万光年といったコンセプトについて考えてみれば、それは私たちの必要を超越した可能性です。私たちがその存在に心を開きさえすれば、大天使はそのような必要を満たすためにそこに存在するということです。この意味では、自分自身を相手にワークを「演じる」場合、私たちと私たちの支えとして利用可能なエネルギーの間にさえぎるものが無ければ無いほど、それだけ大天使は私たちと共にあるといえるでしょう。

多くの時間と困難をともなって生み出されたカマエルのタイミングは、真珠母のエネルギーとは異なったところでさらにいま一つの虹色の要素、すなわち銀とのつながりをもっています。浮遊する銀の色は女性的な直感がより意識的になることを助けます。自己の内部のより深い受容性の観点から理解と光明をふたたび呼び起こすことを通し、ピンクのエネルギーの中にあるこの要素は、女性性に関して深い癒しの可能性を秘めています。

神の玉座に従う七人の大天使の一人として、カマエルは「神が高き者たちのさらに上におかれた聖なる天使のひとり」と讃えられています。かれはボルチの黙示録にあらわれてセナカリブの軍勢を打ち破ったとされるのと同じ大天使です。

これら大天使は都市、空港、駅、祈りの場、神聖な空間さらには国家を、その必要に応じて特に守護する神の恩寵をもたらすといわれています。

父にして母である神のハートと愛、その女性的次元であるカマエルは、ハートが発達しハートのエメラルドが開花するのを助けるでしょう。ここで問われる質は慈悲(真の感情)、よりよきコミュニケーション、自分に対する愛と他人に向ける愛とのバランスといったものです。

対立をかかえた人々との間にたって、核家族内部の分裂を癒し、対立を克服し、調和を回復します。

天国の門番。

物理的な次元では光を生み出すものとして存在するカマエルは、光の波動として恒星や星雲と直接に交信します。他の特性としては自制心、人間関係において満足を知ること、幸せと喜び、万物における美。

カマエルという名の意味は「神の存在を証言する者」。

戦車を駆る戦士ゲブラーのイメージにも擬せられます。

天国の守護者として、かれに従う幾百千万もの天使を率いているとされます。

アイルランドのミース州にあるタラの丘がカマエルのワークの焦点となる土地です。タラは異なる世界への入り口と言われています。

想像を絶するほどパワフル。押し寄せる変容のパワーのなかで、リラックスすればするほど自分との闘争や葛藤が克服されていきます。カマエルは鳥類のコマドリ、樹木のレッドメープルにも擬せられます。

旅と長続きする平和のセンスを持つ射手座の特性もまた、カマエルに属するものとされています。

この104番ボトルは射手座のボトル14番(クリヤー/ゴールド)であると同時に、獅子座のボトル5番(イエロー/レッド)でもあります。したがってヴィッキーもまたこのボトルを通して祝福を送っているわけです。

クチナシの香り。カマエルは健康と安らぎの守り手です。私たちが自分の中の暴力を手放し、葛藤を克服し、より簡単に執着を去ることができるように助けます。

◆カマエルのメッセージ

「信頼せよ。そしてすべては完全であると知れ」
すべてがそれと反対に見える時ですら、いくら試みても思いどおりにならない時ですら、
「何事もただあるがままに存在する」

愛と光をこめて
Mike Booth

mike



買い物カゴへ