日本人の5人にひとりは存在するエンパスが習得したいテクニックがここに!

エンパシー〜共感力のスイッチをオン/オフしよう

2,200円 (税込/本体価格 2,000円) 品切れ
22 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-103-7
ページ 320
判型 A5 ソフトカバー
著者 ローズ・ローズトゥリー
訳者 埴原由美
発行日 2006-06-23

あなたの「欠点」は「才能」だった!
人と深く繋がり、あなた自身の可能性が広がる
エンパシー能力を使いこなすテクニックが満載
訳者:埴原由美さんインタビュー

 

誰でもすぐに実践できる共感力をコントロールする技術が満載!

 

「エンパシー」とは「共感能力」という意味。ローズ・ローズトゥリーさん自身、45歳になるまでエンパシーであることに気づかず、葛藤する日々を送っていた経験から、早い時期にエンパス(共感能力者)であることを自覚して、他者から受ける感情からの開放と、自身の可能性を広げてほしいという想いが本書につまっています。
セミナー同様、コミカルな言い回しで初心者でも楽しく容易に実践しやすいよう、能力をコントロールするテクニックを数多く紹介!

<主な内容>

★エンパス・テスト★
まずは、○×で答える簡単な「エンパス・テスト」で、自身に眠る能力をチェックします。簡単なテストを進めていくうちに、抱いていた疑問が解決し、好奇心が満たされていくでしょう。さらにテストの後にあるQ&Aで、エンパシーについてていねいに解説してますので、「エンパス・テスト」で納得できなかった事柄も理解しながら読み進むことができます。
ちなみに、ローズさんが去年、セミナーで初来日したとき、参加者の5人にひとりがエンパスであることに大変驚かれたそうです。

□ 恋することのメリットのひとつは、恋人の目を通して世の中が見れること
□ 「あなたは誰よりも私をわかってくれる」と言われると嬉しい
□魅力的な人に会うと、その人のようになりたいと感じる
□人と話したり、ダンスをしたり、教えたりするときに、相手の考えていることがわかる
□人が誰かに共感しているように振る舞っているとき、実際は違うのでイライラしたりおかしく思える
……など

★エンパスが持つ6つのギフト★
エンパシーにはそれぞれ6つの得意分野があり、その才能に気づくことで本来活躍すべき世界を発見したり、自信がもてるようになります。その6つのタイプは以下の通り。思い当たる項目はありますか?

▼ 身体合一型…相手の身体に起きたことを、自身の身体で起きているように感じる
▼ 身体直感型…相手の身体で起きたことが直感的にわかる
▼ 感情合一型…相手の感情を自分のことのように感じる
▼ 感情直感型…相手の感情が直感的にわかる
▼ 知的自己変容型…人の考えに合わせて行動してしまう
▼ 霊的合一型…相手のスピリットとつながり、その人を援助できる

さらに上記6つのタイプに加え、「モレキュラー・エンパシー」という分子レベルでつながる力を持つ人、クリスタルとつながる「クリスタル・エンパシー」、自然界の精霊・妖精や天使などとつながる「エレメンタル・エンパシー」、環境エンパシー、アニマルエンパシー、ガーデニング・エンパシーという能力もあるそうです。

★ エンパシーをオフにするテクニック★
エンパスは、意識を自分の内面に向けることが苦手です。ですから、つねに外に飛んでしまう意識を自分の中心に戻すテクニックを習得して、他者からの影響を受け傷つかないよう身を守ります。

◆カミング・ホーム……自分の中心(ホーム/ふるさと)に入り、誰にも邪魔されない空間を得て安心感を味わう。エンパスがグランディングするためにも、とても貴重なエクササイズ。このテクニックには、多くのステップがあるが、とても簡単。起きていることを変えるのではなく、ただ「気づく」だけでいい。
◆遊園地から脱出する……自分の回りで無意識に起きるエンパシー体験を遊園地に見立てて、そこから脱出し、自分の中心に戻るテクニック。スイッチがオンの状態では、「意識のテーマ・パーク」にあるアトラクション=身体・知性・感情・霊性がすべて稼働していることになる。1日乗り放題の遊園地に行ったとき、無制限に乗り物に乗って疲労困憊するようなことをさけるため、自分の好きなときに乗り降りができる方法を身につけるためのテクニック。

★ エンパシーをオンにするテクニック★
より深く相手を感じたい場合は、スイッチをONにします。おもに相手のオーラを感じることで、その人の抱える感情や痛みを読み取ります。オーラに対する知識を高めた後、「プラグイン」という相手のオーラとつながるテクニックの他、相手のハートに入っていく「ハート・ジャーニー」など、オンにするエクササイズも満載!

◆スペースを維持する……あなたの意識を他者とひとつにする最初のステップ。相手に100%集中し、マインドだけでなく、あなたのスピリチュアリティも使う。相手に注意を向ける以上に、もっと深い関係を築ける方法。
◆手を握りながら相手の身体の中に入り、その人物の中で起きていることを感じるエクササイズ。

<目次>

  • 第一章 エンパシー110番
    • 1.エンパシーと目的意識
    • 2.懐疑主義者の間奏曲
    • 3.エンパシー能力
    • 4.微笑みの奉仕と、しかめ面の奉仕
    • 5.エンパシーをオフにする
  • 第二章 エンパシーをオンにする
    • 1.裸と崇高さ
    • 2.エンパシーを語る
    • 3.プラグ・インとスイッチ・オン
    • 4.トラベルテクニック
  • 第三章 ライフスタイル
    • 1.エンパスの育て方
    • 2.グラウンディング
    • 3.エンパシーのパワー




カートに入れる