巧妙に仕組まれてきた歴史のプロセス。報道されない新事実。

日本、残された方向と選択〜緊急分析!! 近未来の予測・予言を大解明!

1,728円 (税込8% 本体価格 1,600円) 在庫あり
17 ポイント獲得
ISBNコード 9784899763840
著者 高島康司、編集:西元啓子
発行日 2013-03-27

予測や予言、そこには一体どんなルールがあるのだろうか? 長い時間をかけて予測・予言を調べ尽くしてきた高島氏が、そのメカニズムと法則を独自に解明! 今、注目されている社会問題を1つのケースとし、そこから見えてくる、未来を変える要因”社会的断層”と、それが日本にもたらす影響について考察する。

尖閣・竹島問題が解決されるための道とは? 日本を操作しTPPへの加入を促す〜日中韓東アジア共同体の誕生を懸念するジャパンハンドラーの思惑とは? シェールオイルとシェールガスによる米経済の活性化〜アメリカは世界の覇権を自ら放棄しようとしている!? その語学力とユニークな洞察力を活かし、世界で注目されている予測・予言や旬の情報を常にアップデートし続ける高島氏が、選りすぐりの未来予測を紹介。高的中率を誇るCIA文書「グローバルトレンズ2030」、CIAシンクタンク「ストラトフォー」の年度予測、ウェブボットの未来予測、2013年に関わる衝撃予言など、多数の未来予測を分析する。

【CONTENTS】

  • ■第1章:予測・予言の法則
    1. 予測・予言に興味を持ち始めた理由
    2. あらゆる予測・予言の中で一番的中率が高かったものとは?
    3. 未来予測の基準になる原則、社会的断層とは?
    4. すでにパラレルワールドは存在している
  • ■第2章:未来を変える要因の本質を見抜く
    1. 突如活性化した固着域1〜尖閣問題
    2. 尖閣問題ヒストリカル・レビュー
    3. アメリカの立場と日本への対応
    4. 突如活性化した固着域2〜竹島問題
    5. 竹島ヒストリカル・レビュー
    6. 領土問題はすべてアメリカの戦略!?
    7. 従軍慰安婦問題
    8. 東アジアがまとまらないことを望むアメリカの現状
    9. 国際社会における今後の日本の方向性は?
    10. 日本の新政権の行方
    11. アメリカの新たな経済復興
  • ■第3章:今、注目すべき最新予測・予言集
    1. CIAの未来予測報告書
    2. CIA系シンクタンク「ストラトフォー」による2013年予測
    3. ウェブボットの最新報告書
    4. リモートビューイング及びリーディングによる未来
    5. ジョセフ・ティティルの予言
    6. アセンションは果たして訪れるのか?
    7. コルマンインデックスさえも振り切って変わりゆく世界
  • ■第4章:予測・予言を検証してきた結論として
    1. 歴史的にも突出した激動の5年間を生きて


カートに入れる