鈴木信市

遂に10年ぶりのソース・公認アドバンストレーナー養成講座開催決定!
「自分らしく生きながら周りの人にも幸福の鍵を伝えていく」 ことに興味がありワクワクするなら、あなたもソース・トレーナー 候補です。

トレーナーになる予定はなくとも、ソースの学びをもっと深めたい方にもオススメです。

第4期 ソース・公認アドバンストレーナー養成講座


オススメポイント

  • ソース・公認アドバンストレーナーとして、ソース・ワークショップ・活用編を自主開催できるようになる。
  • ソース・ワークショップ・活用編を通して、「自分らしく生きながら周りの人にも幸福の鍵を伝えていく」ことができる。
  • トレーナーとして伝える側に立つことで、ソースをもっと深く学ぶことができる。
  • 「自分が本当にやりたいことは何か」は、時代に左右されない普遍的なテーマなので、今後何をやっていくにも役に立つ。
  • 人前で話す実践的なスキルを身に着けることができる。

スケジュール(予定)


3月14日(土)・15日(日)・ 4月11日(土)・12日(日)

第4期ソース・公認アドバンストレーナー養成講座

体験談

COMMING SOON!

ソースに関するワクワク情報をお届けしています

・ソース最新情報

・ワークショップ情報

・ソース関連ブログ

・etc...

是非、ソースのFacebookページにいいね!をお願いします

ソース・公認アドバンストレーナー養成講座について

『ソースを実践し人生に奇跡が起こり始めた!
周りの人にもこのワクワクを伝えていきたい!』
内なる情熱を秘めている方!!その思いを行動に移す時です!!!
ワクワクの声に耳を傾けていく生き方をみんなと分かち合っていきませんか?

ソース・公認アドバンストレーナー養成講座は
ソース・公認ベーシックトレーナー養成講座を修了された方を対象としております!
この講座には、次の方にお勧めです。

●他者のワクワクに貢献したい!

ソース・公認アドバンストレーナーになり、ソースのワークショップを開催しようと決めている。
あるいはソースをもう少し勉強し、周りの方に紹介したい。

→ソース・ワークショップ・活用編を自主開催する方法を学び、
公認アドバンストレーナーとしてソースを伝えていくことができます。

●自分のワクワクを深めたい!

ソース・公認アドバンストレーナーとして活動するかはまだ決めていないが、ソースをもっと深く理解し、自分の人生やライフワークをワクワクで発展させたい。

→ソース・公認アドバンストレーナー養成講座を受講しながら、
 同時に自分自身のソースのあり方についても深く見ていく機会になります。
 ご自分のソースを深めるために参加した結果、
 自然な流れでトレーナーとして活動することになった方も多数いらっしゃいます。

公認アドバンストレーナーとしてソースを伝えていくことができます。

「自分らしく生きながら周りの人にも幸福の鍵を伝えていく」ことに興味がありワクワクするなら、あなたもソース・トレーナー候補です。
この講座では、ソース・ワークショップ・活用編を自主開催するための方法を実践的に学びます。

ソースは人として生きていくうえで、必ずいつか向かい合う「自分が本当にやりたいことは何か?」という根源的な問いに答えてくれる類まれなるプログラムです。
その方法を習得できるようになる、ということは何をやっていくにも必ず役に立ち、また永遠のテーマでもあるがゆえに流行に左右されないスキルを手に入れることでもあります。
ソースのプログラムを教えるために難しい技術や特別な能力は不要です。
自然体のあなたでありながら、あなたがご自身のソースを生きれば生きるほど、シンプルに与える立場になれるというシステムなのです。

ソース・ワークショップは様々な形での開催が可能です。
自分の部屋で少人数で行うサロン形式、会場を借りて行うセミナー形式、郊外での合宿形式など、あなたの個性に合ったスタイルで創る事ができます。
会社にお勤めの方や、主婦の方でも、空いた時間で気軽にワークショップが開催できるのです。
多様な形式での実施経験が豊富で、他のトレーナーの開催状況にも詳しい講師の話から多くのヒントが得られるでしょう。

そして、全国から集まるソースに熱心な仲間との出会いは、あなたの一生の財産となるでしょう。

自分自身のソースのあり方について深く見ていく機会になります。

ソース・トレーナーとして活動しようか迷っているけれども、ソースに興味があり、もっと深く学びたい方にも、以下の点でおすすめです。

  • 原典であるマイク・マクマナス作成のワークブックを通して、ソース・プログラムの意図や流れをしっかり理解することができます。
    この理解がソースの実践姿勢を確立します。
  • マニュアルに基づいたワークショップを進行する手順を学び実践演習します。
    トレーナーとして伝える側に立ってみることで、ソースの面白さ、奥深さを再認識できます。
    また受講者の立場も再体験することで、自分のワクワクがさらに活性化します。
  • 全国からソースに熱心な人たちが集います。
    お互いにソース体験を話す・聴くことで触発しあい成長が加速されます。
    さらに前進していくためのヒントや手がかりが得られるでしょう。
  • 講座には、既にプロの講師やコーチとして活躍されている方々も参加されます。
    こういった分野の仕事や活動をしていくことに興味があるなら、実践者と一緒に受講する中で、学べることや見習うことがたくさんあります。

この養成講座を受講して得られること

自分のワクワクが深まり、発展する。

講座では、ソース・ワークショップ・活用編(旧アドバンス)を自主開催するための方法を学びます。
参加者のワクワクを引き出すファシリテーターとして、ソース・プログラムの構造と実習を深く理解しますから、ご自身のワクワクがより活性化します。

普遍的なテーマなので、今後何をやっていくにも役に立つ。

ソースは「自分が本当にやりたいことは何か?」という根源的な問いに答えるプログラムです。
その方法を提供できるようになるということは、何をやっていくにも必ず役に立ち、また普遍的なテーマでもあるがゆえに、流行に左右されないスキルを手に入れることでもあります。
コーチングやキャリアカウンセリングなどとも相性抜群です。

自分らしく自然体のままで、他者や社会に貢献できる

ソースのプログラムを提供するために難しい技術や特別な能力は不要です。
ソーストレーナーとは、何か目標にするような「型」があるものではなく、 10人ソーストレーナーがいれば、10通りの「その人らしさ」があって良いと考えます。

トレーナーとして、プログラムの充分な知識や、効果的なコミュニケーション方法を学びますが、
何よりのポイントは、あなたが自然体であなたらしさを発揮していればいるほど、周りの人や参加者もありのままのその人でいられるようになるということです。

トレーナーがすることというのは、参加者の中に既にある、『ワクワクの源泉』が引き出される場・空間を提供すること。
そのアプローチ法を、実習を軸にして楽しく学んでいきます。
それは、トレーナー自身が楽しめることでもあり、またシンプルに喜びや豊かさを提供できる機会でもあります。

ワクワク人生のあれこれを分かち合う仲間ができる。

講座には毎期、「ソースの生き方を人と分かち合おう」という、同じモチベーションを持った方々が全国各地から20〜30名近く集まります。
トレーナーを目指す方の多くは、自分自身はもちろん、周りの人にも幸せな人生をおくってほしいと考えています。

そのため、「ワクワク生きよう」という共通点だけで、あとは年齢・性別・職業、あらゆるバックグラウンドの違いがあっても、たったの4日間とは思えないほどの親密感、一体感が生まれます。

講座の実習を通しても、それ以外の時間でも、メンバー全員が分かち合いを大切にします。
ここで出会う仲間との交流は講座後も続き、あなたの一生の財産となるでしょう。

ワークショップの開催スタイルは自由に選べる。

ソース・ワークショップは様々な形での開催が可能です。
自分の部屋で少人数で行うサロン形式、会場を借りて行うセミナー形式、郊外での合宿形式など、あなたの個性に合ったスタイルで創ることができます。

会社にお勤めの方や、主婦の方でも、空いた時間で気軽にワークショップが開催できます。
多様な形式での実施経験が豊富で、他のトレーナーの開催状況にも詳しい講師の話からも、多くのヒントが得られるでしょう。

トレーナー活動をVOICEも支援します。

ソース・公認アドバンストレーナーの主な活動を紹介すると・・・

  1. ソース・ワークショップ・発見編(旧ベーシック)ワークショップの自主開催ができる。
  2. ソース・ワークショップ・発見編(旧ベーシック)ワークショップに付随する説明会、体験会を開催できる。
  3. ソース・ワークショップ・活用編(旧アドバンス)ワークショップの自主開催ができる。
  4. ソース・ワークショップ・活用編(旧アドバンス)ワークショップに付随する説明会、体験会を開催できる。
  5. ヴォイスのHPで公認トレーナーとして紹介される。
  6. 書籍「ソース」とをトレーナー価格で購入し、販売することができる。

ソースに関するワクワク情報をお届けしています

・ソース最新情報

・ワークショップ情報

・ソース関連ブログ

・etc...

是非、ソースのFacebookページにいいね!をお願いします

およそ10年ぶりの開催!

第4期ソース・公認アドバンストレーナー養成講座

第4期ソース・公認アドバンストレーナー養成講座

およそ10年ぶりの開催!

第4期ソース・公認アドバンストレーナー養成講座

第4期ソース・公認アドバンストレーナー養成講座

ソース公認のアドバンス・トレーナーとして、ソース発見編/活用編を自主開催できるようになります。

ソースの全てを伝えていく人に、あなたもなってみませんか?

講座内容

講座前半 - 3/14(土)・3/15(日) -

ソース・プログラム全体の理解

トレーナーとしてソースを正しく伝えるために、ソース活用編をトレーナーの視点に立って復習します。
基礎知識と正しい解釈、プログラム構成、各実習の意味と目的の明確な理解を目指します。

トレーナーとしての基本スキル

自己紹介、参加者との適切なコミュニケーションの取り方、 指示の出し方、誘導の仕方など、講師としての基礎スキルを学びます。
このスキルは、ソース・ワークショップ以外の講座を開催される時にも大いに役に立ちます。

前期と後期の講座間の活動 - 3/14(土)・3/15(日) 〜 4/11(土)・4/12(日) -

ソース・ワークショップ活用編の実習準備

講座後半の実習に向けて、準備を行っていただきます。
実際にワークショップを開催される時と同じシチュエーションでの準備を行います。
例えば、発表する時にパワーポイント資料を使用される場合、その資料制作のご準備もお願いします。

講座後半 - 4/11(土)・4/12(日) -

ソース・ワークショップ活用編の実習

レクチャーの仕方、ペア実習、グループ実習、シェアリング、イメージ実習...。
実際にワークショップを開催することを想定したロールプレイを行います。
ワークショップで「何を」「どのように」「どんな目的意識を持って」行うのかを、一人一人の個性を大切にしながら、学んでいきます。

仲間からのフィードバック

ロールプレイングを行った後の、フィードバックを同じ講座を受講している仲間から受け取ります。
あなたの発表を受けて、1人1人感じることは様々です。
本番のワークショップをよりよいものにするために、助けとなる情報を受け取ることができるでしょう。

自主開催ガイダンス

ソース統括本部より、ソース・ワークショップ活用編に関する自主開催ガイダンスを実施します。
自主開催規約、トレーナー契約、開催準備説明など、トレーナーさまをサポートする体制についてお話いたします。

受講資格
ソース・公認アドバンストレーナー養成講座を受講するには、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

ソース・ワークショップ・発見編(旧ベーシック)/活用編(旧アドバンス)の両方を修了していること。

ソース・公認ベーシックトレーナー養成講座を修了していること。

講座日程4日間すべてに参加できること。(遅刻・早退不可)

認定要件
ソース・アドバンストレーナーとして認定されるには、以下の3つの条件を満たすことが必要です。

第3期以前に受講された、準アドバンストレーナーの方へ

アドバンストレーナー認定要件は、新しく制定した以下の規定が適用されます。

ソース公認・アドバンストレーナー養成講座を修了していること

全4日間の日程を全て受講し、課題を実施していることが条件となります。

ソース・ワークショップ・発見編を5回以上開催していること

追加条件として、そのうち1回以上は受講者が2人以上の会が含まれていることとします。

ソース・ワークショップは、個人セッション形式(参加者:1名)、グループ形式(参加者:2名〜10名)、セミナー形式(11名〜)と、参加者によって開催形式が変動します。
アドバンス・トレーナーとして、少なくともグループ形式以上の受講人数の経験を推奨しているためです。

アドバンストレーナー・レポート認定を受けていること

以下の3つのレポート認定を受けている必要があります。
アドバンストレーナー養成講座修了後、レポートのご提出をお願いいたします。

アドバンストレーナー・記述式テスト

トレーナーとしてソースを正しく伝えるために、ソースの基礎概念の理解を確認します。
受講者するトレーナーによって、ソースの本質が著しく変わって伝わってしまうことを防ぐためです。

※テスト内容は、講座修了者にお配りいたします。

ソースの旅物語

トレーナーとしてソースを伝えていくには、まずはトレーナー自身がソースの実践者であり、その物語を語られる存在でないといけません。
そのソースの実践経験を、ソースの旅物語としてご提出いただきます。

<参考>ソース・セルフ・スタディ・キットのソース・ワークブック内の各章末掲載の『ソースの旅物語』

ご提出いただいた『ソースの旅物語』は、後々トレーナー紹介ページにて掲載し、受講者の参考情報となります。

トレーナーとしてのメッセージ

トレーナーとして活動していく上で、大切にしていきたいこと、行動指針などを明文化しご提出いただきます。
文章は、世の中や受講者に適切に伝わるように工夫をお願いいたします。

<参考>トレーナー紹介ページの『トレーナーとしてのメッセージ』

ご提出いただいた『トレーナーとしてのメッセージ』は、後々トレーナー紹介ページにて掲載し、受講者の参考情報となります。