全米ベストセラー。心の中からいらないものを徹底して捨てる技術。「過去」、「感情」、「未来」、「葛藤」、「正しさ」、「自分」を すべて捨てる技術。

心のシンプルライフ

1,870円 (税込/本体価格 1,700円) 絶版
19 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-009-2
ページ 336
判型 四六判 ハードカバー
著者 ヒュー・プレイサー
訳者 袰岩ナオミ
発行日 2001-06-11

私たちの心の中には、一見必要そうで、じつは「不要なもの」がたくさんある。たとえば「感情」「過去」「未来」「正直さ」、そして「私自身」ー。さまざま な心配事や他人に対する先入観、自意識などが貯まっている。本書は、そうした不要品を徹底して捨て、真に心が解放された「心のシンプルライフ」を実現する 技術について語った本です。常識や観念を当たり前と受け入れる私たちの心の中を、日常生活の中で誰もが体験するような例をひとつひとつ取り上げながら、立 ち止まって深いところまでよく見ていきます。心のシンプルライフを求める人にぜひおすすめの一冊です。

<本書が語る心のシンプルライフへの助言>

  • ◆心の三大ゴミ。「決めつけること」「支配すること」そして「正しくあろうとすること」。
  • ◆心の不要品を捨てるにあたってもっとも大切なことは、「あなたの内の静かでひとつにまとまった心」「愛する心からひとつにまとまっていくこと」。
  • ◆静かな心は不安に満ちた心に比べ、まわりの状況をより速く、より正確に見極めることができ、迫り来る危険を防止することもできる。心配は役に立たない。
  • ◆人間というものは年を取れば取るほどに人生をそのまま受け入れる能力が備わるはずなのに実際はその反対である。
  • ◆死にゆく人が後悔するのは成し遂げなかった目標や体験ではなく、誰かを傷つけたことや誰かのために何かをしてあげられなかった、ということが多い。
  • ◆言い訳は自身の心が癒されるチャンスを逃す。
  • ◆エゴは私たちの中を大きく陣取っているが、他者との一体感を持つことで、いとも自然に解き放たれる。
  • ◆幸福へのカギは、人々を思い通りにしたいという要求を捨てることにある。

<目 次>

  • 第一章 「捨てる」基本
  • 第二章 心の毒素を捨てる
  • 第三章 感情の凝り・固まりを解きほぐす
  • 第四章 惨めさを捨てる
  • 第五章 わたし、わたし、わたし、オレ、オレ、オレを捨てる
  • 第六章 内なる葛藤を捨てる
  • 第七章 正直さを捨てる
  • 第八章 エゴの心を捨てる
  • 第九章 スピリチュアルな特別意識を捨てる 



カートに入れる