ビッグニュース&サプライズ! 我々ヴォイスの真理とヴァイアル創造者の真理が一致した「ミトコンドリアDNA・覚醒」! この導き・恩恵は「万に一」!封印された「人類最古の魂の図書館」を覚醒する刻来る!
 送料無料 ※離島・一部地域は別途送料がかかります。

ミトコンドリアDNA「覚醒」※表現できないくらいに大推奨!

38,704円 (税込/本体価格 35,186円) 3日待ち

封印された「人類最古の魂の図書館」を覚醒する刻来る!

人間の内部にありながら外郭だけがぼんやり分かって来たDNAは、これだけ発展した現代科学でも物理学でも到底及ばない領域がありました。
そう、聖なる領域。創造主はさすがです。
未知を解くには時間と人、モノが必要ですが、この領域はこの3つの要素があっては解けないのかもしれません。
必要なものが愛だけとなった時になぞは解けるように思います。
その時は解くことも不要なことであると人類は気がつくに違いありません。

さらに、深遠にして難解な存在が『ミトコンドリアDNA』。
人類のルーツを解明する突破口となる『ミトコンドリアDNA』は、DNAが一冊の本とした場合、「人類の最古の魂の図書館」といえます。
それだけ規模や情報量は多いことになります。
全細胞の10%がその量となり、その数は人間一人に1京(けい:1兆の1万倍)8000兆個とも12京個ともいわれる天文学的な数が存在。

その未知なる領域にアプローチした「ミトコンドリアDNA・覚醒」は、私たち人間の意識に反応し、絶え間なく人を動かすエネルギーを創造し、魂に関与したヴァイアル。
この偉業を天の力を借りて成し遂げました。
ターコイズの液体には魂に情報を送り届ける前にすべき真理の光を封じました。

私は不思議に思うことがあります。
それは、細胞内の『ミトコンドリアDNA』は私たちの「呼吸と栄養素と酵素」を使って生きています。
つまり、私たちの生命を形成する多数の要素は、行き着くところ『ミトコンドリアDNA』を生かすための一つに過ぎないように思えてきます。
そうなると、今までの価値は飛んでしまい別次元の価値が創造されます。
そうはいっても人は『ミトコンドリアDNA』だけで形成されているわけではなく、無数の要素が集積し、からまり存在しています。
これもまた創造主は見事な設計図を構築させたと驚きます。
そしてこのことは序章に過ぎません。

レボリューション「改革」の流れ

質の高い意識レベル・エネルギーがミトコンドリアDNAの扉を開く

そして「人類の魂の最古の図書館」であるミトコンドリアDNAが覚醒する

人類の意識が拡大し覚醒する

大いなる源への魂の帰還の始動

ミトコンドリアが活性化、覚醒することのメリット

スピリチュアルな目覚め

  • 大宇宙とのつながりにより「何が自分に必要か」がすべてわかる
  • 意識レベルにエネルギーを送ることで動かないでいる意識体を眠りから起こす
  • 目覚めていない能力の開花や目覚めているが活性化が後れている箇所へのアプローチ
  • 意識レベルの進化による「進化した真理(無条件=ゼロ)」に辿り着く
  • 負の連鎖から脱却し、正の進化が始まることで自身が輝く

潜在的な能力が開花する

  • 問題解決能力が飛躍的に向上する
  • 学習速度の加速化
  • 全脳の活性化
  • 直観力が飛躍的に高まる
  • 望むことが実現しやすくなる

感情の開放

  • 不の感情パターンがリセットされる
  • 「情動」における「負の刺激(陰)+正の刺激(陽)がバランスを保つ」
  • 縛られている障壁・障害が決壊して新しい価値が創造される

健康

  • ミトコンドリアが多い体は、代謝が高くて太りにくく、健康的になる
  • 肉体に膨大なエネルギーが入る
  • 生命エネルギーがアップする
  • アンチエイジング
  • 自己ヒーリング能力の向上
  • 免疫力が高くなる

運気が飛躍的に高まる

  • 想いがそのまま現実化される
  • 転機が都度起こり、その度に新しいポテンシャルをつくる
  • 正しい導きによる正しい選択をする

相乗効果

他のヴァイアルとの相乗効果により情報はずば抜けて加速します。
そして、この1本は他のヴァイアルの助けとなり、常に上昇志向の強いものに生まれ変わります。

ミトコンドリアとは
「エネルギーを創造する0.001ミリのスーパーマシン」

まずは意味から。
「ミト」は「糸状」、「コンドリア」は「粒」という意味のラテン語に由来します。
糸状にも粒状にも見えたりすることから1898年にこの名が付けられました。
細胞は、食事で得た栄養素と呼吸で得た酸素を使ってエネルギーを生み出し、二酸化炭素を排出しています。
私たちのエネルギーを創造する生産工場なのです。

ミトコンドリアの由来(生物学的説明)

20億年前、原始細胞は細胞膜内に微生物を取り込んで同化、共生を始めた。やがて活動エネルギーを生み出す器官に変化。
この微生物がミトコンドリアであり、水素と酸素を反応させてエネルギーを生成している。
これにより活発化した細胞は多細胞の共同体としての形態が可能になる。
それが呼吸をする生物の起源となった。

細胞内には平均300個あるといわれている。
とくに多い部位は脳、インナーマッスル、神経、肝臓。
最も多い期間は卵細胞10万個(精子には100個ほど)
人間一人に1京(けい)8000兆個とも12京個ともいわれる天文学的な数が存在。
(京とは1兆の1万倍という想像を絶する数。
かの日本理化学研究所のスーパーコンピューターの愛称にもなっている。)

想像していただきたい!
『全世界のアリの数が1京であるのに対してその倍以上が人には存在する』
そう、神業としか言いようもない。
しかも、余りに分からぬことだらけで研究者さえもさじを投げてしまう。
本家の2重螺旋DNAにも当然として存在する。
この未知なる生き物が生命そのものの鍵を握ってしまった。

今もなお、この高度にして不思議なミトコンドリアに対して、次元を超える存在に相談してみた。
回答は、一瞬。この透き通ったターコイズの液体に答えを封印。
使用者のみが知る新しき真理と意識。

DNAとは
「すべての生命を創造する設計図」

人は人の生命を創造するための「設計図」を、魚は魚の生命を創造する「設計図」を、それぞれ両親からもらって生まれてきます。
それは、人の一冊の本という「歴史の書籍」です。

よく、2重螺旋と呼ばれた配列をなし、人の存続・尊厳はこのDNAに集約されてきました。
しかし、科学の発展はめざましく、実は人をならしめる根本の要因・関与は、ミトコンドリアDNAに集約されることに気づき考察に考察をし、実証に努めている最中です。

人類はいつどこで発生し、今のように分布しているのかDNAの解明だけではちんぷんかんぷんでした。
ところが、本家DNAの中にも、細胞の到るところでミトコンドリアDNAは発見され、研究を重ねて人類のルーツが分かってきました。
そして、人の分散・分岐が分かるようになりました。
この人の起源については、別の機会でゆっくりお話したい。

創造主の叡智の結晶を凝縮した「ミトコンドリアDNA・覚醒」

ミトコンドリアのマトリックス内(内膜に囲まれた空間)でのエネルギー調整や、さまざまな働きが理想的な状態ならば、病気の克服、老化の阻止などが可能。
エネルギーの高まりが運気の高まりにも通じている。
その結果すべてが良くなる。
不の連鎖は消滅して正の連鎖が始まる。

数千度になる水素と酸素の合成が、ミトコンドリアのマトリックス内では、37度前後の温度で生産されている。
これは神のなせる業とも いえる。
頭で考える科学を超える。

エネルギーレベルの低い想いがミトコンドリアに悪影響を与え、生命エネルギーの出力を低下させている。
その低いレベルの影響を受けないでマックスレベルまで引き上げる。

ミトコンドリアには、意思のようなものが存在する。
ミトコンドリアの意思とは、宇宙の意志であり、神の意志といってもいい。
その意思は日常生活に潤いを与える。

ミトコンドリアは対立せず共生するという道を選択した。
それがわたしたち人類に、繁栄の方法を教えてくれる。
つまり、一人も人、千人もまた人である。

「ミトコンドリアDNA・覚醒」の最大利点

1

塩基列差が大きく個人識別が容易に可能
(あなたは誰か容易になる)

2

DNAサイズが小さいため生存率が高い
(健康で強靭なDNAといえる)

3

細胞・DNA内のミトコンドリア量が多い
(容易に識別できるメリット)

人の『ミトコンドリアDNA』は多型領域が存在し、ミトコンドリア遺伝子は母系遺伝することから、母子鑑定に極めて有効な手段となります。
たとえば母親の直系家族(祖母・姉妹・娘)の協力が得られれば、母が不在の場合でも、母子関係を証明することが可能となります。

その理由は、精子(父)と卵子(母)の関係にあります。
受精のときに精子から卵子に送り込まれるのはDNAの入った核だけなのです。
ミトコンドリアが存在する尻尾の部分は、受精と同時に切り離され、父親のミトコンドリアは、受精卵に入れないので子孫には伝わらないのです。
簡単に言えば、『母系血統=ミトコンドリアDNA』と言えます。

使い方

「ミトコンドリアDNA・覚醒」を生かす方法は飲用に限ります。
あくまで、転写した水を身体に入れることをおすすめします。

  • 水に転写して飲用する
    棒状のヴァイアルの先端(1cm〜2cm)を水につけて10秒間転写ください。
    水の種類は問いませんが、できたら浄化された水が望ましいです。
    ワインやお酒などでもよいですが、味が変わります。
    量も問いません。コップ半分もペットボトル1本も効果に変わりありません。
  • 転写した水をお料理ややかんなどで沸騰させて、混ぜて飲用する
    たとえばコーヒー・紅茶、お味噌汁、煮物などお料理で水を使う場合に使用します。
    その際の量は、コップ1/3〜1/2くらいで結構です。

    ※沸騰した中に入れてはいけません。破損します。洗濯機が光を帯びたものに変わります。
  • 転写した水をお風呂に入れる
    コップで作られた水(コップ1/2〜1杯)を湯船に入れます。波動風呂です。
  • 波動水をつくる
    転写した水をアドマイザーなどに入れ、ご自身の身体や空間に噴霧します。
    淀みなしの「浄化・還元の空間」に変化します。
  • 手に握る
    この方法はあまりおすすめしません。
    あくまで、転写した水を身体に入れることをお薦めします。

計り知れない魅力と未来

このヴァイアル「ミトコンドリアDNA・覚醒」には、計り知れない魅力と未来がある。
人類も少しずつそのことに気づき始めた。

おおよその病気や症状はミトコンドリアの機能低下に由来し、「ミトコンドリア病」と呼ばれる。
場所が場所だけに有効な手段が乏しく、厚生労働省では難病指定されている。
このことは一部の人だと思っていたら、たいへんなことになる。

日本人に多い病気としていろいろ上げられるがどれもミトコンドリアが原因と考えられる。
日常生活でも同様に、「疲れが取れない、近頃少し記憶力が落ちた」などは、この低下のせいとも言える。

ならば、どうする?
活性酸素などの攻撃に耐えるだけで力を身につければよろしい。
どうやって?
身体に入れるものに気をつければよい。
水、食品、空気などである。純粋な食べ物を摂ることをおすすめします。
日本人は農耕民族ですから。

この「ミトコンドリアDNA・覚醒」を使い始めてから、確かに「真理の光」が見え始めた。
人の意思が見えない力となって具体的に表れる。

ついこの間、見えないものを見てしまった。
ソファで横になっていたら、真っ白な幾何学が天井に張り巡られていた。
護られている、と思いました。

感謝しなくてはならない。
また、過ちや誤りを教えてくれ、それによって起動修正してくれる。
このことは分かっていても行動に移れないことが多いが自然と動くようになる。
元のさやに収まる。
トラブルがあってもそれは一瞬で、長続きしない。
それもよいことだ。

この色合いもよい。
光にあてると光り輝く、近い将来光が情報と化す日も近いに違いない。
ヴァイアルも進化した。未来にとても明るい材料だ。感謝。

Vial Mitochondria DNA Awakening

ヴァイアル・ミトコンドリアDNA・覚醒

【商品番号】91904

¥38,704(税込)(本体価格¥35,186)

サイズ:長さ120mm×直径10mm/材質:強化樹脂



買い物カゴへ