大いなる知恵を授け幸運をもたらす女神アテナの使者

森の賢者『幸運の白フクロウ』

人気の開運八角アートシリーズに手描き作品が初登場


森の賢者『幸運の白フクロウ』

18,000円 (税込/本体価格 16,364円) ラベル非表示 - カート有り(旧即納)

気鋭のアーティストが描く
愛らしくも福々しいフクロウアートの決定版!

国際的に活躍する韓国気鋭のアーティスト鄭曙宇(チョン・ソウ)が、1枚1枚魂を込めて描いた油彩画を黄金の八角額で仕上げた、森の賢者『幸運の白フクロウ』。

油絵ならではの趣深いタッチで描かれる親子3羽の白フクロウが、満月を背にギュッと寄り添って枝にとまる姿は仲睦まじく、こちらを見つめるつぶらな瞳も心なごませます。

愛らしさだけでなく幸運をもたらす様ざまな要素が秘められており、コンパクトサイズで壁掛けはもちろん裏面に内蔵のスタンドで立て置きも可能。

お部屋の雰囲気を明るくする小粋なインテリアとして、幸運を願う縁起物として最適です。
もちろん贈答品としてもおすすめします。

幸運を象徴するフクロウの秘密

幸運を運ぶ鳥として世界中で愛されている梟(フクロウ)。

日本では、不苦労=苦労しない、福籠=福がたくさんまとまる、福来朗=福(朗報)が来る、福老=豊かに年を重ねる、など幸運を象徴する様ざまな言葉で言い表され、首が後ろまで回る特性から「借金で首が回らない」ことが避けられることから、財運の象徴ともされます。

ギリシャ神話では知恵と戦略を司る女神アテナ(=ローマ神話のミネルヴァ)がフクロウを使者とし、その存在は大いなる知恵を授けるとされ、テトラドラクマ銀貨の表と裏に両者の姿が刻まれました。

日本では幸運と財運の象徴、西洋社会では知恵の象徴とされるフクロウは、まさに森の賢者と呼ぶにふさわしい鳥なのです。

森の賢者『幸運の白フクロウ』に秘められた
5大開運要素

鄭曙宇が描く森の賢者『幸運の白フクロウ』には、幸せをもたらす5つの開運要素が秘められています。

1.白フクロウ

古来、白蛇や白犬など色の白い動物は神の使いとして崇められ、白フクロウもまた聖なる存在であり、幸運と金運を授ける力を持つと信じられています。

2.親子フクロウ

親子仲睦まじい姿は家内円満、子宝の象徴。森の賢者たるフクロウの知恵が末永く継承され、繫栄をもたらしますようにとの願いが込められています。

3.満月

月のパワーが最大となる満月。
その光には浄化の力が宿ると信じられてきました。
また、ツキ=幸運に恵まれることを象徴します。

4.丸いマット

絵画を囲むマットの形状は、始まりも終わりもない円形です。
円は無限や永遠をもたらすと同時に「縁」に通じるとされ、永久に続く幸運と良縁を象徴します。

5.吉寸の額縁

森の賢者『幸運の白フクロウ』の寸法は、風水の吉寸に基づいています。
高さと幅は20センチ。
これは「官の富貴」にあたり、名誉とお金に恵まれる寸法とされます。
厚みの2センチは「丁の財旺」にあたり、お金が儲かるとされる数字です。
また黄金の八角形の額が幸運パワーを部屋の隅々まで行き渡らせます。

森の賢者『幸運の白フクロウ』の
飾り方ガイド

末永い幸運をもたらす縁起物、森の賢者『幸運の白フクロウ』は、ご家族みんなが過ごすリビングに飾ることをおすすめします。
コンパクトサイズで壁掛けはもちろん内蔵スタンドで立て置きも可能なので、お部屋のどのような場所にも自在に飾ることができます。
大いなる知恵を授ける象徴でもありますので、子供部屋に飾ることもおすすめします。

森の賢者
『幸運の白フクロウ』

【商品番号】92473-0

18,000円税込(本体価格16,364円)

サイズ:(約)縦20×横20×厚さ2
重量:(約)235g
材質:作品/キャンバス、額/樹脂・MDF集成材、アクリルカバー
技法:油彩画(鄭曙宇)
製造国:韓国
商品内容:額縁(額裏に開閉式スタンド、吊り紐付き)、紙箱
個装サイズ:(約)25×31.5×11cm、600g

※手描き作品のため、一点一点構図や色彩に若干の差異がございます。

■鄭曙宇(チョン・ソウ) 略歴

  • 1949年:韓国生まれ。画家。
  • 1981年:韓国のみならず海外に向けた作家活動を開始。
  • 1984年:シドニーの展示会で招待出品。
  • 1985年以降はニューヨーク、カナダ、大阪、東京のアートギャラリーと契約を結び、特にカナダのボトルコバ・ギャラリーでは初代の契約作家となる。
  • 1989年:韓国芸術文化協会110人初代展に選出。
    韓国、ドイツ、アメリカ、日本などで合同展・個展を多数開催している。


カートに入れる