【ホリー&ポール】イシュタラからのチャネリングメッセージ

ホリーさんとポールさんは、世界中のユニバーサル・スフィアのプラクティショナー向けに、3か月に1回、オンラインでフォローアップセミナーを行っています。

毎回、プラクティショナーの皆さんからの質疑応答などに加え、ホリーさんがプラクティショナーに向けた、イシュタラからのチャネリングメッセージを伝えています。

(今後は、日本のプラクティショナーに向けたフォローアップセミナーも、予定しています。)

今回は、2018年9月に行われたフォローアップセミナーでユニバーサル・スフィアのプラクティショナーへ向けた、イシュタラのチャネリングメッセージを特別に公開します。

偉大な光の存在たちよ、私はイシュタラです。
今日は語るべきこと、知るべきこと、理解すべきことがたくさんありますね。

ここにいるみなさんや、この音声を聞いてレベルアップしていくみなさんのワクワク感と、電気のようなビリビリしたエネルギーを感じています。
みなさんも、この電気的なエネルギーとレベルアップ感をひしひしと感じているはずです。

今夜の主なトピックと、それに付随する副トピックを紹介します。
主なトピックは「選択」であり、副トピックは「自分を愛すること」です。
では始めましょう。

今夜は大胆な発言をしたいと思います。
大胆さはイシュタラのトレードマークですね。
それは「選択」のエネルギーに関する話です。
選択のエネルギーをどうやって使い、自分のために役立てるかということです。

みなさんの多くは日々、自分を傷つけ、自分を小さくすることを選択し、その方向にエネルギーを注いでいます。
それと同時に、みなさんはユニバーサル・スフィアを使って、自分を拡大しようとしています。

このため、エネルギー場が外に向かったと思ったら内側に収縮し、まるでアコーディオンのように伸び縮みしています。
そして「あれ?何も変わらないぞ。」と言ったりします。
では、このことについて話しましょう。
今夜、話したことを実践すれば、急速な変化が起きるはずです。
準備はいいですか?

みなさんが朝起きた時から一日が終わるまでの間、日常生活の中で毎瞬、毎瞬、どれだけ「選択のエネルギー」を活用しているか気づいて欲しいのです。
「毎日のことはもちろん、すべて自分で選んでやっている。」とあなたは思うかもしれません。
しかし多くの人は「こんなことしたくない、この仕事はイヤだ…」などと思いながらやっています。
つまり選択のエネルギーが葛藤し合っているのです。

毎瞬、毎瞬、自分がすることを選んだとしたら…
つまり実際にそれをやりたいかどうかは別として、自分の意思で選んだらとしたらどうなるでしょう? 

例えば、家族を支えるために、決まった時間に職場に行く、など、どうしてもやらなければいけないことなら、あなたは結局、職場に行くことになりますよね。

ここで2つの選択肢があります。
朝起きて、愚痴を言いながら職場に行くけれど、エネルギー的には職場に行くことを選ばない。
あるいは、「この仕事のおかげで色々な恩恵が受けられるから、私は職場に行く」と選ぶことです。

結果は同じですよね。
あなたは結局、職場に行くことになりますから。

しかし「私って可哀想」と思いながら行くことと、「行きたいから行くんだ!」と思って行くことのエネルギーの違いが分かりますか?
どうせやることになる場合、この違いは特に大きいです。

自分には選択権がある、と思ったらエネルギーが拡大しますよね。

例えば、食べたいキャンディを選べる、ということは、その時点ですでに複数の選択肢があることが示唆されます。
目の前にお皿を並べられ、「どれが食べたいか選んでください」と言われたら、目を閉じていても、そこに複数のお皿があることが分かります。

ですから、選択肢がないと思っている時でさえ、選択するエネルギーは非常にパワフルです。
あえて選ぶことで、そこにある可能性に対して、自分のエネルギー場が開くからです。

これはまさに、みなさんがユニバーサル・スフィアを使ってやっていることです。

ユニバーサル・スフィアを使うことで、より大きな可能性の場に対して自分のエネルギーが開かれ、その結果、エネルギー的な選択肢が増えるのです。

毎瞬、毎瞬、選択のエネルギーの中で行動することで、あなたのエネルギー場はずっと開き続け、ユニバーサル・スフィアを行った時と同じ心地よさの中にいられるのです。

「職場に行く、行かないについて選択権はない」と思うかもしれませんが、実は選択権はあるのです。
「今日は行かないことにする」と言ってもいいのです。
仕事を失いたくない、給料が必要だ、などと思って実際には行くかもしれません。

しかし、あなたの場の中には常に選択肢があるのです。
「職場に行かずに、その結果を受け入れる」ことを選んでもいいのです。
選択肢がないと思っている時も、実際には選べるということです。
ですから、毎日の生活の中で、毎瞬、毎瞬、選択のエネルギーを呼び込んでください。

こんなカギもあります。
「自分のために」選ぶ、ということです。
これは大事なことです。

何かを選ぶ時は、自分のためにと思って選んでください。
目の前にあるチョコレートを選ぶ時でもいいし、今日はどんな朝食にしようか、という選択でもいいです。

この時、何を選べば自分のエネルギー場が開くかどうかではなく、
「自分のために選ぶとしたら、私は今、この瞬間、何を選ぶだろう?」
と自問して選ぶのです。
今、すでにこの場のどんどんエネルギーが良くなっていますね。
感じますか?

ではまた、職場の例を使いましょう。
「仕事が大嫌いだけど、それでも行くことを選ぶ」と言った場合、では行く理由は何でしょう?
職場の人たちが好きだから、家賃を払う必要があるから、講座に行くためのお小遣いが稼げるから…
どんな理由でもいいです。
あなたが選択のエネルギーの中にいれば、あなたのエネルギー場は拡大し、軽くなり、内側ではなく外側に向かいはじめます。

では、自分のために選ぶ場合、これをさらに進めて、自分のために愛のある選び方をしてみましょう。
「もし私が今、この瞬間、自分を愛していて、自分の良さと正しさを認めているとしたら何を選ぶだろう?」
これでさらに深いところに行くのが分かりますね。

選ぶことで、自分を大事にする能力を伸ばす、ということは本当にパワフルです。

巷では、とにかく自分を大事にしなさい、と言われていますよね?
でもどうやって自分を愛せばいいのでしょう?
誰もその方法を知りません。

何かをする、ということではありませんからね。
自分を愛し、自分を認めて受け入れている人はあまりいないので、誰もちゃんと分かっていません。

自分を大事にし、自分を愛するということは、毎瞬毎瞬、どんな小さなことをする際も「自分のために」と思って選ぶことです。

例えば、
「自分のために選ぶとしたら、今日は朝食の時に紅茶を飲もうか、コーヒーを飲もうか?」
「自分のために選ぶとしたら、今日は本当にこの人に会いたいのか、会いたくないのか?」

こうすると、まず自分を一番大切な存在として生きるようになります。
そして自分にとって楽な状況をわざわざ作ろうとしなくなります。
なぜなら、自分と一緒にいるだけで楽だからです。

では、この話をさらに進めていきましょう。

この中で、何かをしたせいで(またはしなかったせいで)自分を責めたことがある人はいますか?
あんなことはするべきでなかったとか、ああするべきだったのにしなかった、と思ったことがある人は?
あるいは、この一週間は毎日運動することにしたのにできなかった、と思ったことのある人はいますか?
自分の取った選択を非難した人はいますか?

では、反対の視点から見てみましょう。
例えばジムに行こう、または運動をしよう、ヨガをしよう、散歩にいこう、ストレッチをしよう、と思ったとします。

毎日、朝起きたら今日はやるぞ、と決めたのに、夜寝る頃になってもそれができなかった場合、あなたは自分を責めて、批評しはじめます。
この時、あなたはもっと深いところでは、自分の取った選択が間違っていたと言っているのです。

では、一日の始めにやろうと思ったことができなくても、
「今日は別の選択をしたんだ」
と思えたとしたらどうでしょう?
それだけで気分が楽になりますよね。
では、それはどんな選択で、どんな風に自分のためになったのだろう?
と自分に聞きましょう。

もちろん、それは自分のためにならない選択だった、と思うかもしれませんね。
身体を鍛えることがためになるとか、お医者さんがこう言ったああ言った、などの思いがあるでしょう。

でも、それでも何らかの形で自分のためにしたことだ、と思うことができれば、自己批判を手放すことができます。
自己批判を手放すことであなたのエネルギー場は拡大し、新しい選択ができる状態になります。
すると逆にジムに行ったり、散歩をしたり、ストレッチをしたり、ヨガをしたりしやすくなります。
なぜなら、自分を判断するのを止めたからです。

それが今夜のメッセージです。あなた自身を選んで下さい。
自分のために選んで下さい。
そして今夜の話をすべて一気に理解しようとせずに、少しずつ消化してください。

あなたには壮大な夢や計画があるかもしれませんが、それは一瞬一瞬の選択を通して叶えられていくものです。
もっと言うと、夢や願望は、あなたが「自分のために」とった選択のひとつひとつを通して実現されていくものです。

あなたはこの瞬間、そして次の瞬間、さらにその次の瞬間を通して、夢に近づいていくのです。
一回の大きな選択で突然、到達するわけではありません。
無数の小さな選択を経て到達するものです。

「今日は朝食と一緒に紅茶を飲もうか、コーヒーを飲もうか?」といった一見、些細に思える選択を通して実現してくものです。

それはあなたが内面の感覚に従い、「これでいいんだ」という感覚に従った、自分を大事にした選択の数々です。
小さなことについて選択していくと、やがて大きなことにつながっていくでしょう!
そうやって練習し、経験を積んでいってください。

「自分を大事にするとしたら、自分のために選ぶとしたら、今日はどんな靴を履こうか?」
たかが靴と思うかもしれませんが、重さにおいては、紅茶もコーヒーも、靴も、運動も、大きな選択とまったく同じです。

ですから、まずは小さな選択から始めましょう。
「自分を大事にするとしたら、今、シャワーを浴びるか、浴びないか?」
シャワーならいつだって浴びられるし、毎朝浴びている、と思うかもしれません。
でも、ここではあなたは選択のエネルギーと波動の中でシャワーを浴びることになるのです。

こうしたひとつひとつの小さな選択によって、選択のエネルギーが拡大していきます。
するとあなたのエネルギーは拡大し、外に向かって流れはじめます。

外向きのエネルギーは宇宙のエネルギーを模倣し、反映したものであり、それこそが変化を引き起こすエネルギーなのです。
ですから、ぜひ試してみてください。
楽しみながら、自分を大事にするための選択を継続的にしてきましょう。

必要なら「選ぶ」「選ぶ」「選ぶ」と書いたポストイットをあちこちに貼ってもかまいません。
自分が何を選んでいるかよく見てください。
そして結果がどうであろうと、それは自分で選んだ結果であることを自覚し、自分の味方になりましょう!
結果云々よりも、それはあなたが選んだというだけで良い選択なのです!
それだけでなんと素晴らしいことでしょう! 

では選択のエネルギーを楽しんで下さい。
そして自分の存在を喜んで下さい。
そのままの不完全で、めちゃくちゃで、素敵なあなたでいてください!
あなたがそのかけがえのない光を放射し、あなたらしくあるために、何ひとつ変える必要はありません。

2018年9月収録