米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール

【2019年2月ライフストーリーの再評価 開催!】11月中に募集開始!
米国NLP協会理事長にしてリチャード・バンドラー氏も”究極の言葉の魔術師”と絶賛のクリスティーナ・ホール博士による世界最高レベルのNLPワークショップ。

「言葉が持つ無限の可能性」と「貢献」に人生を捧げてきたクリス博士、 彼女からの学びはあなたの人生に大きな違いを創り出すのみならず、あなたのNLP実践者としての貢献の幅も別次元へと導きます。

”その在り方”だけで人々を変容に導いてきたクリスティーナ・ホール博士との時間はあなたにとって生涯の財産になることは間違いありません。



『ライフストーリーの再評価』


NLP発展の功労者

「究極の言葉の魔術師であり、NLPの発展に終わりがないことを証明し続ける人。NLPについて彼女に教えたことより、彼女から教わったことの方が多いと言えるだろう」

By リチャード・バンドラー(NLP開発者)

★1978年、NLP開発者であるリチャード・バンドラー氏らによって設立された世界で最も歴史の長いNLP協会、The Society of NLP の現理事長です。

★世界で数名しかいない米国NLP協会認定メタ・マスタートレーナーの称号を持ちます。

★バンドラー・グリンダーの両氏から直接教えを受け、1986年〜1991年にかけてはバンドラー氏と共にトレーニングを開催しました。このときに作成されたトレーニングで使用するテキストは、クリスティーナ博士が監修したものです。

★天才リチャード・バンドラー氏が編み出したNLPスキルの数々を構造化し、一般の人々が実践できるよう体系化する役割を担ってきました。天才セラピスト達を研究することから生まれたNLPですが、開発者のバンドラー氏もまた天才であったため、一般の人たちがNLPを体系立てて理解するのは困難があったなか、NLPが世界にここまで大きな広がりを見せたのは、彼女なしでは不可能だったと言って過言ではありません。

★心理学・神経意味論言語学の博士号も保持しており、“NLPを分かりやすい言葉で構造的に教える”という観点で彼女は世界最高峰のトレーナーです。

★「スウィッシュパターン」は彼女が独自に開発したスキルです。

ワールドワイドな活躍

★アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、オーストリア、イタリア、オランダ、ドイツ、ポーランド、クロアチア、ハンガリー、オーストラリア、アラスカ、そして日本と、世界16ヵ国でNLPを教えている世界的トレーナー。NLPの世界的発展に現在も貢献を拡大し続けます。

★NLPの分野におけるスキルと貢献に対して、ANLP Inaugural Honorary LifetimeFellowshipを授与されました。この賞の受賞者は世界で12人しかいません。

★ドイツ、クロアチア政府が共同で立ち上げた”戦争で心の傷を負った人のための「包括的なトラウマセラピー」”という4人のプロジェクトチームの一員です。

芸術の域に達したトレーニング

★心理学・神経意味論言語学の博士号に加え、一般意味論、情報科学、認知理論、学習理論、システム研究にも造詣が深く、これらの難解な学問を「人間の学習促進」という観点からNLPを使って体系化した「ポリ・コンテクスチュアル・トレーニングシステム(多文脈的なトレーニングシステム)」という、世界で唯一無二の学習システムの開発に成功しました。

★クリスティーナ博士のトレーニングは海外において「Art of Training(芸術の域に達したトレーニング)」というタイトルがついており、世界のどこに行っても体験できない彼女独自の「ネストループ」、「ストーリーテリング」、「多分脈的(ポリコンテクスチュアル)な質問」などを駆使した加速学習的で美しいワーク構造を持ちます。

★“あり方”で人を変容に導くことのできる「愛に溢れた奇才」です。クリスティーナ博士とのワークショップは、あなたのトレーニングスキルが飛躍的に向上するだけでなく“あなたのあり方”にも大きな変容が起きるでしょう。

世界・日本で活躍するNLPトレーナー達も クリスティーナ博士から多大な影響を受けています

★日本でも有名な名著「NLPのすすめ」の著者であり、世界的なNLP研究者であるジョセフ・オコナー氏も彼女のプログラムを学びました。

★アメリカでは、NASAの研究者、ヒューレット・パッカード社の研究に携わる物理学者、カトリック司祭などもクリス博士から学んでいます。

★日本においては、業界の第一線で活躍するNLPトレーナー達はもちろんのこと、ビジネス界の著名な方々もクリス博士から教えを受けています。

世界に類を見ない書籍「言葉を変えると、人生が変わる」

★著書に「言葉を変えると、人生が変わる」(ヴォイス刊)。これは、今までバラバラに語られることの多かったNLPのスキルを連結して立体的、統合的に扱っている観点からも世界中で唯一無二の歴史に残る書籍です。

NLPを20年提供し続けてきたVoice主幹・喜多見龍一が語るクリス博士の卓越性

わたしが講師と初めて一緒に仕事をする場合、一番大切にしているリソースは「性格がいい」ことです。じゃあ、教える能力とか、知識とかは二の次でいいのか? と思われるでしょうが、これが不思議なことに、いままで20年以上やってきて、性格のよい人で能力の低いひとはひとりもいなかった!!

いやむしろ、全員、教える能力も知識も人一倍高かった。クリスティーナさんも、そのひとり。すばらしいです。わたしの理想の講師。性格もいい、NLPを「構造的に」教える能力もメチャクチャ高い。比較的ご高齢にもかかわらず、いまも探求を欠かさない誠実さと地道な努力。人間としてインテグリティ(総合バランス)が群を抜いている。

ヴォイスではNLPを90年初頭と日本でまだだれも教えていない頃から教えておりました。NLPは教える先生によって、その先生のバージョンのNLPになりやすい。クリスティーナはNLPの創成期を創始者たちとともに、様々な技法の開発にもかかわった人物で、たとえば「スウィッシュ・パターン」の技法は、彼女が創り出したもの。彼女のトレーナーズトレーニングは、まさに「全体がNLPとして構成されている」(専門的にいえばネスト・ループ構造)。彼女のすごいところは、この複合的で構造的なNLPを、それ自体NLPプレゼンテーションとして、興味を引きつけたまま、参加者に真の意味の「学習」が起こりやすいような構造で教えていることです。彼女を一言でたとえれば「教えることもうまい、腕のいい職人」(職人はえてして、自分ではできても他人に教えることはヘタ・・・)。深く話そうと思ったらいくらでも深く話せる彼女の本当の実力は、トレーナーズトレーニング、言語プログラムでいかんなく発揮されます。実習も格段に多くなり、彼女の真の実力を100%発揮できる舞台となるでしょう。

VOICE 喜多見龍一、記

米国NLP協会理事長クリスティーナ博士
ワークショップ開催スケジュール

■2019/02/22-24 NLP特別講座 「ライフストーリーの再評価」
   
■2019/08/10-12 NLP特別講座  開催予定  

米国NLP協会のオリジナル・ロゴは、米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士の許可なく使用することはできません。このロゴは、使用者が米国NLP協会認定コースを修了していることを示す目的でのみ使用されます。またこのロゴは、いかなる場合も使用者の米国NLP協会における営利・所有権・パートナーシップを示すものではありません。


講座詳細・申込  をタップ


 ライフストーリーの再評価
 2019年2月22〜24日(全3日間)

【受講資格】
NLPプラクティショナー修了者 以上(出身団体は問いません)

ライフストーリーの再評価

過去をどう捉えるかで私達の現在・未来は変わってきます。

過去をリソースフルに捉えることをせず未来のアウトカムを設定しても、それは脆弱な骨組みの上に巨大な建築物を建てるようなものです。

  • 開催日程:2019年2月22〜24日(全3日間)
  • 受講資格:NLPプラクティショナー修了者 以上(出身団体は問いません)
  • 講師:米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士
  • 通訳:大空夢湧子(クリスティーナ・ホール博士の書籍『言葉を変えると、人生が変わる』の翻訳者です。)

本プログラムでは、あなたが望む未来を創るため、
米国NLP協会理事長・クリスティーナ博士ならではのリフレーミング法を活用したり、
あなたの年表を作成するユニークなエクササイズなどを通して、「過去を再定義」します。

米国NLP協会理事長christinaティーナ・ホールPh.D

NLPメタマスタートレーナーであり、神経意味論言語学博士でもあるクリスティーナ・ホール博士からしか学べない世界で唯一のワークショップです。

本講座では、あなたが望む未来を創るために、これまで全人生を見直す作業を行います。

「人生棚卸しワークショップ」とも言え、未来志向傾向があるNLPにおいて「過去」へ徹底的にフォーカスする、ユニークなプログラムです。



■あなたのコミュニケーション

■変容をファシリテートするプロセス

■自己のポテンシャルの実現

「あなたの人生を決定づける要因は、人生があなたに何をもたらすかということよりは、あなたが人生に対してもたらす態度であり、人生に何が起きるかではなく、起こったことをあなたのマインドがどう見るかである」(カリル・ギブラン(1883-1931)、リビア人(後にアメリカに移住)の詩人・文筆家)


そして、このプロセスで重要なのは「ストーリー/メタファー」というキーワードで、本プログラムではその点についても考察します。

固定化されたもの、絶対的なものと信じている過去が、あなたの創ったストーリー(メタファー)であると気付いたとき、あなたはこれまでの人生を再評価することが可能になります。



「我々は自分の思考で形作られている。我々は自分が思うものになるのだ」(ブッダ)


過去をリソースフルに捉え直し、未来への土台が出来あがったら、クリスティーナ博士が開発した「クリエイティング・フューチャー・ヒストリー・ナウ」パターンを使って、「未来の歴史を今、創る」ことを行います。


「我々誰もが何であれ自分の目標や夢を達成するための資質(リソース)を本来持ち合わせている。足りないのは自分が既に持っているもの(才能/リソース)を活用するトレーニング、教育、知識、洞察力だ」(マーク・トゥエイン (1835-1910)、アメリカの文筆家『トム・ソーヤーの冒険』の著者)


昨今、地球規模で日本だけでなく、様々な事が様々な場所で起きています。震災や災害も含めて、多くの人が人生の価値を再定義せざるを得なくなった状況において、本プログラムがあなたや、あなたがこれから関わる人に大きなリソースとなることを講師・スタッフ一同願っています。



「経験とは、あなたに起こった事柄ではない、その物事に対してあなたがすることだ」(オルダス・ハクスリー (1894-1963)、イギリスの文筆家)


※以下の説明は米国NLP協会理事長クリスティーナ博士の記述をもとに作成されています。

本プログラムでは、自分の人生や人間関係をより豊かにするために、過去を、新鮮かつ変容を起こさせる方法で探求します。

あなたが「どこまで熟慮して自分の過去を定義づけるか」が、あなたの現在に影響していて、それだけでなく、未来も創るからです。



「結果的に、未来はあなたが見つけるものではなく作るものだ。それはあなたが到達するのを待ってはいないし、次のセンテンスより遠く離れているわけでもない・・・未来は無地のキャンバスか白紙である。あなたに思考と観察力という勇気があるなら、未来はあなたの望むように創造できるだろう」
(ルイス・ラファム (1935生まれ)、アメリカの文筆家)

言葉が持つ意味の最も広義におけるコミュニケーションは全て、ストーリーテリングです。人類は本来ストーリーテラーなのです。

そして、これまで自分が使ってきたストーリーやメタファー・・・自分がよりどころにしているストーリーやメタファーに気づいていません。

私達はコミュニケーションが発生している、あらゆる状況における毎日の行動の中で、全ての種類のストーリーやメタファーに関連し遭遇しています。

ストーリーテリングは自分自身、そして世界についての自分の態度・認識・信念を表現する基本的方法を示します。



ストーリーはあらゆる種類の情報を体系づける生来のデバイス(装置)です。

私達は人生における出来事をストーリーにしたてることで、自分の経験に脈絡や関連性を与えます。

私達が何かをストーリー(またはメタファー)のより大きなストラクチャーの中に体系づける時、その何かを新鮮かつ違う角度で見るためのフレームワークを作り出します。

自身の個人的なストーリーを通して、私達は自分の人生において何が意味あることなのかを発見できます。


本プログラムは、クリスティーナ博士が個人コーチングを行っていたとき、最も頻繁に活用していたゴールデン・パターンであり、ドイツ政府から依頼で社会主義崩壊直後クロアチアでも開催されたこともある極めて実用性高いワークショップです。

そのため、皆様ご自身人生に役立つは勿論ですが、対人援助場面でもフルに活用可能です。

予定カリキュラムの一例

christinaティーナ・ホール
  • 自分がよりどころにしているストーリーを明確にする

  • あなたのライフ・ストーリーを再評価・再形成する。そして、変容のために不可欠な「リソースとしての言語」を探求する
  • 健全に生きるための変容を起こさせるリソースにつながり、それを最大限に活かすパワフルなツールとしての「フレーミング」と「リフレーミング」
  • あなた自身と、あなたの人生についてのメタファーを一変させる

  • 「未来の歴史を今、創る」ためのパワフルなツールとしての「フューチャー・ペーシング」
  • 幸福で健康的、目的に溢れたものに変容を遂げたストーリーを生きる
  • ※進行により内容が変更になる場合もございます。ご参加者様にとって最適な内容でクリスティーナ・ホール博士がすすめてまいります。

“今自分が使う言葉は、個々の人生を心理的・有機的に左右する・・・そして今から20年後も。だから自分が使う言葉をじっくり検討するようにした方がいい・・・それに関連する多くの事を追求し理解することだ。”  
(ミルトン・エリクソン, M.D.)

本講座開催に当たり、米国NLP協会理事長クリスティーナ博士が語った言葉をご紹介します。
以下はクリスティーナ・ホール博士の言葉です。

クリスティーナ博士言葉そ1:

私達は学習や成功プロセス真っ只中にいるとき、「今、学習さなかにいる」、「今、成功プロセスにいる」とは気づけません。

振り返ってみて初めて「ああ、あときはこういう学び最中だったんだ」と気づくことが出来ます。つまり、過去を未来ためリソースにするためには、振り返って、未来で使えるように「捉え直す/組織化」する必要があるです。それをやって初めて、過去がパワフルなリソースとなります。


christinaティーナ・ホール


クリスティーナ博士言葉そ2:

過去をどう捉えるかで私達現在・未来は変わってきます。

過去をリソースフルに捉えることをせず未来アウトカムを設定しても、それは脆弱な骨組み上に巨大な建築物を建てるようなもです。

「過去もダメだった。だから未来もダメ」私達は簡単にそう信じることが出来てしまうです。




続きは「read more」をクリック

クリスティーナ博士言葉そ3:

私は比較的ラッキーな人生で、だいたいにおいてハッピーでした。不思議な言い方ですが、ハッピーでないときもハッピーだったです。「幸せ」とは
外に起こる現象ではなく、アティテュード話だと私は考えていますで。

しかしながら、一度だけ「もうダメだ。人生全てが終わった」と思ったときがありました。あるパートナーシップを解消したときです。
私はセラピーにも通っていました。毎日毎日ただ泣いていたです。

でも今、振り返ってみると、あパートナーシップを解消したからこそ、私はこうやって世界中を周ることになりました。それまで私は雇われで働いていましたが、とき、“これからは自分で生計を立てなきゃ”と思って独立したがキッカケで、心理学世界、NLP世界に足を踏み入れたです。

本当に人生はどこでどうなるかが分かりません。振り返ってみて初めて、「ああ、最悪と思っていたあ出来事は私人生にこう役立っているか」と気づけるです。

さあ、素晴らしい世界を、より深いレベルで、新しくちょっと違うやり方で探求する冒険の旅に船出しましょう。この旅をお楽しみください。

本当に、最も驚くべき旅になりますから。

受講要項

日 程 【全3日間】2月22日〜24日
時 間 10:00〜18:00(9時半開場、最終日は15時頃の終了を予定しています。)

※終了時間はワークの進行状況などにより、30分ほど前後する場合がございます。

会 場 会場が決まり次第、ご連絡致します。
予定される会場は東京都内(JRに近い、銀座、田町、台場辺りに現時点での可能性があります。)
受講料 ◆通常価格:212,200円(8%税込)
◆早割価格:189,750円(8%税込)※12/21迄のお申込・お振込に適用

◆再受講価格:108,000円(8%税込)

定 員 初参加者様は36名(再受講は4名)
※参加者数は会場の大きさにより変更になる場合がございます。
参加資格 プラクティショナー修了者以上(出身団体は問いません)

お申込みはこちら
 
189,750円 (税込8%)
【早割】ライフストーリーの再評価 受付中 2019/02/22 10:00〜 会場未定(会場が決まり次第ご連絡いたします)


講座詳細・申込