スーザン・ホール ワークショップ体験談

わたしはこの7年ほど、薬草(メディカルハーブ)の勉強と、講師活動も時々しています。また、カウンセリングも行うことがあります。

ケルトの魔女であるスーザン先生から、自然とつながりその魔法を学ぶWSが間もなく開催されると知って
どうしても学びたい!
と魂が歓声をあげる感じでした。 4月初旬、ひょんなことから、京都へ一泊で行くことになりました。

京都行きを決めたのもその当日の朝のことで、夕方には新幹線に乗っていました。
京都御苑を散策しようと思いついたのですが、御苑の片隅の、一見なんでもない木立に呼ばれたような感じがして、そこに入ってみるとそこがすごいパワースポットであることが体感されました。びっくりするほどエネルギーが強かったのですが、歓迎してくれている感覚もありました。今までそんなに強い体感を経験したことがなかったのですが、そこにいるのは素晴らしい感じがしました。

この京都での体験がなかったら、スーザン先生のWSも受講しなかったです。
京都の木立に、スーザン先生のWSを受講するように説得されたも同然でした。
集中してレベル1〜4までを受講したことは、わたしにとってはやはりとても相応しいタイミングだったと感じています。経済的に厳しい状況で、開催3日前によく全レベル受講しようと即決したなーと自分でもすごく驚いたのですが、やっぱりそういうことになっていたんだと納得しました。

今回のWSで、最も魅力的だったのは、やはりスーザン先生のお人柄です。優しさや包容力、チャーミングなところ、本当に可愛らしい魔女様でした。 そしてスーザン先生の言葉をニュアンス豊かに伝えてくださるディスマーゆかりさんのお人柄も。
お二人は姉妹のように見えました。とても素敵な方々でした。最初にお二人に魅了されたことが大きな契機で、WSの全日程が嬉しくて楽しくて仕方ありませんでした。

WSの内容は、この新緑の、最も気持ちの良い季節に、気持ちのよい木立のなかで過ごす時間を多く取っていただけて体も心もすっかり元気になり、朝も早い時間に目が覚めるようになって、とても嬉しいです。(早く外に出たい!とそわそわしていたスーザン先生がめちゃめちゃ可愛らしかったです!)

緑のなかで長い時間を過ごしたことの、癒しの効果は、今でも続いています。
目を閉じて思い出すだけでも、まだ充分に感じられます。木々のスピリットを、仲間としてひとつひとつ紹介していただくともう木々は、「ただの木々」ではなくて、
「わたしたちとはだいぶ違う形をしているけれど、生命をもった仲間たち」
になっていきました。そういう気持ちがつながりをもつ役に立つ、これが「自分を開いていく」ことなんだと、自然に納得できました。初めて逢った人に心を開いていく感覚と同じですね。

レベル4では、「一度死に、生まれ変わる」体験を二度したことは、ものすごくインパクトのある出来事でした。船津胎内樹型を訪れることができたことに感謝します。
その後、森の中にあった樹型をくぐりぬける体験もし、復習をした感覚でした。
「暗く狭い道を苦労してくぐりぬけること」の、大きな、重要な意味を体感しました。

シャーマニック・ジャーニーのときに、この「生まれなおす」体験がわーっと戻ってきました。それと同時に、オーガムの「ストレイフ」の意味が、心のなかにぐぐーっと入ってきた感じがしました。この数年、自分自身の闇を見つめるという課題に取り組んできましたが、「それをサポートしてくれる木のスピリットがちゃんといる!」ということは本当に驚きでした。

自分自身の経験と、このストレイフのサポートを合わせれば自分の闇を見る準備ができていて、でも背中を押してあげることが必要な人に、うまく伝えられそうな気がするのです。「自分自身の闇を見ることは、怖いと思うかもしれないけれど、その嵐のなかを通り過ぎたときに感じる穏やかさと平安は、絶対に約束されているんだよ」と。

木々(の精霊たち)がサポートしてくれると思うと、どうしてこんなに頼もしく感じるのだろう?
たぶん、自然とのつながりをもっと強くもっていた頃のことを、体が記憶しているのではないでしょうか。そう思えてなりません。

ボンファイヤーも素晴らしかったです。 あんなに大きな火の傍にいられる機会は滅多にありません。最初はただもう火の美しさに見とれるばかりでした。手放したいことを焼き尽くしてもらったことで、浄化されたと感じました。スーザン先生とゆかりさんの誘導はとても素晴らしかった。泣きそうになりました。闇と、火と、水と、大地と、風と、そして木々と、人々。素晴らしい気に満たされた夜でした。本当に素晴らしかったです。

一緒に受講した方々と、徐々に強まっていくつながりを感じるのも、喜びのひとつでした。皆がどんどん輝いていき、表情が明るく変わっていくのが本当によく見えました。
今は、そのなかの何人かで集まり、facebookで交流をつづけています。(もしかしたらみんなでイギリスにまで行っちゃうかもしれません・笑)
少し気になっていた(心配していた)男性の方が最後に「じぶんの居場所を見つけられた」とおっしゃっていて本当に素晴らしいWSだったなとしみじみ思うのです。

わたしたちの住む地球からのエネルギーを使わせていただくヒーリングや魔法を学ぶと地球と自然とに、より目を向け、尊ぶ思いが、心の深いところから湧き上がってきます。みんなつながっていることを、実感できます。

宇宙の存在とのチャネリングもすごいな!と思いますがわたしにはケルティック・アースヒーリングが合っていると強く思いました。

プラクティショナー認定されることを目標に(そしてそのおかげでまたスーザン先生に再会できるように)楽しくこの新しい旅を続けていこうと思います。
どうもありがとうございました!

(M.K 40代女性)