【ロジャー・ハンソン】ワークショップ体験談

◆U.M様 会社員 

皆さんのハートが開いたのも、ひとえにロジャーさんはじめスタッフの方々のお人柄だと思ってます。カウンセリングでは、安心安全な状態でないと人は心を開いたり、内から生まれでるものが安心して出てこれないといいます。そんな空間を作り出せたのはすごいことですよね。

描いた存在たちからは先々のことを教えてもらいました。 今後の地球は災害もあって大変だけど現実の中でしっかりと見届け、どんなことが起ころうと人の中の光や希望をみていくようにいわれました。思えば、初日の朝、夢の中でノートに似顔絵と文字を落書きをしていたら透視の先生に絵ばかり描いていてはダメよ、仕事をしっかりとやりなさいといわれてめが覚めました。2日間の存在たちからもらったメッセージでその夢の意味もわかり、先をどうするか悩んでいた土木や原発の仕事も自殺や被害者のカウンセリング訓練も続けてみることにしました。習ったアートは透視のセッションでクライアントさんのためにも使ってみようと思いますが、クラスを受けてみて自分のために日々使っていきたいと思いました。ロジャーさんにもよろしくお伝えください。

◆A.K様 女性

一日一日がとても早く短く感じました。もっとやりたい!もっと描きたい!と思うほど、充実していました。とにかく楽しいし、たくさんの学び、気づきがありました。ロジャー先生も素晴らしいお人柄で、教え方も丁寧でとてもわかり易かったです豊かになれるワークショップをありがとうございました。今後ももっと更に描いていきたいと思います。

◆M.Y様

養成講座では大変お世話になりました。これほど広がりのある講座にはお目にかかった事がないと感じました。 今まで参加した講座には必ずこのやり方、この手順でという制限がかかります。それが嫌で終ってから使わなかったものも多くあるのです。
しかし、サイキックアートには無限の選択肢と可能性がありますね。その意味に置いては、まさに、自由ですし、人々の心を解放し、未知なる可能性を探求して行くのにこれほどふさわしいものはないと感じました。そしてフローに乗り、コントロールしない、自由で無限の可能性を実現できる人生を自分に許して行くのにおいても、その比喩的な意味でも、またエネルギーにおいても、ですね。

素晴らしかったです。講座は先生のお人柄から楽しみながら、そして失敗しても大丈夫だから、と励ましながら、の温かく明るい雰囲気の中で行われていました。
若い方も多くご出席されていたのでまるで大学時代に戻ったかのように楽しいひとときでもありました。
描いたアートをもとに皆さんとお話が弾むのもおもしろかったですし、お互いに話し合う事でさらにいろ 色々な可能性を見いだし、自分なりの方法をみつける助けにもなりました。 またこれがいかに正しい情報をチャネルしているか、という確認をする作業にもずいぶん時間をとられているのが、良かったと思います。
またそれは一人一人と整合性を確認し、このまま行くようにと促しておられたのですね。私も自分がチャネルする情報が実在の人物でwikiにのっていたのには仰天いたしました。これは単なるアートではなく、正しい情報をチャネルするためのツールである、そしてそれを皆さんが使いこなせるということなんだ、ということですね。

さっそく今週サイキックアートのテストセッションにはいりました。
もうすぐに使えているのがあの2日間で確認できましたし、なぜかクライアント様からこの講座前にご要望をいただいていたからです。やはりこうなったらフローにのるしかないです。

実は私は先生と同じくアートの専門的な教育を受けていなく、ただ子供の頃から絵が好きで描いていただけですね。
そして高校生の時に大脳のラテラリティに興味がでてから右脳の機能を確認するために 人物画を描くようになりました。
それ以来全く絵は描いておりません。描くのをやめてからもう20年以上たっているのです。

私はあんまり見えるタイプではないし、講座でもこんな感じかな〜と感覚を手探りするような感じで手の動きに任せて描いていました。
でも、なにか形になってでてくるのもはあるし、その講座で描いたものも、先生のように家に戻ってからさらにワークして行くとまた絵が変化していきました。
それをFacebookにアップしたところ、友人達が驚いて、「プロが描いたのかと思った」といわれたくらいです。
私もこんなラインで描けるはずがない、とびっくり仰天いたしました。

スピリットのエネルギーが後押ししてくれるとこんなミラクルがあるのですね!
そしていよいよクライアント様を前にしてご要望のスピリットとつながった瞬間、講座のときよりもはるかに見える感覚がでてきていました。

なぜかはっきりとラインが浮かび上がって見えるのですね。本当に驚きました。
それを追うようにしてガイドスピリットの姿をすこしずつ描きながらチャネリングし、言葉とエネルギーを伝えて行きました。
言葉がとだえたときはまた鉛筆を動かすような感じで、そうしてエネルギーを活性化していくのですね。

ガイドスピリットとのチャネリングはクライアント様と、私と、そしてガイドと3人で楽しくお茶を飲みながらいろいろなことについて話し合う場でもありました。私も解説に加わったり、ガイドからもアドバイスをもらったり、クライアントともお話ししたり、いろいろなテーマについて話しました。

スピリット達は本当によきカウンセラーであり、ヒーラーでもあります。問題をわかりやすく分析し、クライアント様の立場を本当に理解し、それをふまえた上で人生に前向きな希望を与えて行くのが本当にお上手です。彼らの語り口に心動かされる場面はとても多く、すごいな、うまいなあ、と思いながらチャネリングしておりました。

クライアント様には亡くなられたお父様がいて、そのお父様とのガイド役もこのガイドスピリットが買って出てくれ、お父様のお言葉を伝え、クライアント様の心を慰め、涙をさそっておられました。そうしてすべてのセッションを終えたあとの、クライアント様のひとことは、

「もう凄すぎて言葉になりません。すごくよか ったです。アートもとっても気に入りました。」

このガイドの名前はとても美しい女性の姿で、アビゲイル、意味のひとつはあなたの僕、そしてもうひとつの意味はヘブライ語で、「父は喜んでいる」だったのです。

このすばらしいサイキックアートの講座において惜しみなくすべてを与えてくださった師、ロジャー先生には心より感謝を申し上げます。

◆M.U様

ロジャーさんのサイキックアートは、マインドを働かせないようにしているので、断片的なキーワードとイメージは言語化したり理解しずらいところがありますが、それがかえって思わぬ情報をもたらしてくれている気がします。1つのイメージは100のメッセージを持つといいますが、限定しないことで複合的で多次元に渡る沢山の情報を与えてくれました。 なぐり書き法という意味では、精神科医ウィニコットの自由連想と同じですが、 ロジャーさんのは意図をもってなぐり書きをするため、出てくる情報は心理カウンセリングで個人が気がつくものとは違う情報が来たように感じました。
ではサイキック領域の透視やチャネリングと同じかというと、これもまた少し違うのかなと思いました。イメージを見ていくという意味では透視と同じ気もしましたが、存在を使うのでとれる情報はチャネリング的な要素のある情報で透視で視えるものとは違うものだと感じました。何かの存在を介した情報という意味ではチャネリングと同じですが、サイキックアートでは画面に存在を浮きださせるので、存在と良い距離感がとれますし、体に存在を入れっぱなしにしないので体に負担がかからず安全だと思いました。この画面と自分の距離は、情報をとる場合にとても役立ち、体に入れるチャネリングよりもメッセージが理解しやすいと思いました。また出てくる存在は、生きていた人間から見えない存在まで様々なので、天使や決まった存在をチャネリングするよりも地球から個人レベルまでリアルな情報をもらえて驚きました。

◆K.A様

受講後、本当に嬉しくて、ほぼ毎日のようにサイキックアートに取り組み、それによって、様々な存在と会話し、色々なことを教えてもらったりと、これまでの生活や私自身の生き方、考え方が一変してきました。1月に受講して、わずか、約4カ月程しか経っていないことに驚きます。と言うのは、教えてもらった内容が壮大で、ここまでの展開があまりに早かったからです。

私自身の魂のルーツから、日常生活(例えば、生き方、考え方のヒントや子育ての仕方)まで、思いよらなかった愛情のある、納得のできる事を教えてくれるのです。またこの賢く、優しい狼達(※このワークショップを受講する前、昨年末にコンタクトしてきた存在)は、私の魂の起源から縁があり、今は常に側にいて、これまでもそうだったようですが、ずっと守ってくれています。彼ら狼達だけでなく、他の存在ともコンタクトがとれるようになり、本当に人生が一変しました。

何か低次元の者に、騙されているのではないかとか、私もとうとう頭がおかしくなってしまったのでは、とか考えることもありましたし、正直今でもふと考えてしまうこともありますが、信じられないでいると、彼らは目に見える形で証明してみせたりするのです。サイキックアートを習った当初は、画上にメッセージを見つけるのが苦手というか、全く聞こえなかったのですが、最近は画上のこの辺に、○○○と書いてある、という感覚があったり、言葉が聞こえたりして、そこを探すと確かにあるのです。特に狼達のメッセージは、とても詳細で、字の大きさも字体も揃っており、發そ乎耄呂覗ってくれているのを感じます。ある時は、初めの落書きのグジャグジャ線が、ほとんど無駄にならず、ほぼ全ての線を使って、絵が描けるという現象もありました。サイキックアートでは、上手く描けたり、実際自分が描いたのではなく、彼らが送ってくれているのだと感じることもしばしばありました。

サイキックアートを通して多くの情報を知ったり、色々な発見が出来たり、最近では新たなアイデアを実験してみたりと、新鮮な毎日です。例えば、初めは自分で何かを設定してグジャグジャやるのですが、途中から特定の場所に立ち、他者にグジャグジャの続きをしてもらい、後からそれを見て自分で浮き上がったものを描いていく、というものなのですが、自分も画上にちゃんといて、その横に狼達がいたりして、カメラで写真を撮ったようになっていたのです。やりたかったことが出来ました。又、人物ではなく「物」についても画上に浮き上がらせることも出来たので、サイキックアートは実に自由自在なんだなと感心しました。

今、ロジャー先生から教えて頂いた日に描いたサイキックアートを見てみると、その時は、「ああ、変なものを描いてしまったな」と思っていたのですが、実は時間が経った現在では、とても意味のある絵だったこともわかりました。又、描いた時には何も見えなかった箇所に数日後見てみると、何か浮き出ていたりと、いったこともあります。

ワークショップの体験談

自分も繋がれるんだと確認が取れて涙が止まりませんでした。

とてもエキサイティングな2日間でした。自分が描いていた絵の存在とロジャーさんが描いてチャネリングした存在が同じ流れだとわかったのが、自分も繋がれるんだと確認が取れて涙が止まりませんでした。ランダムな形から右脳を使って文字やシンボルを出す方法やテクニック的な事も参考になりましたし、私達が意識的にアクセスできる存在である証明もとてもわかりやすかったです。一番良かったのは私達は間違うことがない、と伝えてもらったことです。これからもっと自分を信じて描くことが出来そうです。とても多くを受け取った2日間でした。次のレベルが楽しみです。(匿名希望)

エネルギーを使わないでメッセージを受け取ることが出来るようになりました。
初日の講座の中で私を解放するサイキック・アートを描いて頂き、2日目の朝、とても気持ち良く目覚めることが出来ました。描くことを通して、今までと違ったとても楽しく、エネルギーを使わないでメッセージを受け取ることが出来るようになりました。沢山の気付きがある、有意義なセミナーを受けることが出来たことに感謝致します。(T.T様 男性)

アートを通してどこへでも行かれ、どんなにもなれる自由を得られる

とても楽しい2日間でした。絵を描くことは難しいと感じていましたが、出来上がったイメージを描くのではなく、表われてくるものを現れるままに描いていく過程はとても心地よく楽しい時間でした。アートを通してどこへでも行かれ、どんなにもなれる自由を得られる事を教えていただきました。ロジャーさんにお会いするたび、より自由によりピュアになっていくようです。ありがとうございました。AISHITEMASU! (T.Y様 女性)

簡単に楽しくいろんな存在と繋がったりメッセージを受け取ったりできるなんて 

今まで絵を描いたことはなく、簡単に楽しくいろんな存在と繋がったりメッセージを受け取ったりできるなんて…絵を描くことが楽しくてたまらない2日間でした。またこの2日間、場がきもちよくて…うとうととなりながらも、満たされた気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
(R.M様 脳トレインストラクター女性49歳)

自然と人型が浮き出てきたので驚きました。
ポートレートで自分が本当に人物像が描けるのかと、不安だったのですが、キャンバスに実際に出てる線を強調してあげるだけで、自然と人型が浮き出てきたので驚きました。(I.S様 女性)

ロジャーさんの講座は面白そうだなと思い、直感的に申込みました。
アートセラピーのクラスを持っています。サイキックの講座はあまり受講したことがなくて、ロジャーさんの講座は面白そうだなと思い、直感的に申込みました。ZORAさん(ロジャーが描いた存在)からのメッセージがここ最近疑問に感じていたことへの答えが多く含まれていて、導かれているのだなと思いました。私は動物からのメッセージを絵から受け取ることが多く、光に包まれた愛犬の絵を描いた翌日に天に還ったり(特別に具合が悪かった訳ではなく老衰)、天国に行った子の絵を描いた翌日に新しい犬が家族に加わることになったり、自分でも驚くことが多かったので、ロジャーさんに教わったことも加えたら、これからもっとすごいことになるんじゃないかと、ワクワクしました。レベル2は仕事の関係で参加できないのですが、コツコツ積み重ねて、また参加できたらいいなと思います。(K.S様 女性)

これこそ光なのだと感じました。
瞑想で「ハートの中にエネルギーをおいて、」との言葉で色んな思いで小さくなっていた心の種火が一瞬のうちで明るさを増した瞬間でした。これこそ光なのだと感じました。(中略)何もなかった白いキャンバスには本当はもうすでに会話が始まっていて、数色のパステルをのせてから語りかけてくる感受ラインの糸を辿っていくと、(観察してどんな気持ちが浮かんでくるのか、detailに意識を向けながら)ちゃんと人の顔が見えてきました!!まるで不思議な旅に出ているような感覚でした。「全ては愛」というロジャー講師の言葉は美しいこだまとなって、私の中で広がっています。とてもエレガントで美しいサイキック・アートの旅を本当にありがとうございました。次回レベル2が楽しみです。(W.Y様)
 

不思議な体験をたくさんしました。
あっという間の2日間でした!楽しさ、ワクワク、ドキドキ、笑い、平和で幸福なエネルギーがたくさん満ちていたワークショップだったと思います。来た時の自分の心の状態もモヤモヤがあり、次のステップに進みたくても進めずにいて、行き詰まりを感じていましたが、2日間のワークショップを受けていくことによって、苦しかった気持ちがスーっと晴れていったようでした。それだけ絵を描きながら自分を応援してくれている存在とつながることはパワフルな体験でした。ロジャー先生がジャニス・ジョップリンのいとこだと聞いた時は全身の血がサーッと引く程の衝撃でした。他にも別の席で描いていた人物が次の日には同じ人を描いていたことに気が付いたり、自分の受け取った情報があまりにもシンクロしていたことが多く、不思議な体験をたくさんしました。今後はロジャー先生に教えてもらったことをツールにして、自分のお仕事の幅を広げて、楽しんでやっていって、沢山の人に笑顔を与えられたらと思います。ロジャー先生、スタッフの皆様どうもありがとうございました。また参加したいです。(Y.I様 占い師 女性 37歳)

描いたものをもとにキーワードを入力して、歴史上の人物を検索すると本当にいるではないですか。
ロジャーさん、通訳さん、スタッフの方々、2日間貴重な体験をありがとうございました。まずは、ロジャーさんの人柄に感激しました。こんなに人のことを大切に思いやりながらワークをしたり、接したりする講師がいるのですね。ロジャーさんのようなセラピストさんに、いえ、人として見習いたいと思いました。講義中、相手を尊重する姿勢や気持ちがとても伝わってきました。それから、自分と繋がることの大切さや答えは本人の内側から出てくるということを実体験としてさせてくれたことにも感謝します。ワーク中は、何回か胸がいっばいになり、涙が出てきました。 一番印象的だったのは歴史上の人物と繋がるワークでした。 ほんとにそんなことできるの?と思いましたが、描いたものをもとにキーワードを入力して、歴史上の人物を検索すると本当にいるではないですか。内容もキーワードも検索するまではちんぷんかんぷんでした。ネットでこの人物のことを調べてみたら、自分になぜこの人のこのキーワードがきたのかがすぐわかり、涙がでました。 具体的には、画家のマリーローランサンが画面にやってきました。そして数字やキーワードから恋人アポリネールとの悲恋がわかり、キーワード通りの詩もみつかりました。読んでみたら自分が経験したことと似ていました。マリーローランサンが亡くなった時の数字も出ていましたので検索したら、亡くなったらアポリネールの手紙を入れるように遺言したという記事が書いてありました。ああそうだったのかと納得、自分が学ばねばならないことがわかり涙がでました。 心の奥にしまっていた答えがでないだろうものに1つの答えをいただきました。アートは一期一会の出合い、ロジャーさんがそうであるように、画面に生まれでたイメージや存在との出合いを大切にしたいと思います。優しいロジャーさんに感謝します。本当にありがとうございました。(U.M様 会社員 47歳)

今までのWSとは全く別物でした、それも心の奥から感動ばかりでした。
今までのWSとは全く別物でした。最後までワクワクと発見、おどろき、知ってるようで知らなかったけど知ってるみたいな、それも心の奥から感動ばかりでした。こんなに納得したWSは初でした。また次回パワーアップして日本に来て欲しいです。次も出たいと思ったのははじめてです。最後のサプライズはすごくうれしい感動でした。ロジャーもピュアで良かったです。(H.F様 女性 46歳)


 >  【ロジャー・ハンソン】体験談