WM3の登場によって、現代最大のミステリーは、人類を未来へと紡ぐ永遠の神話となった。

ウイングメーカー3《VOICE新書》

1,540円 (税込/本体価格 1,400円) 在庫あり
15 ポイント獲得
ISBNコード 978-4-89976-288-1
ページ 560
著者 WingMakersLLC
訳者 shima
監修者 大野百合子
発行日 2012-03-23

ウィングメーカーの謎をついに明かした! と日本中を騒然とさせた「ウィングメーカー3」も新書版に。

ウイングメーカーの魅力を一口で表現するとすれば、そこに描かれている世界の引き込まれるような物語性と、そこから自然と湧き上がってくる神秘への探求心にあると言えるかもしれません。ウイングメーカーの謎は、様々な情報隠蔽がなされ、憶測が憶測を呼び、その結果、その真実性を証明することも、そしてまた完全否定することも事実上不可能となり、後生に語り継がれる現代の神話となった──真実と虚構、フィクションとノンフィクション、そのどちらでもないところなのです。
ウイングメーカーの世界の中で触れられている分野は実に多彩。ネルダ博士がそのインタビューの中で述べているように、科学、芸術、哲学の諸分野を包含し、読む者の想像力を刺激してやみません。果たしてこの情報が人類にもたらすものは、一体何?
それを見極めるのは、自らの探求の意志によって本書を手にする読者諸氏です。

本書翻訳者shima氏による紹介

現代最大のミステリーとして一大センセーションを巻き起こしたウイングメーカーが読者の熱い声援を受け、2012年春、新書となって復活。
20世紀末、突如としてインターネット上に現れたウイングメーカーは、世界中をたちまち熱狂の渦へと巻きこんだ。それから10年という長い歳月の中で繰り広げられた論争の炎を耐え抜き、時の試練をくぐり抜けたウイングメーカーのムーブメントは今、新たなステージへと突入しようとしている。

なぜ今、ウイングメーカーなのか?
それは、ウイングメーカーが語った「近未来の姿」が、この21世紀初頭の世界と見事な共鳴を果たしているからに他ならない。表層の現実そのものではなく、世界を突き動かしている、潜在意識のレベルで時流を読み解くとき、私たちは現実世界と「ウイングメーカーの予言」との驚くような関連性に気づくだろう。そこに見事なまでの象徴性が秘められていたのだ。

ウイングメーカーとは、「コード化された予言書」なのか!?
私たち人類は、どこへと向かっているのか?私たちがこの激動の時代を生き抜くために拠り所とするべき哲学とは何か?三部作には、それらの答えに辿りつくためのヒントに満ち溢れている。
正に、これは21世紀を生きる私たち人類の「導きの書」である。

ウイングメーカー・マテリアルの目的が明らかに!
ウイングメーカーのタイムカプセルには、壁画、音楽、詩が遺されていたのだが、それらのメディアは「人間の3つの知性」を活性化し、統合させるための「変容のプログラム」だった!

「ウイングメーカー・マテリアル三大テクニック」を収録!
壁画は右脳と左脳の統合、音楽は「ボディ・インテリジェンス」の活性化、詩は「ハート・インテリジェンス」を着火させる。
タイムカプセルの真の目的は、3次元5感覚の社会化された人類から、多次元7感覚のソース・インテリジェンス(神の知性)との接続に気づいた進化した人類「サヴァリン・インテグラル」へと変容させることにあった!

本書記載の「変容のプログラム」は絶大な人気を誇り、「ウイングメーカー3」の中古本の価格に数万円というプレミアが付くという事態もあったが、再びすべての読者にしシェアされることになった。

目次

  • 第1章 ネルダ・インタビュー
    1. ネルダ博士のインタビュー(3)
    2. ネルダ博士のインタビュー(4)
  • 第2章 ウイングメーカー・フィロソフィー グロッサリー
    1. ウイングメーカー・フィロソフィー第三室
    2. ウイングメーカー・フィロソフィー第四室
  • 第3章 ウイングメーカー・ポエトリー
  • 第4章 ファースト・ソース
    1. マイ・セントラル・パーパス
    2. マイ・セントラル・レベレイション


カートに入れる