認定プラクティショナー 松浦様体験談

「ソウルシフト・プラクティショナーとしての活動を始めて…」2014年2月10日 松浦久美

昨年11月プラクティショナーに合格し、日々学びと素晴らしい魂に出会う事が出来て、とても充実した日々を過ごしています。
ソウルシフトプロセスに出会う前の私は、どこか自分の人生の本質を生きてないと思っていて、自分に自信が持てず、どこに向かって進んだらいいのか分からずにいました。「何のために自分はこの世にいるのか?」ちゃんと教えてくれるところを探していたのです。
初めて、ソウルシフトプロセスの案内文を見た時、雷が落ちたように「これだ〜!!」と思いました。そこには自分が知りたいと思っていたことが全て書いてあったんです! 衝撃的でした。

レベル1〜3まで夢中で学びました! 学んだことを実際の生活に活用するようになって、まずは私自身がどんどん癒されていくのが分かりました。
人間関係、家族、将来のこと「魂の視点」で見ることが出来るようになったんです。不安、恐怖や葛藤、囚われていたことが分かりました。
それも、魂を磨くための学びであること。全ては魂の本来の光を取戻し、この世に生まれてきた目的を果たすための魂の合意だと分かって私の人生は意味を持ち始めました。こ素晴らしい学びの経験があったからこそ、私は、人々に「伝えたい!! 伝えなくてはならない!!」と強く思いました。
リビジョニングを経験された方はご存じだと思いますが、「レセプションルーム・自信を取戻し、魂の目的を知る」を行った時、私が受け取った箱の中には、魂の成長のらせん状の図とソウルシフトプロセス教本の表紙がタイトル付きで1冊入っていました。私の魂の目的はソウルシフトプロセスを人々に伝えること。魂に光を当て融合させることなのです。

セッションにこられる方々のお悩みは様々ですが、何のために生きているのか? 自分の存在価値を見失い、心を閉ざしてしまっている方、私と同じように人生の方向性を見失っている方などが来られます。初めてリビジョニングを経験された方の多くが体に暖かさを感じ、どこから来るのか分からない涙がどんどん流れてきます。きっと魂の傷に触れ、優しく修復されているのだと私は感じています。その後の皆さんは、なぜ自分はそうなったのか?なぜ自分は生まれてきたのか?これからどうすればいいのかが分かったと感想を頂きます。セッション後の皆さんの人生が個人差はありますが好転しているようです。本当にうれしいことです。

ソウルシフトプロセスはダレルさん、タリアナさんの人の幸せを願う気持ちがたっぷり詰まった最高のメソットだと思います。
私はこれから、プラクティショナーとして魂の恩恵をダレルさん、タリアナさんの思いも乗せて人々に伝えていきたいと思っています。

プラクティショナーとしてスタートしたばかりですが全ての魂が癒されますよう精力的に活動をしていきたいと思います。