マルコニクス

【★11月に練習会しますよ!みんな集合です】 ★11/30〜4日間でマルコニクス・クウォンタム・リキャブレーション認定プラクティショナーコース開催@米国ボストンも募集開始!】★銀河系最新ヒーリングのシークレットは「次元上昇」ではなく「降ろす」ことにあり!これからのライトワーカーやヒーラーに求められるアティテュードは「地球を離れ天界(スピリチュアル・ワールド)へ”上昇”すること」ではなく「天界のエネルギーをこの地球上に”降ろし”、私達の肉体およびこの地上に楽園を体現すること」「このかけがえない地球ガイアにギャラクティック・エネルギーを”降ろす”技術」です。そのマスター・キーは「セカンド・タワー・プレアデス宇宙船」よりもたらされし『マルコニクス』と呼ばれる新次元のヒーリング・モダリティ。ミラクル・・・!クライアントのハイアー・セルフがこの地上に降り立ちエネルギーを放つ様子、動画ををご覧下さい。


<マルコニクス・ヒーリング・プラクティショナー認定コース〜超進化系ヒーリング・ヒューマンアップグレード3.0〜>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電子書籍(Amazon Kindle版)新刊のお知らせ!◇
★マルコニクスの翻訳本、はじめての日本語版が発売!★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『マルコニクス ヒューマン・アップグレードvol.1 クラリオン・コールKindle版』
★コチラ ⇒ http://amzn.to/2wvKXGm

『創始者:アリソンのアバター“グレース・エロヒム”』⇒ コチラ

新時代のライトワーカー、ヒーラー、スピリチュアリストに必要なエネルギー『マルコニクス』と、そのアティテュード〜「次元上昇」のみを追いかけるのではなく、天界の叡智をこの地上に「降ろす」〜

マルコニクスとは、人類のアセンションをサポートするため肉体ごとアップグレードさせる全く新しいヒーリングのモダリディーです。
そのプロセスにおいてミラクルな体験、肉体の変化や病気の改善が複合的におこりますが、治療するという目的のヒーリングではありません。

  • 2012年に大きなアセンションが完結したと言われている、これからの私達に求められるのは「天界への上昇」のみを追い続けることではなく、この地上に天界(スピリチュアル・ワールド)の叡智を”降ろし”、具現化すること。つまり地上に、この目の前の素晴らしい世界に楽園を構築するのです!
  • どうやって天界の叡智をこの地球に降ろすのでしょうか?「クラウニング」と呼ばれる特殊なワークがそれを可能にします。
  • 「マルコニクス」は、人類の進化「ヒューマン・アップグレード」のため、「スピリット」によってもたらされた、アセンション・エネルギーによるヒーリング法です。
  • 「マルコニクス」のアセンション・エネルギーによってバイブレーションが3次元的な周波数を超えることによって、高次の階層にある「プレアデスの愛」の周波数へとアクセスが可能になります。そして「源流」である「高次の自己」との調和へと至ります。
  • 「マルコニクス」とは、ハイヤー・セルフのエネルギーと、物質的身体との統合によってアセンションを促進させます。マルコニクス・ヒーリングを行う毎に前回よりもさらに高いバイブレーションへと導かれます。
  • 「マルコニクス」の受け取り手には、宇宙の完璧で新しい赤外線システムから地上に放たれる、新しいアセンション・エネルギーの波によって、作動システムへのアップグレードがダウンロードし続けられます。

★クライアントのハイヤーセルフが地上に降り立ち、自動的にヒーリングを行う様子をご覧下さい!
(クライアントの身体がひとりでに動き出します)

★初めて学ぶ方もクラウニング(ハイヤーセルフをこの地上に降ろすワーク)を実践できるようになります。

「マルコニクス・ヒーリング」はアリソン・デイビッド・バード(写真:左)とリサ・ウィルソン(写真:右)によって開発されました。「マルコニクス」の起源は、2012年の終わりに、催眠療法家であったアリソンのクライアントがトランス状態の中、その叡智を語り始めたことに端を発します。アリソンは、そのクライアントを通してライト・オブ・ギャラティック・フェデレーション(光の銀河同盟)とのコミュニケーションをスタートさせ、その後、アリソン自身が直接コンタクトをし続けることで、後に「マルコニクス」と呼ばれるヒーリング・モダリティを完成させました(具体的には「光の銀河同盟」における『セカンド・タワー・プレアデス宇宙船』が情報源です)。

『セカンド・タワー・プレアデス宇宙船』によれば、マルコニクスとは、あらゆるもののソースであり究極の次元である「144次元」の光の周波数で、その役割は『地球上のあらゆるものを統合と調和の意識に戻すこと』です。
マルコニクスは、私たち人間の進化のために、銀河の創始者である種が行う活動の最終段階への到達としてこの地球にもたらされたのです!つまり、人類のアセンションをサポートするための乗り物として144、000のアセンションの周波数の波を人類に経験させ準備させるために、惑星から人類に贈られたギフト「多次元的ヒーリング体系、全く新しいヒーリングのモダリディー」なのです。

スピリチュアル・ヒエラルキーが仲介するソースから断絶されたこの地球というエコ・システムの中で、常に高いバイブレーションを保持するのは容易ではありません。エネルギーワーカーとして活動している皆様は切に感じているのではないでしょうか?

マルコニクスの光の周波数は、大いなるソースからダイレクトに取り込むエネルギーです。

それでは、以下の「マルコニクス」のカストディアン(管理者)のアリソンと共同開発者のリサのインタビューをご覧下さい!

マルコニクス・ヒーリングの創始者アリソン・デービット・バード、共同開発者リサ・ウィルソン

アリソン・デビット・バード

アリソン・デビット・バード

グレース・エロヒムの統合アバター

アリソン・デイビット・バード(以下:アリソン)は元英国のジャーナリストであり催眠療法家。15次元グレース・エロヒムの統合アバター。
2012年、アリソンのヒーリングサロンでの催眠療法のセッション中に、彼女のクライアントであるマーサによって語られる事になった、ライト・オブ・ギャラティック・フェデレーション(光の銀河同盟)とのコンタクトから始まる。2013年、カルマから完全に解放されシフトし、多次元的な存在として肉体ごとアップグレードし統合するシステム(マルコニクス)を存在達とのコンタクトと就寝時の夢を通じての指導され、後にこの「マルコニクス」と呼ばれる大いなるソ―スの周波数であるトランス形成的なエネルギーのカストディアン(管理者)になりました。

リサ・ウィルソン

リサ・ウィルソン

アークエンジェル・アリエルの統合アバター

リサ・ウィルソン(以下:リサ)は、2013年にサンダルフォンとのコンタクトの中で「永遠の光(インフィニティー・ライト)を走らせるように」というガイダンス受け取る。
アークエンジェル・メタトロンとサンドロフォンからのガイダンスと導きの基にリサは、「永遠の光/ハイヤー・ソウルエネルギー」を彼らと共同創造し、マルコニクスの新しいヒーリング・システム「マルコニクス・インフィニティー・ライト“アイ・アム・マージ”」の基盤を統合することになりました。

リサは、マルコニクスのヒーリング・モダリティの共同開発者として、アリソンと共にマルコニクスの光の周波数を高次の存在と共に現在も統合的な手法と深い洞察力で創造し続けています。

マルコニクス・トレーナー3名来日します!

3名体制でコースを開催します。
米国から創始者のアリソン&共同開発者のリサもエネルギーバックアップします。

ジョシュア

(メイン・スピーカー)

ジャックリーヌ

ナディーン

★アリソンとリサへのインタビュー

『マルコニクスとは、あらゆるもののソースであり、現時点で認知されている究極の次元である「144次元」の光の周波数。その役割は、あらゆるものを統合と調和の意識(=ソース)に戻すこと』

マルコニクスとは、144次元の光の周波数で、光のスペクトルの帯域幅の宇宙赤外線システムからおろしたエネルギーです。宇宙空間のフォトンベルトを通じてダイレクトにアクセスすることができます。光(フォトン)は、他の惑星からやってくるガンマ波、ラジオ波などと同じで宇宙銀河系のエネルギーなります。

私達とコンタクトした存在は「次元は144次元あり、其々の役割や特徴がある」と伝えてくれました。その中でもマルコニクスは、144次元に存在する大いなる源、ソースのエネルギーで、その目的は「人類を統合の意識、つまり144次元に戻しソースに繋げる事」です。144次元の存在との繋がりには、メタトロンとサンドロフォンの力添えがあってのことです。私に伝えてきてくれた存在は、セカンド・タワー・プレアデス宇宙船で5次元と9次元の存在ですので、マルコニクスはあらゆる次元の存在達のサポートを受けていると思います。

私達は現在3次元にいるわけですが、これから4次元そして5次元に移行していきます。5次元の人間のテンプレートとして、これらのエネルギーを我々の体に融和させることによって、本質的なヒューマン3.0へアップグレードするのです。

★マルコニクスと誰が命名したのですか?

存在達です。スピリットがコンタクトしてきて私に伝えられた話ですが、マルコニクスとは20世紀のグリエルモ・マルコーニというイタリア人無線研究家、ノーベル物理学賞を受賞した有名な発明家の名前が由来になっています。

当時、マルコーニは、ビームを発明しました。彼は、そのビームを『ヒーリング』の目的に使用する計画があったようですが、第二次世界大戦の時にそのビームは戦争に使われる事になり、封印されてしまいました。マルコーニは、1937年に亡くなったという記録が残っておりますが、私が存在から伝えられた話では、実は1937年には亡くなってはおらず、その後彼はベネチアに移動し、多くの科学者と接触しながら様々な技術を活用して宇宙船の研究をしていた様です。もし、今マルコーニがご存命でしたら、きっとラジオ波を活用した様々なヒーリングをしていたでしょう。

★マルコニクス・ヒーリングの手法や手順はどなたが開発したのですか?

マルコニクス・ヒーリングの手法や手順も全て存在達から伝え指導され開発に至っています。私(アリソン)が寝ている時、ガイドが現れ、私の足や腕を触りながら指導してくれました。その時の事ですが「どこに触られているのか?」とハッキリとわかる程の強いエネルギーの感覚でした。私が「これは何ですか?」という問いかけると「これがマルコニクスのエネルギーです」と答えました。その存在は「わかってほしい」と言う様に何度も何度も私に指導してきました。この様な存在達との交流の中で「マルコニクス・ヒーリング」という新次元のヒーリング・モダリティーが確立されました。

★マルコニクス・ヒーリング、最大の特徴は『クラウニング』と呼ばれる、ハイヤーセルフをこの地上に”降ろす”ワークです。

マルコニクス・ヒーリングの特徴の1つは「クラウニング」です。
ハイアーセルフとのコンタクトがはじまると、私達がハイアー・セルフの方へ上昇していく、アセンションというものは、私達が上に上昇する=あがっていくと表現しますが、マルコニクス・ヒーリングの特徴はその逆です。つまり、ハイアーセルフが3次元の私達の肉体に降りてくるということです。

この地球という惑星は、多様性にあふれている美しい場所です。スピリットの言葉に「天界にあるものは地上にもある…」という教えがあります。「クラウニング」することで、神聖なる者達が地球上におりてくるということになります。クライアントは自分のハイアー・セルフだけでなく、複数のハイアーセルフが下りてきて、タイミングが合う時にそのハイアー・セルフと「統合する」という経験することになります。

天使の領域、転生した存在達などは個性様々ですよ(笑)これからの新しい時代、地球自体もいろいろな変化が達成される新しい大地になるんです。そのためにも「クラウニング」には大きな意味があります。 認定プラクティショナーは、クライアントのアセンションをアシストすることでそのクラウニングを行うことになります。

★実際に誰でもそのエネルギーの違いが感覚でわかるのでしょうか?

経験した方は「分かる」と言います。何故なら、マルコニクスのエネルギーは全てのスペクトラム領域が網羅されアップグレードした5次元のエネルギーだからです。私達はずっと3次元をに生きて経験し3次元に慣れていますよね。エネルギーというのは色々な次元があり3次元のエネルギーはその一部なのです。でも、正直エネルギーの違いを言葉で説明するには限界を感じます。米国の認定コースの受講生でさえも最初は懐疑的なのですから。未知のものを知る前は無理もありません。

★このインタビューの中で、スピリチュアル・ヒエラルキー(スピリチュアルな階層)という言葉をよく聞きます。階層とは? 次元の違いについてはどの様に捉えたらいいのでしょうか。

私達人間は、ヒエラルキー(階層・階級の意味)という言葉を上か下か、強い弱いという比較でとらえてしまう傾向がありますが、存在達はその様に捉えません。例えばエーテル帯、光の存在、次元もそうです。様々な意識の状態、役割がある、というように階層をとらえています。

マルコニクスの目的は、私たちを統合の意識である144次元に戻しソースに繋げる事です。存在達は「ソースとのつながりが忘れられてしまっている、マルコニクスは今この現代に必要なのだ」と言っています。

★マルコニクスのプラクティショナー認定コース、どのような方にお勧めしますか?

マルコニクスの認定ヒーラーになるか、自己のスピリチュアルな探求のためにマルコニクスを活用するかどうかに関わらず、皆様はこのコース終了後に変わることになります。

「人間の起源からのより深い真実を探求し、ギャラティック・パラダイムをシフトするためのあなたの役割は何なのだろうか?」という問いを持ちながらこの認定コースを受講することをお勧めします。3日間のトーレニングの中では、まずマルコニクスの統合の周波数に触れ慣れることから始め、マルコニクス・ヒーリング認定プラクティショナーに必要な知識と技術、他者のためにこのアセンションのエネルギーを定着させる方法を学びます。認定プラクティショナーを目指してない方にとっても意味あるものになるでしょう、何故なら、あなた自身の完全なるシフトを経験できるのですから・・・。それは何よりもの財産になると思います。

★マルコニクス・ヒーリング・プラクティショナー様へ★

11/19・22・26開催

マルコニクス・ヒーリング・プラクティショナー練習会

米国ボストン開催(※日本での開催はありません)

マルコニクス・クウォンタム・リキャブレーション4日間トレーニング
米国ボストン日程
11/30(木)12/1(金)2(土)3(日)

こちらのコースは米国ボストンでの開催です。

ご質問のある方はコースについて、飛行機の手配、宿泊先についてなどお問い合わせください

マルコニクス・インターナショナル日本事務局(03−5770−3321)


講座詳細・申込  をタップ
★「マルコニクス・ヒーリング」受講生同士でシェア&練習し合う3時間、マルコニクス・ヒーリング・プラクティショナー様のための練習会です。
★マルコニクス・ヒーリングの練習を続けている方、既にクライアント様にマルコニクス・ヒーリングを提供されている方(提供される予定の方)はスキルチェックのためにもご受講ください。
★講座を受講した後も練習を続けたい、練習相手を見つけたい、という方は是非ご参加ください。
★日本人のティーチャー・プラクティショナー認定を受けている方々に練習サポートして頂けます。
★参加される方は必ずご予約の上、お振込みを済ませてご参加ください。
★ベッドの数の関係で、もしキャンセル、ご欠席の際はお手数でも必ずご連絡ください。
リサ・ウィルソン
日 時
【11/19(日)11/22(水)11/26(日)】
日曜日【第1部】10:00〜13:00 【第2部】14:00〜17:00
水曜日【第1部】13:00〜16:00
(日曜日は第1部&第2部の開催となります。水曜日は1部のみの開催です)
会 場
受講料 各3時間の練習会 ¥3,330(税込)

このトレーニングは、マルコニクスの創始者アリソン・デイビット・バードと、共同開発者リサ・ウィルソンによる日本語通訳付き4日間のトレーニングです。開催場所は、米国ボストンです。(主催者は米国マルコニクス社となり、ヴォイスプロジェクトは日本国内でのサポート業務を行います)

コースを受講すると、どのようなことが出来るようになりますか?

「マルコニクス・リキャブレーション」を学ぶことができ、コース修了後「認定マルコニクス・リキャブレーション・プラクティショナー」として『マルコニクス・リキャブレーション』を有料でクライアントに提供できるようになります。

【1】マルコニクス・ヒーリング

【2】マルコニクス・リキャブレーション

の2つのコースのトレーニングを修了したWライセンスの認定プラクティショナーとして活躍の場が広がります。

開催スケジュール

※米国ボストンと日本の時差は14時間です。下記はボストン時間でのご案内です。

  • 11/29(木):この日までにボストン入りしてください。
  • 11/ 30(金):トレーニング 午前10時〜18時
  • 12/1(土):トレーニング 午前10時〜18時
  • 12/2(日):トレーニング 午前10時〜18時
  • 12/3(月):トレーニング 午前10時〜15時
  • 12/4(火):帰国 

受講料

■マルコニクス・クウォンタム・リキャブレーション・4日間トレーニング: 通常:1999ドル 1800ドル(10/10迄お申込みの方)→  1900ドル(11/11迄お申込みの方)

■I AM MARGE(アイアムマージ)セッション:555ドル(60分×2回)

I AM MARGE(アイアムマージ)セッションとは?

「マルコニクス・リキャリブレーション」の次のバージョンで、60分×2回=合計120分のセッションです。ご希望の方は現地トレーニング時間の前後、休憩の時間にアレンジして行われます。(セッションの時間帯は選べませんので現地スタッフにお任せすることをご了承ください。)

受講資格

■マルコニクス・クウォンタム・リキャブレーション・4日間トレーニング

2015年、2016年度の認定コース受講生、9月にマルコニクス・ヒーリング・プラクティショナー認定コースをお申込みの受講修了予定の方

マルコニクス・リキャブレーション(60分×2回)のセッションを受講済みの方 

■I AM MARGE(アイアムマージ)セッション

本コースにお申込みされる方

開催場所

アクセス/航空券について

本トレーニングは、米国マルコニクス社主催のトレーニングです。航空券の手配等は各自手配をお願いしております。

現地集合、現地解散となり航空券込のスタディー・ツアーではございませんのでご了承ください。

  • 会場近くの空港は、ボストン・ローガン空港 になりますので、日本からボストン・ローガン空港までの航空券の手配をお願い致します。
  • 航空券手配後は日本発空港名、便名、着時間をマルコニクス・インターナショナル日本事務局に連絡くださいませ。
【オプションとして】
社会的な様々な情勢を考えまして【有料オプション】で、ホテル、航空券、ホテルの手配、空港での旅行会社のガイドによるホテルまでの送迎をご案内できるように致しました。検討中の方は資料をお送りしますので、資料請求¥0のボタンからお申込みください。
【オプション代金】・・・現在算出中です(決まり次第連絡致しますので、検討中の方は、資料請求¥0のボタンからお申込みください                 

宿泊:滞在ホテルについて

【ホテル】ヒルトン・ボストン・ローガン・エアポート(米国ボストン、空港近くのホテル)

※ボストン・ローガン国際空港からシャトルバス10分です。

  • バスタブ、プール、フィットネスクラブ、レストランあり、朝食付き
  • プライベートルーム:1部屋1泊159ドル(マルコニクス特別レート)
    (スイートルーム、キングサイズベット、ソファベッド付き)
上記は、マルコニクスの特別レートで申し込んだ場合の価格となります。ホテル直接お申込みの場合はご案内しますので、日本事務局にお問い合わせください。
航空券と宿泊をセットでお申込みできるサイトからお申込みされると更にお安く宿泊できます。不明な点は日本事務局にお問い合わせください

お申込み

株式会社ヴォイスプロジェクト/マルコニクス・インターナショナル日本事務局 
〒106-0031 東京都 港区西麻布3丁目24-17 広瀬ビル2F             
Phone:03-5770-3321 (直通)  9:30〜18:00 (平日)             
Mail:marconicservice@voice-inc.co.jp (営業日:平日午前9:30〜18:00)  



講座詳細・申込