現在大活躍中の人気占術家ユニットがおくる完全オリジナルの占いカード!

太陽と月の魔女カード

3,300円 (税込/本体価格 3,000円) 重版未定
33 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-280-5
判型 B6
著者 太陽と月の魔女(マリィ・プリマヴェラ&小泉茉莉花)
発行日 2011-10-31
その他 カードイラスト:藤井由美子(藤井デザインスタジオ)



【お知らせ】


[2018.08.28(火)]
現在、著者様のサイトにて「太陽と月の魔女カード・プチ」を制作・販売中(不定期)です。
詳しくは以下のURLより直接お問い合わせください。
https://bit.ly/2LuCwPn




B6判・函入/カード全56枚(太陽カード28枚・月カード28枚)

著者は、西洋占星術、タロット、神秘術、月占術、魔法などを長年研究・実践し、雑誌や書籍、WEB、携帯占いサイトなどで活躍する人気占術家ユニット。昨今の日本における、明るくポジティブな“魔女・魔法ブーム”の火付け役ともいえる存在です。一般に、「魔女」という言葉には、どうしてもネガティブなイメージがついてまわりますが、身近な道具や植物、ハーブなどを用い、太陽や月の神々に祈りや感謝を捧げる祭儀を行うなど、自然と親しみ、あまたの智慧や技術を使いこなす「賢者」というのが本来の意味。2人が考える魔女像です。なかでも、彼女たちは「太陽と月」を非常に大切なものとして考えてきたのだといいます。 

男性性、陽、行動力、活力、創造性などを表し、生きるエネルギーをもたらす太陽。女性性、陰、深層心理、母性、サポート力、無償の愛などを表し、自然に神秘の力を及ぼす月。この2つの天体は、地球に暮らす生き物たちに様々な影響を与えてきました。人間は、男性性と女性性を適度なバランスで持ち合わせることで、大きな安らぎを得ることができ、実に多くの示唆や気づきをそれらから受け取っているのです。

全56枚のカードには、太陽と月、そして、魔女とは切り離せないアイテムや祭事などが美しく描かれており、一つひとつのカードの紹介や使い方(スプレッド他)などについては、解説書内により詳しく説明がまとめられています。占いに使うのはもちろんのこと、部屋に飾ったり、お気に入りのカードを携帯の待ち受け画面にしてみたり、強く惹かれたカードを護符代わりに身に付けるなど、自由に使ってみてください。

今、何をすべきか、今、自分はどんな状況にあるか、周囲の人間関係にどう対応したらいいのか、幸運はいつ訪れるのか……。あなたが知りたいと望むなら、太陽と月と現代に生きる賢者のパワーが、時に父のように、時に母のように、大いなる包容力で答えてくれることでしょう。

<太陽カード:28枚>
聖ブリギッド祭、春分、五月祭前夜、夏至、収穫祭、秋分、ハロウィーン、冬至、太陽、日食、ゴールド、大釜、ナイフ、キャンドル、ペンタクル、杖、香炉、ランタン、ほうき、ヤギ、ライオン、ヒマワリ、タンポポ、マリーゴールド、月桂樹、オレンジ、シトリン、トパーズ

<月カード:28枚>
新月、三日月、上弦の月、十三夜、満月、十六夜、下弦の月、逆三日月、月、月食、シルバー、ワイン、杯、媚薬、マント、ヒーリング・ベル、ネコ、フクロウ、雨、海、雲、星、月見草、ジャスミン、カモミール、ベラドンナ、真珠、ムーンストーン



●BLOG「太陽と月の魔女」
http://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/

●藤井由美子氏 Official Site
http://yumikofujii.com/




<メディア紹介履歴・予定他>

●「日刊スポーツ新聞」内プレゼントコーナー



カートに入れる