内なる「あら探し屋」を黙らせ、女性の「自信」を育てます。

女性のためのセルフエスティーム《VOICE新書》

1,080円 (税込8% 本体価格 1,000円) 在庫あり
11 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-394-9
ページ 272
判型 新書
著者 ステファニー・ディロン&クリスティーナ・ベンソン
訳者 三橋由希子
発行日 2013-07-22

またまた名著が復活!

その画期的な内容が発行当時大きな話題になったこの本は、ふたりのセラピストが臨床から導き出した「女性のセルフ・エスティームを高めるための8つの方法」を書いたもの。
簡単にいうと、女性が社会的な期待や人間関係、体型などの「思い込み」をはずしていって、「自 分をほめる技術」をどう高めるかを語った本です。
実例がたくさん出ていて読みやすい。
目標を75%低くして達成したらほめてあげる75%ルールやセルフ・ エスティーム日記など、とっても実践的。
「思考」だけでなく「感情」をどう扱うかを実践的に述べている良質な本。
「セルフ・エスティーム」という言葉が定着し、その大切さが一般的にも認識された今の時代だからこそ、再び自信を持ってお薦めしたい一冊です。
男性にもお薦め!

★本書が教えるセルフ・エスティームを高める8つの秘密

  • 第一の方法  健全な自分勝手を育てる
    自分には人生のあらゆる場面で良い物を得る価値があると信じる。
  • 第二の方法  自分の体を受け入れる
    自分の体とここちよい関係、思いやりのある協力的な関係を結ぶ。
  • 第三の方法  あらゆる感情を感じる勇気を持つ
    自分の感情の状態をつかみ、それぞれの感情への対応を計画する。
  • 第四の方法  感情の高ぶりをストップさせる
    感情の嵐に直面しても思考力を持ち続ける。
  • 第五の方法 鏡の中の自分と向き合う
    自分自身の長所と短所を正確に評価する。
  • 第六の方法 自分自身のサポーターになる
    自分自身が自分の最強の「サポーター」になる。
  • 第七の方法 気持ちを伝えるスキルを身につける
    自分自身と他人に対する共感と敬意にもとづく【気持ちを伝えるスキル】を身につける。
  • 第八の方法 自分が自分の理想の親になる
    やさしく、現実的に、前向きな態度で自分に語りかける。


カートに入れる