コンピュータ・プログラマが自らの離脱体験を詳細に日記形式で記録。試行錯誤の中で発見した効率的テクニックとは?

体外離脱を試みる

2,090円 (税込/本体価格 1,900円) 重版未定
21 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-900550-98-8
ページ 248
判型 四六判 ハードカバー
著者 ロバート・ピーターソン
訳者 越宮照代
発行日 2000-10-11

みずからの離脱体験を詳細に日記形式で記録。コンピュータ・プログラマーである著者が試行錯誤の中で発見した、独自の効率的テクニックとは? 豊富な「エクササズ」と「Q&A」掲載であなたも試みられる!

◆体外離脱がうまくいくときは必ず、「感覚がするどくなる」状態がやってくる、そし て次に「バイブレーション」がやってくる。身体が振動するように感じる不思議な感覚。
◆「肉体を抜け出す」「ベッドの上から下に寝ている自分を見る」「自分の部屋のものを見ようとする」「ものに触ろうとする」「自分の家から外へ出る」「空を飛ぶ」「友人の家に行く」「友人に話しかける」「自分の手を見る」「鏡で自分を見てみる」・・・・
◆ルシド・ドリーム(明晰夢)はレム睡眠の時に見るが、体外離脱はレム睡眠の時には起こらない。
◆体外離脱でなにを体験するかは、その人が「右脳」を使うか「左脳」を使うかによって大きく左右される。
◆体外離脱に向いているのは、夜の寝入りばなではなく、朝の起きぬけである。
◆船の舳先で揺れている自分をリアルにイメージする方法、その他、豊富な方法掲載。

    エクササイズ集〜第三章より〜
  • 1)アファメーション
  • 2)祈る
  • 3).リラクゼーション
  • 4)「ごっこ」で過ごす
  • 5)ビジュアライセーション
  • 6)バイブレーションを想像する
  • 7)夢うつつ状態
  • 8)「怖れ」そのものが唯一おそれるべきもの
  • 9)怖れを分解する
  • 10) 「ヨーヨー」を連想する
  • 11) 霊気体の通る扉
  • 12) 井戸に落ちる
  • 13) ルシド・ドリーミング
  • 14) ブラックボックスをイメージする
  • 15) 音楽を思い浮かべる
  • 16) 意識の光を動かす
  • 17) 思考を静める
  • 18) 頭を前後に動かす
  • 19) ロッキングチェア
  • 20) トレーニング、本のイメージ
  • 21) 呼吸
  • 22) 船の舳先
  • 23) 音のイメージ
  • 24) 「ヒュー」という高音
  • 25) サイキック能力を高める
  • 26) 左右に揺れる

  • 第一章 はじめての体外離脱体験
    • ◆背景
    • ◆少年時代
    • ◆最初の出会い
    • ◆信じていたものが砕け散る
    • ◆奇妙な現象
    • ◆最初の体外離脱
  • 第二章 体外離脱の神秘
    • ◆本が教えてくれなかったこと
    • ◆目的地への移動・霊気体で空を飛ぶ・体につながる「銀の紐」・助けの手
    • ◆霊気体の目で見る世界——視覚との闘い
    • ◆寝ている間、霊気体は何をしているか
    • ◆体外離脱中の思考
    • ◆ファンタジーの罠
    • ◆人と動物
    • ◆体外離脱中の現実
    • ◆環境にいかに左右されるか
    • ◆内なる静かな声
    • ◆サイキック体験
  • 第三章 アウトオブボディ・エクササイズ
    • ◆体外離脱をするにはどうしたらいいか
    • ◆エクササイズ集
    • ◆体外離脱Q&A



カートに入れる