マイケル・ヤプコー

【2017年11月11日〜14日】世界で唯一、ミルトン・エリクソン財団、アメリカ心理学会、国際催眠学会、アメリカ臨床催眠学会の全協会から最高勲章を受賞のマイケル・ヤプコー博士が来日します。「体系的/構造的」にエリクソン催眠を学べるので世界6大陸、40か国以上で大人気。ヤプコー博士が理事長を務めるエリクソン財団サンディエゴ支部から修了証も発行される本格的なトレーニングです。


<エリクソン催眠〜臨床ヒプノと戦略的セラピーの総合トレーニング〜>


マイケル・ヤプコーは鬱病へのアプローチにおける心理学およびヒプノセラピー分野の世界的リーダーの一人です。傑出した教師でもあり、彼はウィットと叡智に富んだプレゼンテーションをします。

byジェフリー・ザイク

(ミルトン・エリクソンの一番弟子、エリクソン財団創設者・理事長)

親愛なる皆さまへ(マイケル・ヤプコーより)

物事がかつてない速さで進むこの時代に、「すぐには手に入らないものがある」などと言っても、忘れられた真実のように聞こえることでしょう。複雑な臨床スキルは大抵、教育とトレーニングに何年もかかるものですが、セラピーを最も効果的な方法で行うための明確で実践的な枠組みを築くには役立ちます。ヒプノは、そうした枠組みを提供するものなのです。

臨床催眠のトレーニングは、暗示の持つ必然的な役割を”あらゆる治療”で促進するだけでなく、人間の経験に対するユニークで主観的な感性をも育むものです。さらにヒプノは、私たちが持つ隠れたリソース(資質)へのアクセスを許可し(誰もがもっと簡単にできて然るべきものですが)、その過程において人々を大いに力づけます。こんなにインパクトのある手法を学べるとは、なんと光栄なことでしょうか!

この点において、ヒプノは『ポジティブ心理学』の新たな応用版と言えるのかもしれません。ヒプノを実践する者なら誰もが気づくことですが、人は自分で思っているよりもっと多くの能力を持っています。この、長所とつながり、様々な方法を駆使するよう人々を力づけ、新たなスキルの獲得を手助けすることこそ、臨床催眠の根本なのです。人は落ち着いて集中している時、より簡単に学び成長できますが、これを疑う人はいませんね?

実験的な証拠に裏打ちされたこの手法のメリットは、コース中、日課のように示されることでしょう。実際の科学が伝えるヒプノの恩恵についてはさておき、良いセラピーには少なくとも科学と同じくらいの芸術性が伴うものです。トレーニングでより焦点を当てるのは、少人数グループで行う体系化されたプログラム。参加者それぞれの興味を探求する十分な時間を提供し、独自のセッション・スタイルが身に着いていくことをお約束します。皆さんがヒプノをどんな形で仕事に取り入れるにせよ、スキルを伸ばすのに必要なステップを一つ一つ指導し、さらに科学的根拠についても理解を深めていきます。

私はこれまで、臨床催眠の向上のために人生を捧げてきました。実にたくさんのことを学び、また、多大な貢献をしてきと思っています。それは途方もない道のりでした。どうか、このコースに奮ってご参加ください。ヒプノを学ぶことがいかに魅力的で効果的か――それを皆さんが発見するお手伝いができるかもしれません。

皆様のご多幸をお祈りしつつ

マイケル・ヤプコーPh.D

臨床心理学者
ミルトン・エリクソン財団・サンディエゴ支部長
米国臨床催眠学会特別研究員

なぜヒプノを学ぶのか?

納得のいく理由には事欠きません。以下はほんの一例です。

  • 暗示は“あらゆる”セラピーにつきものですが、その役割に気づいていない臨床家が多くいます。ヒプノを学ぶことによって暗示のスキルを磨き、セラピーの可能性を拡げることが可能になります。
  • ヒプノは人々の経験―ある症状の前兆となるような経験も含む――が“どうやって”生じるかについて深い洞察力を養います。セラピストは介入すべき要因がかつてないほど明確になり、そこに的を絞った、より戦略的・効果的なセラピーが可能になります。
  • 人々を力づけること(エンパワーすること)は、どんな治療介入においても必要不可欠です。ヒプノが特に重視するのは、人々が自分のリソース(資質)を上手に活かして人生の試練に向き合うのを助けることです。長所を褒めそやすのは、欠点をあげつらうより臨床的に効果が上がりやすいものなのです。
  • 直接体験することで最高の学びを得るのは科学的にも明らかです。ヒプノは“経験”に基づく学びに重点を置いた手法です。
  • ヒプノの効果について調査した研究は、ヒプノが治療の成果を高めていることを明らかにしています。ヒプノはセラピーというよりも、多種多様で有意義な治療介入を行うための文脈(コンテキスト)を与えるものだと言えるでしょう。
  • ヒプノを学ぶことにより、この分野でのエキスパートを求めている業界の関係者やクライアントに対して自分をアピールできるツールがもう一つ加わるでしょう。
  • 私の友人でもありメンターでもあるジェイ・ヘイリー氏は次のようにまとめています。

“あらゆるセラピーに対してヒプノが及ぼした影響は十分に評価されているとは言い難い。セラピーにおける手法の大半は、その起源をヒプノにさかのぼると言ってもいいだろう。人々を観察し、複雑な方法でコミュケーションを取り、指示に従う気を起こさせるスキル。
自分自身の言葉、イントネーション、体の動きで人々に影響与えるスキル。それらはヒプノのトレーニングから生み出された。また、人は変わることができる、時間と場所に適応できるという認識、そして人々を自立へと向かわせるという明確なアイデアもヒプノに由来しているのだ。”

ジェイ・ヘイリー著
書籍『アンコモンセラピー』より

なぜ、マイケル・ヤプコー博士に学ぶのでしょうか?

ヤプコー博士は多くの点で、心理学と臨床催眠(クリニカル・ヒプノ)の分野で著名な存在です。その一例を挙げると…。

    • これまで、以下の分野における各領域で最高の評価を受けた世界で唯一の人物です。以下は主な受賞歴です。
      1. ■ミルトン・エリクソン財団からは心理学における卓越した貢献に対し生涯業績賞を受賞
      2. ■アメリカ心理学会(APA=The American Psychological Association)からはヒプノ・セラピストとしての多大な貢献に対し、第30部会賞を受賞
      3. ■国際催眠学会(The International Society of Hypnosis)からは長年の業績と優れた臨床に対し、ピエール・ジャネ賞を受賞(ピエール・ジャネはフロイトと並び称される20世紀を代表する心理学者です)
      4. ■アメリカ臨床催眠学会(the American Society of Clinical Hypnosis)からは功労賞を受賞
  • ヤプコー博士はこの分野における主要なテキストを執筆しています。
    『Trancework(トランスワーク)―An Introduction to the Practice of Clinical Hypnosis(臨床催眠入門)』は660ページの超大作にも関わらず現在、第4版を刊行中。
    ※この分野において第4版までの増刷は極めて異例なことです。
  • 30年以上にわたる臨床経験に加え、国内外の専門家会議においてワークショップを開催・指導してきました。“体系化された明解な”指導法は非常に高い評価を得ています。また、博識で面倒見がよくユーモアがあって、“楽しく学べる”ワークショップになるでしょう。
  • アメリカ全土はもとより、6大陸をまたいだ40か国以上でトレーニングを行っており、国境を超えた多分化的な視点を有しています。
  • ヒプノに対する、広く深い知識はヤプコー博士の著作や講義においても明らかです。数多くの著作は言うに及ばず、権威あるブリタニア百科事典の医療・健康年報(the Encyclopedia Britannica Medical and Health Annual)へ、ヒプノに関する記事を書くよう依頼を受けたほどです。
  • ヤプコー博士はこのプログラムにおいて、より自然な形(“形式的”ではない)のヒプノ、いわゆる“エリクソン催眠”に重点を置いています。しかし、主要なヒプノのモデル“すべてが”総合的に配慮されることでしょう。つまり参加者は幅広い理解と経験を得られるはずです。
  • 近年「世界で最も重要な心理療法会合」とも位置づけられている『Evolution of Psychotherapy(エヴォリューション・オブ・サイコセラピー)』でもスピーカーを務めました。

コース概要(前半2日間・後半2日間のコースです)

合計4日間のコースで、ご都合のつく方は世界的巨匠から直接学ぶ事の出来る貴重なチャンスなので、全日程(11/11~14)の通し参加をお薦め致します。
しかしながら、今回はお一人でも多くの方にこのチャンスを掴んで頂く為、前半2日間のみでもご参加頂けるようなコース設計となっております。

★11/11・12:心理療法における臨床ヒプノシス
★11/13・14:識別力のあるセラピスト〜意思決定力を向上させるヒプノシス(上級者向け)〜

今回は一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会さんとの共同開催になります。

日本国内および海外でも精力的な活躍を続ける神崇仁氏が代表を務める一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会と、螢凜イプロジェクトによる共同開催というスタイルでヤプコー博士を招聘致します。


講座詳細・申込  をタップ
2日間の概要
この2日間に渡るトレーニングでは、Dr. マイケル・ヤプコーが、臨床ヒプノシスの分野とその結果志向の心理療法の行い方について紹介します。クライアントが自分で意図を持って、本来注目すべきことにフォーカスできるようサポートする方法を知っておくことは非常に重要です。その重要性はあらゆる訓練において認識されていますが、どの訓練でも治療の中で構造的な経験学習を行う重要性を強調しています。経験にかなう学びはないのです。

第一日目は、神経科学からエピジェネティクス(DNA塩基配列の変化を伴わない細胞分裂後も継承される遺伝子発現あるいは細胞表現型の変化を研究する学問領域)、また認知プロセスから社会心理学に渡り、ヒプノシスの研究が私たちに教えていることのいくつかをハイライトし、研究と実践を行うにあたり核となる質問について問いかけながら学びをスタートさせます。

第二日目は、いくつかの実践的なスキルについてフォーカスを当てます。ヒプノシスを使って意味深いセラピーの介入をデザインし、実践し、介入する部分に触れます。ヒプノシスは多様なセラピーのアプローチから得られるメリットをさらに強化するために活用出来るのです。
このワークショップは、資料、デモンストレーション、数多くのスキル向上のためのエクササイズ、ディスカッション、質疑応答で構成されます。ゴールは、個人のセラピーの効果を上げることにあります。よって、参加者がヒプノシスの分野の探求を行い、ヒプノシスの基本スキルの向上を目指すため、リラックスした雰囲気を提供することを狙いとします

第一日目の予定カリキュラム
臨床ヒプノシスの技術と訓練の紹介

<午前のアジェンダ>
●フォーカスの力:なぜヒプノシスなのか?
●質疑応答
●あいまいな刺激としてのヒプノシス:複数のモデル
●集団ヒプノシスの経験と脱構築

<午後のアジェンダ>
●ヒプノシスと経験の積み重ねについて
●ヒプノ的な反応:誰が反応するのか?
●エクササイズ:ヒプノ的誘導を練習する
●まとめ、質疑応答


第二日目の予定カリキュラム
ヒプノ的な介入をデザインし実践する

<午前のアジェンダ>
●臨床ヒプノシス・セッションの一般的な内容
●治療におけるプロセスと内容
●エクササイズ:プロセスを重視したヒプノシス

<午後のアジェンダ>
●3部構成エクササイズ:ヒプノシスを使い、デザイン・実践・介入する
●まとめ、質疑応答


Dr. マイケル・D・ヤプコー について
Dr. ヤプコー は臨床心理学者であり、結婚や家族関係についてのセラピストです。現在、米国カリフォルニア州フォールブルックに在住しています。彼は先進的な臨床ヒプノシスや、結果重視の心理療法において世界でも名高い臨床心理学者であり、常にあらゆる国々で専門家の育成指導にあたっています。また、現在までに6大陸30カ国以上の国々において、自己のアイディアやアプローチを他の心理学者に向けて発表しています。

Dr. ヤプコーは、40年間に渡ってブリーフ・セラピーの複雑な局面を踏まえ、ヒプノシスを臨床で応用することや、実践的なアプローチとして活用することに興味を持ち続けてきました。

彼の執筆活動については、ヒプノシスや心理療法の戦略的な実践方法について執筆した本が15冊、編集に携わった本が3冊あります。また、同じテーマでの寄稿した記事も数多くあります。その中でも幅広く知られているのはヒプノシスの古典書とも言える、「トランスワーク:臨床ヒプノシス実践入門」(第四版)、受賞作品でもある、「ヒプノシスでうつを治す」(2001)です。また、最近の著書には「マインドフルネスとヒプノシス」、最新刊の「弁別セラピスト」があります。彼の著書はすでに9カ国語に翻訳出版されています。Dr. ヤプコーが行うセミナーのスケジュールや出版物についての情報は彼のウェブサイト(www.yapko.com)をご覧下さい。

Dr. ヤプコーは、米国心理学協会からヒプノシスの分野での貢献賞、ヒプノシス国際協会から臨床研究の優秀者に送られるピエール・ジャネット賞、ミルトン・H・エリクソン協会から特別功労賞などを受賞しています。

受講要項

日 程 11/11-12
時 間 10:30〜17:30(10:00受付開始)
会 場 タイム24ビル(江東区青海)
受講料

●通常価格:129,000円
●早割:108,000円(9/25・15:00迄の入金に適用)
●超早割:99,000円(6/30・15:00迄の入金に適用) 

備 考

その1:通訳は大空夢湧子さんです。
その2:本講座は「一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会」(代表:神崇仁氏)との共同開催です。ご登録頂きました個人情報は一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会と共有される事となりますので、予めご了承をお願い申し上げます。


お申込みはこちら
 
129,000円 (税込8%)
【前半】心理療法における臨床ヒプノシス 受付中 11/11 10:30〜 タイム24ビル
 
108,000円 (税込8%)
早割【前半】心理療法における臨床ヒプノシス 受付中 11/11 10:30〜 タイム24ビル
 
99,000円 (税込8%)
超早割【前半】心理療法における臨床ヒプノシス 受付中 11/11 10:30〜 タイム24ビル
「空には東西の区別は全く無い。人間は自分たちの頭の中で違いを造り上げて、それを真実だと信じているのだ。」〜ブッダ〜


心理学者の中でも、とくに認知心理学者や認知神経科学者は、状況を識別するプロセスのことを「弁別/識別力(discrimination)」と呼び、個人の反応について喚起しています。例えば、誰かがあなたの足を踏んだ時に、相手が故意で踏んだと思うことで、その状況に対するあなたの反応は全く違ってくるでしょう。あなたがその意図的な行為を、偶然に起こった出来事であると捉えること(弁別/識別)ができるかどうかで、あなたの相手に対する反応が怒りになるか、寛大になれるかが決まるのです。


認知心理学、つまり人がいかに物事を考えるかについての研究は、いかに人が情報を集めてそれを使うかについてのプロセスに対し、新しい理解に一石投じています。認知心理学は、 人が意識の外のレベルでどのように物事を決め、与えられた環境において何に一番注意を払い、また、逆に意味の無いことは何であるかを決定するプロセスに関与します。本題から逸れて思い違いをする時というのは、全く関係ないことばかりに気が行って本来必要なことへの注意が弱まり、あるべき方向に対して適切な認識や反応ができなくなる場合です。さらに重要なのは、物事への見方がグローバル(概略的)になり過ぎると、何をどのように決めてよいのか分からなくなってしまう危険があるということです。また、どうにか決定したとしても、自分が傷ついた時の感情や、昔の習慣、誤った認識、やみくも的な信仰に基づいて決めてしまうことになりかねません。実際、人生の重要な決断をするアプローチは数多くありますが、その方法を選び間違えてしまうと、ずっと痛みを背負って生きていくことさえあるのです。


二日間に渡るこのワークショップでは、Dr. ヤプコーの新刊、「識別力あるセラピスト ― セラピーに必要な質問、決断方法、方向性を定める技術」に基づいて行います。私たちは自己認識というレンズを通して他人を判断し、またいかに決断をするのかという部分に注意が行きがちです。しかしここでは、選択する理由(なぜ)を分析するセラピーの伝統に従うのではなく、識別力あるセラピストとして選択する方法(どのように)にフォーカスします。 何かしらの状況においてグローバルな反応をした時に、いったい人は何を見落としているのか、つまり弁別の仕方に注目することになります。これはソフトなアプローチですが、ヒプノシスを上手く使いながらより良い選択ができるようになるのです。弁別セラピストは、より早く、より優れたセラピーの結果を得ることができる、革新的で明確なアプローチをもたらします。


学習のトピック:
     ・認知神経科学が認知スタイルに光を当てる
     ・クライアントの症状の特徴を決定づけるグローバルな認識
     ・セラピストの認識スタイルがいかにクライアントへの治療に反映されるか
     ・臨床面接のフォーカスをシフトする
     ・アセスメントと治療の内容とプロセス
     ・セラピーのよい流れを作る面接
     ・ヒプノシスにおいてどのような弁別が突出してフォーカスされるか
     ・ヒプノシス的な治療の段階
     ・経験に基づいた治療をデザインする重要性


学習の目的:
・認識スタイルや、そのスタイルが一般的な経験にもたらす効果、また顕著に見られる兆候に気づく
・クライアントの問題の中でグローバルな認識の部分を見分ける
・あいまいさに寛大になれないことがよい意思決定をもたらさない可能性を高めるという事実を理解する
・クライアントの経験における失敗を見分ける “HOW” の質問をする
(効果的な意思決定に反するような動きをもたらす不十分または不正確な情報を見分ける)
・セラピストの認識スタイルがいかに治療の成功を妨げる可能性があるかに気づく
・ クライアントが自分の問題に対して意思決定を統制するため弁別がしっかりできるように促す
・ 弁別の戦略を教える手助けとなる弁別の基準を見分けて明確にする
・ クライアントが目標を達成するのに妨げとなっているであろう問題に対して解決をもたらす可能性のある方法を見つける

受講要項

日 程 11/13-14
時 間 10:30〜17:30(10:00受付開始)
会 場 タイム24ビル(江東区青海)
受講料

●通常価格:109,000円
●早割:88,000円(9/25・15:00迄の入金に適用)
●超早割:79,000円(6/30・15:00迄の入金に適用) 

備 考

その1:4日間を修了すると、ヤプコー博士が理事長を務める『ミルトン・エリクソン財団サンディエゴ支部』から修了証が発行されます。

その2:通訳は大空夢湧子さんです。
その3:本講座は「一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会」(代表:神崇仁氏)との共同開催です。ご登録頂きました個人情報は一般社団法人変化と成長のコミュニケーション推進協会と共有される事となりますので、予めご了承をお願い申し上げます。


お申込みはこちら
 
109,000円 (税込8%)
【後半】識別力のあるセラピスト〜意思決定力を向上させるヒプノシス(上級者向け)〜 受付中 11/13 10:30〜 タイム24ビル
 
88,000円 (税込8%)
早割【後半】識別力のあるセラピスト〜意思決定力を向上させるヒプノシス(上級者向け)〜 受付中 11/13 10:30〜 タイム24ビル
 
79,000円 (税込8%)
超早割【後半】識別力のあるセラピスト〜意思決定力を向上させるヒプノシス(上級者向け)〜 受付中 11/13 10:30〜 タイム24ビル


講座詳細・申込