おのころ心平

【4/1(土)1Dayセミナー直前でも電話でお申込み可能です!】<「サイキック・アライメント」実践法>なぜヒーラーは”もらって”しまうのか!?〜22年間2万3千件の実績で読み解く「ヒーラー体質」の秘密〜のべ時間数5万時間のセッション経験を持つセラピスト、おのころ心平が、ヒーラーの【受けてしまう】【もらってしまう】原理をくわしく解説。このエネルギー原理を踏まえた上で、セッション前の対処法、セッション後の対処法をタイプ別に紹介していきます。ベストセラー『病気は才能』おのころ心平の、年に1度のスピリチュアル・ヒーリング実践法。たった1日で、一生使える実践法が身に付けられます!この機会、ぜひお見逃しなく!!


<4/1(土)<「サイキック・アライメント」実践法>なぜヒーラーは【もらって】しまうのか!?〜>


スケジュール

★2017年4月1日予定 1Dayセミナー

4/1(土) 【1Dayセミナー】11:00〜18:00(両国国際ファッションセンター)

セミナー体験談

「違う視点」から見ることの大切さを学びました

薬剤師の資格を持っていて、生理学・解剖学をちゃんと学び直すキッカケがほしいと思っていました。また、東洋医学やアーユルヴェーダを学びたいと思っていたが、その前に生理学の基礎をやるべきだということがハッキリしてすごくよかったです。物事を違う目線から見るということが、ものすごく勉強になりました。今までは「臓器は臓器」という見方だったんですが、「臓器の側から世界を見る」というのが凄く斬新で大事なことなんだなと思いました。(田中晴子 様)

重々しくないのに、内容は深いセミナーでした

色んな方から健康相談を受けたり、セミナーを開催したりしているんですが、病気で悩んでいる方は、同時にココロの問題を抱えている場合が多いので、「どこかで繋がっているんじゃないかな?」という思いがありました。本当のところはどうなのか?という事を知りたくて参加しました。各臓器のはたらきは色んな本に書いてあるが、「実際のところ内面的にどう働いているのか?」というところで新たな気づきがありました。病気の話というと、普通は重々しく難解な話が多いんですが、今日は中身が深かったのに「いい意味での軽さ」があり、非常に参考になりました。(北口豊 様)

悩みを見つけ出すことに役立てたいです

カラダの臓器にも1つ1つ意味があって、食事に関しても、ただ栄養として摂るだけではなく、全てが自分の経験となっていくという事実にビックリしました。今、カウンセリングをやっているのですが、クライアントさんの悩みが直接出て来なかったりするので、もっと深いところを勉強して、悩みを捉えられるようにしたいと思います。またセルフカウンセリングにも役立てたいです。(宮本真美 様)

ビックリするようなカラダの知識が得られました

おのころ先生の書籍「病気は才能」や、短いセミナーで勉強させていただいたことはあったのですが、1日を通じて、消化器官の全てを丁寧に教えていただけたので、今まで学んできた事が整理できました。ビックリするような、新しいカラダに関する知識も得られて、セラピストとして仕事をしていない人でも、凄く楽しくてためになるセミナーだと思います。これまでは意識しなかった事も、これから日常で意識していこうと思えました。 (A・Y様)

他のセミナーでは教えてもらえない事を学べました

今まで受けたセミナーでは、リンパマッサージなどの実技・技術は教えてもらえても、ココロとカラダの繋がりっていうのは教えてもらえなかったので、自分でセラピーをしながらも腑に落ちないことがあったり、具合の悪いところをマッサージしても、もっと違うところに原因があるんじゃないかと思っていました。けれど、おのころ先生がそれを説明してくれました。これからは、今日学んだ事を実践して、家族や周りの人達に伝えていければと思います。(日高三奈 様)

おのころ心平 著書
講師:おのころ心平

幼少期の大病からの奇跡的治癒体験がきっかけで、大学卒業後22歳の時からココロとカラダをつなぐカウンセラーの仕事をスタートし、20年間、2万2千件以上のカウンセリング件数の実績をつむ。

カラダの症状をヒアリングしながら、その人のココロの傾向と生活習慣を読み解く手法が話題を呼び、 口コミによる広がりで、会社経営者、アスリート、議員、医師など全国から神戸のカウンセリング・オフィスに予約が殺到。週刊誌・月刊誌などの取材を受けるようになる。

「あなたのカラダは、日常がつくる。」
をモットーに、日常デザイン力こそが、その人の自然治癒力を高めると考え、言葉づかい、歩き方、食べ方、呼吸、月のリズムとの同調の仕方など、その人の個性に応じたパーソナル日常デザイン指導、およびパーソナルセルフイメージサポートをおこなう。

また病気にかかった時でも、人間関係が最大の自然治癒力のスイッチとなるという考えから、周囲の人間関係の中に活路を見出し、あるいは、医者との出逢いもコーディネートする、パーソナル医療コーディネーターとして活動する。

2009年よりココロとカラダの教育事業を展開すべく、一般社団法人自然治癒力学校を設立し、代表理事に就任。
現在、全国に教室展開し、自身のプログラムを、積極的に発信している。著書、多数。


講座詳細・申込  をタップ

2017年4月1日(土) 年1回のお楽しみ!!!
1Dayセミナー開催が決定しました!

郵送で資料をお送りしています。

なぜヒーラーは“もらって”しまうのか!?
〜22年間2万3千件の実績で読み解く「ヒーラー体質」の秘密〜

Psychic Alignmentおのころ心平のサイキック・アライメント実践法

  • スピルチュアル・ヒーラーさん
  • ボディタッチ系セラピストさん
  • 占星術師、タロットカードリーダー
  • なぜか直感でいろんなことがわかってしまうあなた

…が抱える共通の悩み…

たとえばあなたがヒーラーさんで、セッションをすればするほど、カラダがしんどくなる、ということはありませんか?
お客さんの都合で予約がキャンセルになった時、なんだかホッとしてしまう自分を発見していたり…
自分は、いわゆる、クライアントさんから“もらってしまう体質”なのかもしれない…

ボディタッチをすれば、どんな強靭な治療家でも、クライアントさんから生体電流が入ってきます。
スピリチュアル・ヒーラーであれば、なおのこと。
触れていなくても相手のエネルギーが流れ込んでくるでしょう。
それは避けることも、いなすこともできません。

私が師事した日本で指折りの一流気功師の先生でさえ、施術のあとは必ず、たまった邪気を流すことを怠りませんでした。
セッション後にこまめにアースすること、ヒーラーやボディセラピストさんは心がけたい習慣です。

私の場合も、クライアントさんとのセッションのあとは、やはり、一件、一件、裏室に戻り、必ず手を塩につけていました。
一日終わったころは塩がかなり湿気を吸ってくれて粘土のようになったものです。
こうしたことは、自分のカラダをリフレッシュさせるための目的もさることながら、次のクライアントさんに持ち越さないためにとても大事なことなのです。

それと同時に、多くのスピリチュアル・ヒーラーさん、ボディ系セラピストさんに知ってほしい言葉があります。
それは、「バウンダリー」という言葉です。
これは、心理的境界線をしっかりひくということ。

ヒーラーさんやボディ系セラピストの皆さんこそ正しいバウンダリーを身につけ、日々の現場で意識してほしいと思うのです。
このことを知ると知らないとで、同じセッションをして過ごしても1日の疲れ方が断然違ってくるでしょう。
そして、あなたの施術のクオリティに俄然、差が出てきてくるに違いありません。

当日の講義内容

  • ● 感受性とは何か?〜感受性と共鳴磁場〜
  • ● ヒーラー、セラピスト、カウンセラー…エネルギー対話という仕事の意味
  • ● サイキック・アライメントとは?
  • ● タイプ別のセッション構成のあり方・セッション前後の対策
  • ● 感受性の未来〜スピリチュアル・ヒューマニズム〜

このセミナーはこんな人にお勧めです!

  • ● セラピスト、ヒーラー、ボディーワーカー、そして会社勤務でオフィスワークでも、お仕事において人との関わり合いが多い方
  • ● 理由もなくぐったりと疲れる、やる気が出ないことがある方
  • ● 気持ち的には頑張りたいのに、身体がついていかないという思いをしたことがある方
  • ● 癒しの分野でのお仕事を長く続けていきたいと思う方

このセミナーで得られること

  • ● 自分本来のエネルギーを自分のために使うことが出来るようになります。
  • ● 他の人との健全な境界線を保つことが出来るようになります。
  • ● クライアントさんだけでなく、自分も幸せになりながらセラピーのお仕事を続けられるようになります。
  • ● 自分に適しているセッションの方法や、プロセスを知ることが出来ます。
  • ● 数々のセッションのエピソードや経験が惜しげもなくシェアされ、その体験を知ることが出来ます。

22年、2万3千件、のべ時間数5万時間の

セッション経験を持つセラピスト・おのころ心平が、

ヒーラーの“受けてしまう”“もらってしまう”原理を、くわしく解説。

このエネルギー原理を踏まえた上で、セッション前の対処法、

セッション後の対処法をタイプ別に紹介していきます。

ベストセラー『病気は才能』おのころ心平の、

年に1度のスピリチュアル・ヒーリング概論。


この機会、ぜひお見逃しなく!




<おのころ講師から届いたメッセージをお届けします!>

  • 世の中には、サイキックだったり、コールドリーディングやホットリーディングを使う人、メンタリストなど、通常の人とは違う能力を駆使する人がいます。
    サイキックでは、
    ・予知能力(未だ起こってないことを関知する)
    ・テレパシー(言葉を用いず意思疎通する)
    ・リモートヴューイング(透視能力)
    ・サイコメトリー(触るだけでモノや人の歴史を知る)
    ・エンパス(人や動物の生気・オーラを知る)
    などが代表的ですが、「サイキックは科学的に証明されるのか?」はともかく、
    ・予知能力 =嗅覚の延長
    ・テレパシー =聴覚の延長
    ・リモートヴューイング =視覚の延長
    ・サイコメトリー =触覚の延長
    ・エンパス =味覚の延長
    と考察することにしています。
    僕自身はスッキリします。
    *** 感覚は、外界からの情報入力の窓口ですが、一方で、
    ・方向感覚 ・温度感覚 ・平衡感覚
    といった内部感覚もあります。 五感のほとんどは、脳に直結しますが、五感のうちの触覚と上の3つの内部感覚は、より身体寄りです。
    そして、
    ・サイコキネシス(念動力) =方向感覚
    ・パイロキネシス(イグニション/発火能力) =温度感覚
    ・ヒーリング能力 =平衡感覚
    と関連づけて考えると、この3つの能力は、感受の窓口というよりはむしろ、外部への働きかけの能力ですから、脳よりも、身体のバランスが問われるのです。
    *** ヒーリング能力は特に、身体の平衡性、 これは、平均台に乗ったときの、あの平衡バランスのみならず、
    ・体内の体液の酸 ・塩基バランス
    ・自律神経バランス
    ・ホルモンバランス
    ・東洋医学の陰陽バランス
    なども含まれます。
    ヒーラーが疲弊してしまう時、めまいを始め、各種バランス機能の不調に見舞われやすいのは、平衡感覚に寄与する力の浄化の足りないためか、使いすぎによるものでは ないかと考えています。
    *** ヒーラーという能力をサイキックというカテゴリーに関連づけ、さらには、通常の人が持つ感覚機能に結びつけてお話しする1DAYセミナー。
    きっと誰も考察したことのないヒーラー体質論だろうと、思います。
    目に見えない人間のエネルギー身体論に興味のある方は、VOICE さん主催のこの滅多にないチャンスをお見逃しなきよう。
    by おのころ心平講師 ブログより

受講要項

日 程 4/1(土)※残席が少なくなって参りましたのでお申込みはお早目に!
時 間 10:30受付 11:00〜18:00
会 場 KFC国際ファッションセンター(両国)
受講料
¥30,000(税込8%)のところ
【初開催記念割】¥25,000(税込) ※好評につき3/31(金)15:00お振込み分まで
(3/31(金)を過ぎてお振込みされる場合は、定価の30.000円となりますのでご注意ください)
3/31(金)23:59まではインターネットから、それ以降はお電話にて受注を承ります。(03-5772-0511:24時間対応)
必ず事前にお申込みをしていただき、ATMでお振込み、当日の受付にお振込み明細をご提示下さい。
当日現金払いの場合は、現金手数料としてプラス1500円を頂戴しておりますので、事前のお振込みがお勧めです。3/31(金)にお振込み、お申込みの方には、最終案内(地図)のご郵送や、お申込み後の折り返し連絡がございませんので、HPで会場をご確認いただき、振り込み明細ご持参のうえ、直接会場にお越し下さい。


講座詳細・申込