【特集】数霊セラピーシステム Q&A

手洗い、うがい、マスク使用必須のあの「流行モノ」の波動コードも、吉野内先生が発見しました。すでに数霊セラピーシステムをお持ちの方が、その効果を体験しているそうです。今後ますます猛威を振るうといわれている昨今、数霊セラピーシステムがあれば、波動転写&波動修正でなんなく乗り越えることが出来そうです!! これからも、新たな波動コードが発見されていくでしょう(でも残念ながら、この波動コードは、数霊セラピーシステムを使用している方だけが知ることができるシークレットコードです)。

さて今回は、数霊セラピーシステムをより良く知っていただくために、みなさまからの質問に、先生から答えていただきました。

波動の知識はまったくありません。数霊のことも知りません。知識が無くても簡単に使えますか?

吉野内:器械を操作して波動水を作る作業には、波動や数霊の知識は一切必要ありません。パソコン画面の指示に従って、各ボタンをマウスでクリックするだけで波動水を作れます。小学生から、パソコンの苦手なお年寄りの方でも、簡単に操作できるようになっています。波動水が出来るしくみや、波動のことを理解するためには知識が必要です。興味があればお勉強してみてください。数霊の法則については、ヴォイスさんで数霊のDVDも販売していますし、数霊セラピーのセミナーも開催しているので、活用してみるといいと思います。

本当に簡単ですか?

吉野内:最初のソフトとドライバをインストールする時は、パソコンに慣れている人でないと、少し戸惑うことがあるかもしれませんが、説明書どおりにやれば大丈夫です。きちんと設定出来て、ソフトを立ち上げた状態であれば、後は誰でも簡単に使えるようになっています。簡単だから毎日使えるし、効果を実感しやすくなるのです。

パソコンは不得意で、メールやインターネットを見るぐらいですが、そんなわたしでもこのシステムは使えますか?

吉野内:メールやインターネットを行う方が、難しい操作があると思います。それよりも簡単に使えますのでご安心ください。

自動で波動の測定と転写をしてくれるということですが、通常の波動測定のように、オペレーターの必要がないということですか?

吉野内: 数霊セラピーシステムは、コンピューターによる自動測定ですので、波動を測定するためのオペレーターになる勉強も、特別な能力も必要ありません。しかし、自動測定であっても、波動の世界はエネルギーの世界ですから、操作する人の意識のエネルギーが、自動測定に反映されてきます。数霊セラピーシステムを操作する時は、誰の測定をどういう目的で行うのかを明確にイメージしながらボタン操作を行うと良いでしょう。そうすることで、より良い測定が行えるようになります。

パソコンで数霊セラピーシステムを稼動させて、測定や転写をしている最中、他のアプリケーションを開いて作業をしても問題はありませんか(たとえば、転写しながら仕事をしたり、ワードで文章を作成したり、インターネット検索をするなど)?

吉野内:インストールしたパソコンの状態にもよると思いますが、通常の使い方で問題なく作動しているパソコンであれば、転写しながら他のアプリケーションで作業しても問題ありません。数霊セラピーシステムのスタート画面左上に全画面表示のチェックボックスがありますが、そこにチェックを入れると画面が隠れなくなりますので、立ち上げたそのままの画面で作業をしてください。

波動を転写するお水ですが、水道水ではダメですか?

吉野内:残念ながら水道水では、ほとんど波動情報を記憶させることが出来ません。水道水に含まれている塩素の影響が大きいと思いますが、長い水道管を伝って流れてくるうちに、水自体のエネルギーが低下しているのかも知れません。また浄水器を通した水はどうか?と言う質問をよく受けますが、浄水器は種類が多すぎるので、即答することが出来ないのです。もしご自宅に付けている浄水器で処理した水が使えるかどうか不安な方は、市販のミネラルウォーターを使うと良いでしょう。

波動を転写した水を、薬と一緒に飲んでもいいですか?

吉野内:薬と一緒に飲むと吸収効率が高くなり、いつもよりも薬が効きやすくなる可能性があるので、薬と一緒に飲むのは控えた方が良いでしょう。また、薬自体がエネルギー的に強力なため、波動水と一緒に飲むと転写した情報が変わってしまう恐れがありますので、ご注意ください。ただ、漢方薬の場合は、自然の中にある植物などから抽出した成分で作られているので、一緒に飲んでも問題はありません。一緒に飲むことで吸収効率が良くなり、漢方の効果も高くなる可能性があります。

波動水は、いつ飲むのが良いですか?

吉野内:基本的には、朝昼晩1日三回コップ1杯ずつ飲むようにお伝えしています。食前が効果的と言われていますが、食後でも問題はありません。ですが、飲む時間などにこだわらなくても良いと思います。また、飲む量も1日500佞基本ですが、それ以上たくさん飲んでも問題ありません。波動水の効果が高すぎて、夜飲むと眠れなくなると言う人が時々いらっしゃいます。そういう方の場合は、寝る前に飲むのは控えた方が良いでしょう。でも、私などは寝ている間に波動修正が進んでいるなぁと感じることが多いので、必ず寝る前に飲むようにしていますが・・。

数霊セラピーシステムでお水に波動を転写するときに、容器はガラス、ペットボトル、陶器など、素材はなんでも大丈夫ですか?

吉野内:一番良いのは透明なガラスのコップです。ペットボトルも大丈夫です。陶器の湯のみやコーヒーカップでも波動転写は出来ます。一番使わないで戴きたいのは、金属で出来た容器です。金属からは、自由電子が常に放出されているために、それが中の水に影響を及ぼすために、転写している波動情報が変わってしまうことが考えられます。そういう考えから、金属製の容器だけは使わないようにしています。

波動を転写したお水は、どのぐらいの期間保存ができますか?

吉野内:波動を転写したお水の保存期間は、波動情報を記憶している期間と言う意味と、お水自体が安全に飲める状態の期間(消費期限)と言う意味があります。そして、両方の意味において、どのような水を使うかと言うことと、どのような環境の中で保存するかによって違ってきます。波動を転写する水は、蒸留水がいちばん適していると考えられています。その蒸留水に波動転写して、電磁波などの影響がない状態で冷暗所に保存した場合、おそらく1年間は十分に情報を保持していると思います。ミネラルウォーターの場合は、もう少し短い期間になると思います。波動水が記憶している情報にマイナスの影響を及ぼすものは、電磁波、温度(高温)、直射日光、金属の波動になりますので、これらの影響がないところで保管をするように気をつけてください。ただし、その日に飲んでしまうのであれば、多少そのような影響があっても、波動水の効果がなくなることはありませんので、ご安心ください。

販売されている数霊セラピーウォーターのように、100倍希釈できる波動水にするには、何回ぐらい転写を繰り返せば良いですか?

吉野内:その場合、波動を繰り返し何度も転写することよりも、情報記憶力の強いお水に転写することが重要です。波動転写用の無波動水(バイオクラスタード加工水)をヴォイスさんから発売していますので、そのお水をご購入されることをお勧めします。目的別の数霊セラピーウォーターも、そのお水に波動転写して製造しています。波動水を遠くにいる人に送ってあげて、希釈して飲んでもらいたい場合にも最適です。

1日に何回やってもいいですか?

吉野内:特に制限はありませんので、何回でも大丈夫です。ただ、一番効率の良い方法は、一日一回測定して波動水を飲み、それを毎日続けることです。波動が修正されて行くには、どうしても時間が必要なので、一日かけて波動を修正して、また翌日新たに測定すると効果の高い波動水を作れるのです。

遠隔ヒーリングは、必ず相手の了解を得なければダメですか?

吉野内:このシステムで遠隔ヒーリングが出来るようになっていますが、相手の方の了解をとってから行うのが基本です。たとえ、相手の方のことを心配して、良かれと思いながら行ったことであっても、相手の方がそれを望んでいなければ、それは大変失礼なことになります。ただし、家族など血縁関係にある人の場合は、その条件に当てはまらない場合もありますので、ご相談ください。

自分に必要な波動を選んで転写することもできますか?

吉野内:プログラムに、ケーススタディとして、あらかじめ様ざまな波動コードが入っていますから、そこから自分に必要と思われる波動コードを選んで転写できます。一度に選べる波動の数は30種類までです。

最近パソコンのメールの送受信によく不備が出ます。このシステムでこのようなことも改善させることが出来たりしますか?

吉野内:パソコンなどのマイクロチップを使っている機器は、いろんなエネルギーの影響を受けやすいようです。私が使っているパソコンもメールの送受信が調子悪くて、いつも途中で止まっていました。そこで、パソコンの写真を撮り、数霊セラピーシステムで測定して、遠隔ヒーリングを行ったら、メールの送受信がスムーズに出来るようになり、途中で止まらなくなりました。ネガティブなエネルギーというものは、このような電気機器類にも影響するようです。

写真を使わずに、本体の上に何も置かないで測定・転写したら、その場空間の波動測定と、場空間への波動転写が可能ですか?

吉野内:おそらく、何も置いてないときは、そこの場のエネルギーを測定していると思います。そして、転写することで場のエネルギーを調整出来ると思います。先日、わたしの数霊セラピーセミナーの時に、始まる1時間前にセミナールームの場を測定して、セミナー開始までずっとエネルギー調整を行ってみました。おかげで、その時はセミナーがスムーズに進み、ご注文も戴くことが出来ました(笑)。場のエネルギー調整を行っていた効果だと思っています。

アクセサリーや持ち物などに波動を転写する場合、長持ちさせるには何回ぐらい転写すれば良いですか?

吉野内:アクセサリーなどの場合、私が試した限りでは24時間で情報が消えてしまいました。物によって多少の違いはあると思いますが、おそらくそれ程長い時間は情報を記憶しないのではと思います。波動情報は水が記憶していると考えた場合、すべてのものは水分を含んでいますので、その水の量によって記憶期間が違ってくるのかもしれません。回数を多く転写したから、保持期間が延びるということでは無いようです。

数霊セラピーシステム本体の浄化やメンテナンスの必要はありますか? 必要な場合、どのようにすれば良いですか?

吉野内:やはり、数霊セラピーシステム本体も浄化した方が良いと思います。測定に要する時間が短いので、あまりネガティブなエネルギーが蓄積されることは無いと思いますが、もし器械の調子が悪くなったように感じた時は、写真を撮って測定して、写真で遠隔ヒーリングしてください。数霊セラピーシステムのセルフヒーリングですね(笑)。

購入後のアフターサービスは受けることができますか?

吉野内:装置自体の保障期間は1年間です。1年以内に故障した場合は、無償で修理させていただきます。ご安心ください。また、数霊セラピーシステムを使って行く中で、使い方が解らないとか、どのコードを転写すれば良いのか解らない時は、転写完了画面の右下に、当社HP問い合わせフォームにつながるボタンを設定しています。お使いのパソコンをインターネットに接続していれば、ボタンを押すだけでつながりますので、そこからご質問のメールをお送りください。もちろん、電話でヴォイスさんにお問合せいただいてもかまいません。それから、数霊セラピーシステムの公式HPを解説する準備も進めています。お楽しみに。

数霊セラピーシステムのより詳しい使い方のセミナーなどは今後開催していただけるのですか?

吉野内:数霊セラピーシステムは、一般家庭用として発売しましたが、医師や代替医療従事者の方にも使っていただいております。ご使用いただいている方々のお役に立てるよう、より高度なセミナーも開催してみようかと思っています。

数百万円もする波動測定機を持っていますが、残念ながら使いこなせていません。数霊セラピーシステムは、10万種類もの波動コードを使って測定や転写ができるのに、なぜこんなに価格が安いのですか?

吉野内:数霊セラピーシステムは、今まで世の中に出てきた波動測定器の情報や、測定を行うなかで蓄積してきたデータなどを基にして開発しました。本体装置もコンパクトに出来ており、ハード面においての製造原価は今までの波動測定器と比べ安くなっています。そして、プログラム面においても研究開発は、日々の波動測定の中で行ってきました。そして、なによりもたくさんの人に使ってもらいたいと言う目標がありましたので、一般の方でも買いやすい価格設定にしました。そして、誰にでも使いやすい内容で、毎日使ってもらえる装置として開発しました。私は、この装置が世の中にたくさん広がり、多くの家庭で日用電化製品として使ってもらうことが出来たなら、この世の中に存在しているあらゆる問題は解決して行くと思っています。本当に今の世の中を良い方向に変えて行きたいから、この価格にしました。

吉野内聖一郎さん
MRAオペレーター。波動リーディング協会理事。
有限会社I.H.M.ドルフィン代表取締役社長。
江本勝著「波動の真理」に感銘を受け、1996年から波動カウンセラーとして1万人以上のクライアントのカウンセリングを続ける中で、“数が持つ意味”を探求するようになる。独自の「数霊」理論を発見し、各地でセミナーを展開している。