たった2回会うだけで、相手が自分にふさわしいかがわかる!!

デート2回で相手を見抜く法

1,320円 (税込/本体価格 1,200円) 重版未定
13 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-062-7
ページ 168
判型 四六判 ソフトカバー
著者 ネイル・クラーク・ウォーレン
訳者 永田浩子
発行日 2003-08-27

実りのない恋は、2回目のデートでサヨナラ!

  • ◆多くのカップルが未来のない関係に長くいつづけることで、別れられなくなっていく。
  • ◆たった2回で相手を見ることが、とても大切。判断はできるだけ早い方がいい。
  • ◆反対に、つきあい続けるメリットは、それを「意識的に決める」ことにあります。
  • ◆あなたの「理想の相手」のイメージは、だいたいうまく働きません。
  • ◆デートでは「自分自身のこと」を事前によく知っていることがとても大切です。
  • ◆不幸な結婚は、一生独身でいるより悲惨です。
  • ◆自分も相手も「感情的な健康さ」がとても大切です。
  • ◆早い段階で別れを伝えるための六つの法則(お役に立ちます)……本書143P
長い間交際していたのに、なぜか「こんなはずでは」という結末を迎えたりしますよね。ライフスタイルや経済感覚はもちろん、趣味、嗜好などさまざまな部分 での相違が、恋愛関係の行方を大きく左右するからです。交際だったらまだしも、これが「結婚」だったら・・・。結婚しない方がよかった、という結果 も・・・。
しかし、問題は「早く」このことを見抜けるかどうかです。パートナーとの相性を、たった「デート2回」で見抜く、というところに大きな意味があります。よ くありがちなのは、「あ、だめかも」と思っても、大きな問題と考えず、ずるずる交際を続けて破局の時の傷が大きくなってしまうケース。
この女性対象の本の著者は男性の心理学者。だから、パートナーの心理がよく分かるんですね。たった2回で、と思われるかもしれませんが、なにげない会話の 中に、仕事に対する意識が見えたり、クルマの運転で性格がわかったりするなど、デート中の出来事には、相手をひもとく貴重な情報が隠されているのです。
カップルのカウンセリングをしてきた著者によると、事前に自分が相手に何を望み、何を望まないかを明確にしておけば、2回目のデートで、交際を続けるかど うか判断できます。そしてそのためには、自分自身を正しく知り、感情の不健全な部分(神経症や依存症等)があれば適切な治療やカウンセリングを受けておく ことも大事です。
自己洞察から、相手を見抜く方法まで、具体例を示しながらわかりやすく解説。特に相手を見抜く上で不可欠となる「絶対に必要なもの(経済力や趣味の一致か ら知性まで)」と「絶対に我慢できないもの(性癖やアルコール依存など考えるだけでも抵抗あることも)」は著者が絞り込んだ候補各25から10個ずつ(こ れ以下で妥協すると失敗、これ以上望むと相手がいなくなる)選ぶようになっていて、白黒の判断が明確にできるようになっています。自分のパートナーとの関 係は、人生の中で大変大きな要素です。交際中の女性にも、これからの女性にも、本音で男性のことが書いてあるこの本をお薦めします。



カートに入れる