【エナジーリファインCD「奇跡の扉」】菅野満氏VOICE独占インタビュー!!

エナジーリファイン®CDの最新作「奇跡の扉」が今、大ブレイク!!

今回は「エナジーリファイン®CD」の開発メーカー(株)エナジーリファインサービスにお邪魔し、今大ブレイク中の最新作「奇跡の扉」の開発秘話を、同CDの監修者である菅野満先生にお伺いしました!!

お話:エナジーリファイン®CD開発プロデューサー/スピリチュアルヒーラー 菅野 満
聞き手:VOICEグッズ 松浦清夫

松浦
単刀直入にお伺いします。なぜ8年間もCDの制作を休止されていたのでしょうか?
菅野
いやぁ〜決して8年間を丸ごとサボっていたわけではなく(笑)、制作サイドではずーっと試行錯誤を繰り返していたのですが、結局、監修役の私がOKを出さなかっただけなんですよ(笑)。
「奇跡の扉」を再生する以上、リスナーの生活空間や魂レベルにおいて、あるエネルギーエリアでは必ず「ミラクル」が起こっています。
しかしそのミラクルの度合いや頻度が、この8年間、私の理想とはかけ離れていたため、山のような試作を繰り返し、ようやく納得できる水準に達したのが、この「奇跡の扉」です。
松浦
菅野先生は、このCDにどんな「ミラクル」を求めていらしたのですか?
菅野
まず絶対的な第一条件として、CD再生機の周囲の空間が短時間で…しかもフルオートマティックでクリアリング(浄化)され、かつアセンション(次元上昇)すること!
さらに…リスナーの精神状態が10〜20分以内にポジティヴに変化すること…この2つです。
この2点さえクリアできれば、結果的にユーザーの意識覚醒は進み、延いては彼(彼女)の現実は好転傾向を示し始めるからです。
松浦
確かにこのCDを聴きはじめると、気持ちが明るくなったり平安になったりします。
最近ではセミナー会場やセッションルームに、この「奇跡の扉」を持ち込むんですが、当然室内には前に使っていた人達の残留思念やストレス成分などの邪気が溜まっていて、ム〜〜ンとしているんですが、このCDをかけて数分もすると…窓を開け放ってもいないのに同じ室内がまるで高原の森林のようなさわやかな空間に一変していて驚きます!!
菅野
このCDをリピート再生し、全ての席に行き渡る音量で流し続けると、会場にいる参加者の表情も明るく穏やかになってくるでしょう?
松浦
そうなんです!
誤解を恐れずに言うなら“嫌な人”がいなくなって(笑)、我々主催者側としてはとても助かっています。
最近では「エナジーリファイン®CDはここまで進化したんだな〜」…と、しみじみ痛感しています。
菅野
そう言ってもらえると大変うれしいです。
松浦さんのように、初代に近いエナジーリファインCDの時代から、ずーっと当社を見守ってきて下さった方に褒められると、今までの苦労も全部洗い清められる心地がします!!
松浦
そうですか…なにせ、私の名前は「松浦清夫」ですからね!(爆笑)
菅野
いやぁ〜1本取られましたね!(笑)

今までのエナジーリファイン®CDのシンクロナイズ(共鳴)エリアは、主にオーラレベルや深層意識領域だったが、この最新作「奇跡の扉」は、魂レベルに至近のメンタル体、コーザル体の他、「集合無意識層」や、時として「アカシックレコード」の領域にまでポジティヴな共鳴を誘発させ、リスナーの至福実現を一層ハイパーにナビゲート(善導)する!!

菅野
ところで、20年近くもエナジーリファイン®CDを担当されてきた松浦さんだからこそ伺うんですが、この新作では野鳥のさえずりと渓流のせせらぎ音が流れ始めたとたんに、魂の領域からフワ〜ッとポジティヴな共鳴が湧き上がり、やがて広がり始める…的な感想を述べられるかたが多いのですが、松浦さんはいかがですか?
これは旧作までには、ほとんどなかった徴候なのですが…!?
松浦
はい…確かに…聴き始めると、すぐにハートの周囲に開放感が現れてきて、そのあとはお腹の底のほうから、何か暖かくて懐かしいバイブレーションが湧き上がる感じがします…
不思議ですね! これは「奇跡の扉」ならではだと思います。
菅野
人生ってマクロの目から見ると「小さな選択の結果」…というか「日々の何気ない判断の集大成」みたいなものじゃないですか…だから私は思ったわけです。
この無意識に近い、ほんの一瞬の小さな判断や選択の積み重ねが、結局はその人の人生を形成していく…
ゆえに、その判断の瞬間に紙一重の差で自分が幸せになるほうの選択肢を無自覚のまま掴み取れるか否かで「未来の明暗」が決まってしまうとしたら…その判断の瞬間に、この「奇跡の扉」の超ポジティヴなサポートバイブレーションが好影響を与えられるよう、とても注意深く、慎重にサウンドの細部を微調整していったわけです!
そのプロセスはとても深遠で、ワクワクしていました。そして幸いなことに、我々開発陣にも大きな“気づき”がたくさんもたらされました…。
…これで「8年間の沈黙」の理由がご理解頂けましたでしょうか?
松浦
はい! もちろんです…っていうか、私は今日、御社の制作スタジオに入って、モニタースピーカーから流れるCDサウンドを聴いた瞬間から、「この新作はタダモノじゃないぞ!!!」と感じていました。
言ってみれば「魂の琴線」まで響いてくるバイブレーションが、そもそも今までとはずいぶん違っていましたから…!
菅野
特にこの「奇跡の扉」は、こと「ポジティヴ変換ポテンシャル」については、スピリチュアル関連の人達から「間違いなく世界最高峰」とのご評価を頂いています。
この点に関しては、昨年テスター各位に幾度となく配布した試作品の段階でも、絶大な信頼を得ていました。

エナジーリファイン®CDは、もはや個人レベルだけで使用する時代ではない!!
館内放送、校内放送、院内放送、園内放送などの他、街頭、墓地、競技場、駅のホームなどの「場外放送」にも幅広く活用して、「いじめ防止」や「犯罪やトラブルの抑止」に役立てよう!!

松浦
ここまでのネガティヴキャンセル特性に至ったからには、私どもとしては個人のお客様以外は、企業単位、学校単位でこのCDを有効活用する時代がやってきたと思うのですが…。
菅野
おっしゃるとおりです!
大きな施設でこのCDを全館に放送すると、中にいる人々の体調や精神状態が改善される他、犯罪抑制にも繋がりそうだと予測しています。
ちなみに私の知り合いに葬祭関係の方がいらして、葬儀の時、エナジーリファイン®CDを流している家族の控え室と、未使用の部屋を比べると、まるで「天国」と「地獄」のような落差がある…と言っていました。
それだけ葬儀場や霊安室には未成仏霊が重なり合うように充満しているということなんですが、読者の皆さんも、喪主や施主になられる時には、ぜひ葬儀場や控え室で、この「奇跡の扉」を中音量以上でリピート再生してみて下さい!
自分たちのいる部屋の隣室が、まるで「地獄界」のように見えますから…(笑)
松浦
それだけ「奇跡の扉」には、浮かばれずに迷っている霊が、いわゆる「天国」へと導かれていきやすい…ということですよね!!
私の妻の葬儀の時には、まだ「奇跡の扉」は発売されていませんでしたから、今となっては残念です…(涙)。
菅野
確かにこのCD自体は影も形もありませんでしたが、当社は個人差はあるにせよ、曲がりなりにもヒーラー集団ですから、あの時は我々開発陣はもちろん、全スタッフが亡くなられた奥様の霊的アセンションを全霊で応援するために「遠隔アセンションサポート」を実践していましたので、やがて奥様は守護/指導霊の加護を得て、間違いなく天界へと導かれていきましたよ…。
すみません…思い出させてしまいましたね(汗)。
松浦
そうでしたね! あの折は本当に助かりました。
また、あの時ほど皆さんの優しさと温かさを感じたこともありませんでした。本当にありがとうございました。

エナジーリファイン®CD「奇跡の扉」は就寝時にも絶大なサポート性を発揮する!!
このCDはもはや睡眠時を安寧へと導くための必須アイテムに!!

松浦
妻の葬儀で思い出したのですが、この「奇跡の扉」は寝室で鳴らしておくと、夜中に起こりやすい「金縛り」をかなり抑制してくれるそうですね!?
菅野
確かに、この「奇跡の扉」は「安全な眠り」を霊的にサポートしてくれます。
ちなみにこのCDを聴きながら“オールリピート再生”で眠ると、悪夢にうなされる頻度が激減し「朝の目覚めが未使用時とは断然違う!!」とほとんどのかたがおっしゃいます。
「使い始めた夜から金縛りがなくなった!!」と喜んで下さるかたが非常に多いのも事実です!!
眠る時にベストなセッティング法がありますので、これをお読みになりたい方は、ぜひ「正規ユーザー様専用マニュアル」をご熟読なさって下さい!!
松浦
今日はお忙しいなか、魅力満載の「奇跡の扉」について解説して下さり、本当にありがとうございました。

2019年5月11日(株)エナジーリファインサービス:CD制作スタジオにて