茂木健一郎(脳科学者)氏も絶賛! NHKあさイチ、白熱教室などで大反響!


月曜日が楽しくなる幸せスイッチ

1,620円 (税込8% 本体価格 1,501円) 在庫あり
16 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-468-7
ページ 184
判型 四六判 ソフト
著者 前野マドカ
監修者 前野隆司
発行日 2017-08-29





■あの茂木健一郎氏(脳科学者)も絶賛!  NHKの「あさイチ! 」や「白熱教室」などで紹介されて大反響。 日本における幸福学研究のエキスパート(慶應義塾大学研究員)が執筆!

「サザエさんシンドローム」というフレーズを聞いたことはありませんか? それはアニメ「サザエさん」の放送が近くなる日曜日の夕方頃から、急に気分がブルーになってしまう状態のこと。皆さんも一度は体験したことがあるはずです。なぜそんな感覚に陥ってしまうのか。それは「私たちの意識が整っていない」から。それゆえに日々の中で、「長続きしない幸せ」(お金・モノ・地位など)を追い求めてしまっていることに原因があったというのです。


■脳をだましてハッピーになる20のテクニック!

この本の「月曜日」というワードには、「週の始まり」という言葉通りの意味だけでなく、「楽しいことの後にやってくるつらいこと」「新しく取り組まなければならない大変こと」などといった、ネガティブな物事の象徴としての意味も含まれています。こうしたシンボルとしての"月曜日"に私たちが直面したとき、それを乗り越える助けとなってくれるのが「長続きする幸せ」。つまり周囲と比較することなしに満足感を得られる、健康・質の良い環境・自由・愛情・自分らしさなどです。そして、この「長続きする幸せ」を手に入れるために必要なのが「やってみよう」「ありがとう」「なんとかなる」「あなたらしく」という4つの力。自分の意識や考え方、心、思い込み、認知を変えるために、ある意味、脳をだまして、これら4つの力をうまく日常に取り入れるための20のスイッチをオンにするテクニックを、慶應義塾大学大学院の研究員である著者が厳選して紹介します。水の入ったグラスがあったとき「水が半分以上もある」と思いますか? それとも「水が半分しかない」と思いますか? ちょっとした脳(思考・意識)を切り替えるスイッチを押すだけで、幸せ度はグンとアップし、憂うつのシンボル"月曜日"も楽しいものへと変わるのです。





カートに入れる