動物達と会話を交わす驚きの物語!
~あなたとペットはもっと会話できる!~

アニマル・コミュニケーター

1,760円 (税込/本体価格 1,600円) 重版未定
18 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-021-4
ページ 304
判型 四六判 ソフトカバー
著者 リディア・ヒービー&ボニー・ウェイントラーブ
訳者 越宮照代
発行日 2001-12-18

あなたの飼っているペットも人間同様豊かな感情を持ち、あなたとの対話を望んでいるとしたら……。
本書は、動物とテレパシーで会話を交わす“アニマル・コミュニケーター”としてアメリカで活躍するリディア・ヒービーが、その15年に渡る体験をもとに綴った驚異の報告です。動物と話ができるなんて、すぐには信じられないでしょう。しかし本書では、信じるに足る数々の事例が挙げられています。子猫を案じる難産の母猫、殺人事件の悲鳴を聞いたために引きこもりになってしまった犬、飼い主が亡くなって悲しみに暮れる馬、迷子になったペット探し……。犬や猫だけでなく、蛇、オウム、イルカなど、様々な動物のエピソードが語られます。加えて、どうすれば動物と会話が交わせるようになるのか、そのエクササイズも紹介されています。動物好きの方なら、一度読み出したら止まらないことでしょう。

本書に登場する著者が会話を交わした動物たち…

  • ●生んだばかりの子猫を心配する難産の猫
  • ●飼い主が亡くなった悲しみと不安で自暴自棄になった馬
  • ●殺人事件の悲鳴を聞いたトラウマで引きこもり状態になった犬
  • ●赤ちゃんの異変を飼い主に知らせた猫
  • ●人の下着をかじることで歓迎の意を表す山猫
  • ●自分を革の服を着た背の高い男と思っているボア(蛇)
  • ●動物のシャーマンともいうべき知恵深い魂を持ったイグアナ
  • ●生活の変化とホームシックに悩むオウム
  • ●体の傷ついたところへ癒しの音波を送るイルカ
  • ●家出を冒険として楽しむ猫
…など

<目次>

    第一章 動物と双方交信できる素晴らしさ
  • 第二章 動物の感情
  • 第三章 犬の物語
  • 第四章 想いにふける猫
  • 第五章 ベルベットの肌触り
  • 第六章 見知らぬ世界
  • 第七章 迷子になったペット
  • 第八章 魂になった動物たち
  • 第九章 動物とコミュニケーションをはかる方法
  • アニマル・コミュニケーションに関する質問集

読者から
★すごくよかった。実際にこのような職業があるとは知り、とってもワクワクしながら読んだ。機会があればワークショップに参加してみたい。(女性25歳)
★いまの自分の考えていることとシンクロしている。実例も多く楽しく読めた。(女性33歳)



カートに入れる