NLPの6ステップ・リフレーミングを、深化・強化させた最強のリフレーミングテクニックと最新の変容テクニックを集約したDVD!

トーマス・コンドンの「NLPディープ・リフレーミング&エマーション・テクニック」《DVD》【ダウンロード特典付】

4,104円 (税込8% 本体価格 3,800円) 在庫あり
41 ポイント獲得
ISBNコード 9784899763673
著者 トーマス・コンドン
訳者 大空夢湧子
発行日 2012-12-05

★★購入者特典★★

ご購入の方に、「最新版エニアグラム9つの性格タイプ」全テキスト(PDFファイル)をダウンロードプレゼント(詳しくは同梱解説冊子で)!

このDVDに収録された「ディープ・リフレーミング」は、多くの人が知っているNLP「リフレーミング」とは、まったく違います。また、もうひとつの変容技法「エマネーション(emanation:放射)テクニック」(別名:パキスタン・テクニック)も視覚を使った、まったく新しい技法。ともに、問題の背後に隠れている「解決の見方や映像」を見つけていきます。パッケージ裏面の「実際の応用例」もご覧ください。すべてのプロセスは、コンドンが抜群の職人的催眠誘導であなたを誘導していきますので、何度でも、どんな問題にも使えます。

■ふたつの技法の、超ユニークなプロセス

どこにもない、ユニークな技法です。まず、あなたの「意識」という"ごった煮スープ"のなかに問題を入れます。次に過去の問題行動でさえ「承認」しながら、その裏に隠れている「別のやり方」「別の見方」との出会いを待ちます。すると不思議に、意識のスープのなかで、"自然に"「解決行動」に至る「見方ややり方」が浮き上がってくる。それが「考え方」か(ディープ・リフレーミング)、「絵」か(エマネーション・テクニック)の違いがあるだけです。★つまり、私たちは常に、問題の後ろに「解決法」も一緒に持っている、ということです!!

■他の誰も教えていない独自の解決・実現スキル(トーマス・コンドンによる解説小冊子付き)

  • ディープ・リフレーミング
    あなたが変えたいと思っている「状況」「習慣」「人間関係」「行動」の背景に隠れている(最初は見えないかもしれない)「肯定的な意図」(本来その問題から、どのような状況になりたかったのかの自分の意図)を見て、それを承認することによって、解決に向かえる別の「新しいやり方」を発見していく技法。
  • エマネーション(放射)・テクニック
    同様に、問題の対象を心の中の「イメージ」(映像)として見ながら、その背後に隠れている別の「可能性の映像」を発見、映像を置き換えていく。厄介な記憶や制限的な自己像をすり抜けて、徐々に薄めていけるのが特長。

■現実にこの技法を試してみた例

人間関係で深く悩んでいた男性は、以前から尊敬していたコンドンのこの誘導に問題をゆだねてみた。その問題に対する過去の自分の行動パターンも承認し、別の方法、別の見方がやってくるのを待つ。いったん意識のなかに深くこの「問題と可能性」が入っていくと、不思議と、相手を責めることから、中立な状況に徐々に自分の意識が変容していくのが感じられるようになる。すると少し後に道を歩いているとき突然、自分の意識のスープの中から、自然にある言葉が浮かび上がってきた。見つけたリフレーム(別の切り口の状況の見方)は、「雨降って地固まる」だった。彼は視覚的な人間でもあったので、考え方とビジュアルは同時にやってきた。そしてこの見方を実際に行動していくと、それ以降、不思議に問題自体が変容していくのを感じたのだった。この技法は意識の不思議な力学を使っているのですね、と彼は語っている。

【解説小冊子より】

このDVDのプロセスをおこなうと、問題に対しておこなっているときは、「問題自体が変容していく」のを感じるかもしれません。また、なにかを実現しようとしているときは、その実現のカベとなっていたものが変容していくのを感じるでしょう。

最初の方法はディープ ・リフレーミングと呼ばれ、まったく新しい視点でリフレーミングを作り変えたもので、エリクソニアン催眠を使って誘導しています。そのバックボーンには、エニアグラム(性格タイプの分類システム)の「自己防衛システム」の観察も活かされています。

ふたつ目の方法は、エマネーション(emanation:放射)・テクニックと呼ばれるもの。ビジュアル指向のひとにはやりやすいかもしれません。

時と問題に応じて、ニーズにあったいずれかの方法を選んでください。もちろん、これらの方法を順番に両方とも使うこともできます。いずれもあなたの無意識を創造的な解決策と新しい可能性へと導いてくれるでしょう。──トーマス・コンドン

トーマス・コンドン プロフィール

トーマス・コンドン

「変容のスペシャリスト」として名高い、国際的トレーナー、コンサルタント、著述家。Changeworks代表。エリクソン催眠のほか、エニアグラム(人格を9つのパターンに分け、セラピーやビジネス等に役立てる分析システム)、NLP(神経言語プログラミング)にも造詣が深く、この三分野を組み合わせたセラピーを20年以上にわたって人々に提供し続けている。これまで米国をはじめヨーロッパ、アジアなど世界各地で教えを授けており、ワークショップの数は累計800回以上に及ぶ。

1977〜79年にはNLPワークショップの第一回生として、リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー(NLP創始者)に師事。のちに彼らの著書『魔術の構造』の監訳を担当した。

その他、映像や本など、手がけた作品は50以上にのぼる。なかでもミルトン・エリクソンの長女キャロル・エリクソンと共同制作した「催眠オーディオCD」シリーズは、12万枚以上を売り上げ、数百の企業・病院・軍機関が団体購入したというクオリティを誇る。

エニアグラム学会の研究メンバーとして現代エニアグラムの世界標準制作に関与するほか、アンティオク大学、カリフォルニア大学バークレー校の補助教員も務める。DVDに「エリクソン催眠公開個人セッション」(ヴォイス)。

【ご案内】

●ヴォイスWEBストアでご購入なら送料無料!



カートに入れる