母親の愛情のように、やさしく叱る高次元の存在インナーアースに教わる、真実は常にあたりまえの中にある


地底人に怒られたい

1,620円 (税込8% 本体価格 1,501円) 在庫あり
16 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-445-8
ページ 272
判型 四六判 ソフト
著者 町田 真知子
発行日 2015-10-30

インナーアース(地底人)」と「地上の人(フツーの人間)」とのチャネリング・セッションを収録したユニークな本

「あなた、バカなの!?」
こんなことを言われるのは、気の置けない友人からの“冗談"トーク以外では何年ぶりでしょうか?
小さい頃に親に叱られたとき以来かもしれません。
心ではバカだと思っていても、決して言葉に出さないのが大人や社会人ですが、人間界のそんな気遣いなどは完全無視で、ビシバシとダイレクトに叱り飛ばしてくるのがインナーアースさんです。 ちなみに、インナーアースという存在をチャネリングする町田さんいわく「決して怒っているわけではない」そうです。逆に、人々に、今この瞬間から「気づいて欲しい」「変わって欲しい」と願っているだけなのです。そのようなインナーアースの強い思いが、町田さんの口を通して語られます。本当にその人が根本から変わるためには、その人の意識が目覚めるような“揺さぶり"が必要だそうです。それがインナーアースの場合、彼らなりのダイレクトなコミュニケーションなのかもしれません。

人びとの“目覚め”を促すインナーアース(地底人)さんのお言葉

■人は、どん底に落ちるから上へ上がって行けるものなの。そこで初めて悟りを開く。

■不安は、あなたが最も大事にしようと思っているものが不安なの。

■あなた自身が神だからこそ、あなたが失敗と言えば、失敗で終わる。

■いやだと思えば思うほど、あなたはそれを何度も経験することになる

■「人生がこんなものなんだ」と思ってしまえば、そんな人生を経験してしまうのよ。

■選択肢がひとつしかないと思っている人ほど、とことんそれを味わうことになる。

■変化があるからこそ、進化続けるものなの。何も変化せず常に平安があるなら、進化などしない。

■あなたたちは転生をしながら、周波数を少しずつ変えているものなの。

■あなたがそこに価値を見出したときに、それは真実になるのだから。

■それぞれの人生で、一番最後に出したい結果は“死"なのよ。

■あなたたちは私たちの肉体を真似てつくられたのだから、あなたたちは私の子孫になるの。

■同じ周波数のものは引き寄せ合うから、今後も二極化はどんどん進んでいく。

■人間だけがこの地球にいるとは思わないで。他にもたくさんの存在がこの地球上には来ている。
あなたも地底人に怒られてみよう!町田真知子さんの個人セッション開催!《2/20(土)〜26(金)限定16枠》

■CONTENTS

インナーアース(地底人)って何?

<第1章 インナーアースとの出会い>
・インナーアースの前身、鳳凰との出会い/・鳳凰に導かれ外見から生まれ変わる/・インナーアース、現る/インナーアースとの不思議なパートナーシップ

<第2章 インナーアースのいる世界&自分の道を探るためには?>・インナーアースさんの本を出します/・インナーアースのいる世界について/・チャネリングが始まった理由/自分の人生の方向を知る方法/・不安の反対側にあるものが自分の欲しいもの

<第3章 お金と豊かさについて>
・自分の価値が自分の量になる/・お金が減ることにフォーカスを当てれば、お金は減る/・使ったお金は、あなたの血となり肉となる/・見返りを求めるなら、最初から与えないで/・自分の仕事に惚れられる?

<第4章 ワンネス、そして願望実現>
・究極のネガティブを体験するから、次のステップへ/・自分のアイデンティティをはずすと、ワンネスは体験できる/・常に世界は変化している/・人間は飽きるまで転生を繰り返す/・自分を愛することは、罪悪感を持たないこと/・悪魔も天使もいる/・自分で努力するのも、神様に頼むのも自由

町田真知子の幸せになれるコラム1「神様に願いを叶えてもらう方法教えます」

<第5章 生と死・健康>
・亡くなった人とコンタクトをとる方法/・当たるサイキックは、あなたが信じているから/・ユニバーサルラブが基本のインナーアースの世界/・愛情を求めるがゆえに病気になる/・人生の最終目標は“死"/・“死"は自分で選んでいる/・夢中になっている人は年をとらない/・認知症になるのは、自分のことを“忘れたい"人たち/・ウツ病は、自分を生きていないことに対する単なる言い訳?/・生きながら自分を殺していて、自殺者を悪く言うなかれ/・自殺をすると、執着が残るなら転生できない/・食べ物だけが人間のエネルギーではない/・異常気象は人間のせいではない

町田真知子の幸せになれるコラム2「お祓いは、追い払おうとしないこと」

<第6章 目覚めるためには>
・目覚めは連鎖する/・人間ってそんなにダメなの?/・凶悪なニュースに興味を持つなら、その事件の共犯者になる/・ネットをにぎわしている未来人って本当にいるの?/・今、ここにいるあなたは100人のあなたのうちの一人/・周囲を気にすることこそがエゴになる/・インナーアースやETとアクセスする方法/・夢の中で夢中になりなさい

町田真知子

高次元チャネラー。もともと神社仏閣での神託や、サイキック的なエネルギー調整、ペットや赤ちゃんなどとの対話を得意とし個人セッションを行っていたが、あるとき、名前を持たない、地球内部の高次元存在とのコンタクトが始まる。その高次元存在とのチャネリング・セッションは質問者の心に深く刺さり、意識の拡大を促す対話、真実を突く深遠なメッセージに、短期間で話題を呼び、数々のメディア等に取り上げられはじめている。現在は銀河系外の宇宙高次元存在ともチャネリングを行う。

インナーアース(地底人)

地球創生期より地球内部(地底)に存在する、名前を持たない意識体、地球表面に住む人類の目覚めを促すためにコンタクトしてきている。人類すべての人生を体験してきた私たち一人ひとりの未来世でもある。



カートに入れる