目からウロコ! 心理セラピストが語る、女と男「誘い」の極意

出会いの達人

1,980円 (税込/本体価格 1,800円) 重版未定
20 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-052-8
ページ 256
判型 四六判 ハードカバー
著者 スーザン・ラビン&バーバラ・ラゴウスキー
訳者 白川貴子
発行日 2003-03-24

あなたはこんなふうに思ったことはないでしょうか? 本来なら、世界の人口の半分は出会いの相手である可能性があるのに、なんでこんなに相手が制限されちゃうんだろう、と。そうなんですよ。この本のオビにも あります。『コインランドリーへ行って乾燥機しか見ていないあなた、さあ目を開けよう!』と。この本は、男性から女性へ、女性から男性への安全な「お誘 い」の仕方について、心理セラピストがとても具体的に、お互いの心理とハウツーを書いた本。アメリカでは、よく売れている超ロングセラー。著者によると 「誘い」の定義は、深刻なかたちをとらない愛情表現で、出会いの第一段階に欠かせないものです。日本語で「誘い」と言った時のセクシャルな語感について、 著者はこう言っています。現代のセクシャリティ、それは会話です、と。だいたい私たちは、男女の「誘い」を悪いものとして扱うことが多いですが、この本を 読むと、イメージが変わるんじゃないでしょうか。どんどん安全な「お誘い」に誘われます・・・・・・。最初の出会いのときに私たちがよくおちいる失敗がと ても役立つんですが、これを読んでいると、出会いクラブ主催の優しいおばちゃまから諭されているような・・・。出会い、という局面から自己実現のための気 づきを提唱する本、という側面もある良書です。

    ●アイ・コンタクトやボディ・ランゲージのしかたとその効果的な実践方法
  • ●「いつ、どこで、だれが、何を、どのように」にしたがって、上手に会話をすすめる方法
  • ●相手の言葉を「繰り返し」、その内容を「言い換え」て、自分の関心を「伝える」三つの基本を使って聞き上手になるテクニック
  • ●誘いの行動に出てもいいとき、いけないとき
  • ●自己批判、自己否定を自己肯定の前向きな姿勢に変えるには
  • ●期待していた反応が得られなかったとき、拒絶されたときはどうすればいいのか
  • ●もうひとつピンと来ないあの人にさようならを告げて、翌日自己嫌悪に陥らずに目を覚ますには
  • ●まったく思いがけない場所を出会いの場所に変えるには 


カートに入れる