龍を飲み込んだ写真家
秋元隆良氏 息をのむ
「奇跡の写真」
見る人を幸福にする糧が凝縮

龍を飲み込んだ写真家・秋元隆良『奇跡の写真』

38,500円 (税込/本体価格 35,000円) 即納

龍虎

龍虎

奇跡の写真
作品ラインナップ

作品をクリックすると詳細内容をご確認いただけます。

神在月にて

神在月にて

金龍

金龍

鵬

金環天龍

金環天龍

鳳凰発光

鳳凰発光

空に咲く花・アーク

空に咲く花・アーク

龍虎

龍虎

自然界に潜む神獣や精霊の霊圧を感知し、
その気に触れた瞬間、シャッターを切る!
その男が撮影した写真を見た人には“幸せの連鎖”が起こり、
次々と幸運が舞い込む。

写真家・秋元隆良

写真家・秋元隆良Takayosi Akiyama

■奇跡の写真家と呼ばれた男

2017年9月に発売された雑誌「ゆほびかGOLD Vol.36」(マキノ出版)の巻頭特集でこの記事が掲載されるや否や、一躍時の人となった写真家・秋元隆良氏。

一見、美しい風景画と思える秋元氏の写真は、よく目を凝らすとそこに伝説の世界にのみ存在する鳳凰や龍、あるいは精霊キジムナーなどの姿が、雲や発光体となって写し取られていることに気付きます。

秋元氏はある体験を経て、そうした聖なるものたちが放つ“何か”を感知できるようになったと言います。
以来、吉兆の兆しが現れた光景を写真に写し取る力を授かり、それが「奇跡の写真」として口コミで人気が広がっていったのです。

実際に秋元氏の写真を飾った人からは「良縁に恵まれた」「好条件の仕事が見つかった」など幸運体験の報告がたくさん届いています。

■「奇跡の写真」はなぜ、見る人を幸運へと導くのか

秋元氏の写真を見た人に幸運体験が起こる……。

その答えの一つが「脳内セロトニン」にあります。
脳内には情報をやり取りする神経伝達物質が50種以上存在するとされ、そのうちの1つであるセロトニンは、ノルアドレナリン、ドーパミンと並ぶ「三大神経伝達物質」として重要な役割を果たしています。

特にセロトニンは「幸せホルモン」とも称され、分泌が不足すると睡眠障害や感情の暴走、活力の減退など様ざまな悪影響を招くことで知られます。

セロトニンは目に入る光の影響を受けて分泌されるため、朝日を浴びることが分泌増加に効果的とされます。

太陽の光は陰陽道でいう“陽”の気をふんだんに含み、秋元氏の写真に写し取られた神霊たちの姿もまた強い“陽”の気を放っているため、「奇跡の写真」を見ることで脳内に良質なセロトニンが分泌され、そのパワーが幸運を招き寄せる。

そう考えることが最も合理的な答えではないでしょうか。

■撮影した瞬間のパワーを余すことなく焼き付ける銀塩写真

「奇跡の写真」となるもう一つの理由が、銀塩生写真であること。
撮影した像をそのまま焼き付ける銀塩写真は、印刷によるプリントと違い現像に熟練の技術を要します。

明部は穏やかさ、暗部は厳格を感じさせ、その間に広がるグラデーションの振り幅が銀塩写真特有の優しさや奥行きを生み出します。

秋元氏が撮影したカットを一枚ずつ魂込めて焼き付ける銀塩写真だからこそ、そこに写し取られた神霊たちのパワーが如実に伝わるのです。

撮影から額装まで一貫して秋元氏自らが手掛ける「奇跡の写真」は、極めて稀な幸福の力を秘めた作品であり、大切な方への贈り物にもお薦めいたします。

■1つの作品につき200枚だけ限定販売

日常では滅多に遭遇する機会のない超自然現象を捉えた「奇跡の写真」シリーズは、そこに込められた神霊たちのパワーや瑞々しさを保ったまま皆様にお届けすることができる銀塩生写真です。

そのため、各作品の制作枚数には限りがあり、1作品につき200枚までとさせていただきます。

■プロフィール

1961年生まれ。
中学生の頃から写真撮影に興味を持ち、一眼レフカメラで鉄道、風景、ポートレートなどの撮影に取り組む。
写真コンクールや作品展での受賞歴も多く新聞、雑誌、TVなど様ざまなメディアで評判となる。
作品展「奇跡の写真」は縁起が良いと口コミでファンが拡大中。

自然界に潜む神獣や精霊の霊圧を感知
摩訶不思議な現状をとらえた!

「奇跡の写真」作品紹介

  

龍虎

龍虎

彩雲が現れた空に、龍と虎のような雲が湧き上がった瞬間を捉えました。

「龍」は全てのエネルギーの源、運気の上昇を司ることはご存知のとおりで、数々の縁起物や開運ごとに用いられ、各地に龍そのものを神として祀る神社が存在するなど、神話や伝説に欠かせない神獣・霊獣とされています。

「虎」、は「一日で千里を走り千里を還る」という言葉がありますが、これには「勢いが盛んで力強い」という意味があります。

また、一度出て無事に戻るというところから旅の安全祈願・出て行ったお金が戻る=金運上昇のお守りにもなっています。

さらに、虎の母親が子供を大切に育てる様子から、お子様の健康や成長を願う縁起物ともされています。

このように龍と虎はそれぞれが強大な力を持ち、古くからの言い伝えや、絵画などにたびたび組み合わされて登場してきました。

戦国武将たちが屏風絵に使用したり、禅僧が好んだり、物語でも取り上げられています。

この作品は、そのような「龍」と「虎」の姿を一枚に収めた大変稀なカットで、虎は、伸びあがるように、龍は、その上を飛行するように湧き出てきた姿が確認できます。

「雲は龍に従い、風は虎に従う」と語られます。力を持つものがお互いに認め合うといった意味ですが、この作品はまさしくその言葉のように、龍と虎が気持ちを通わせ、同じ目標に向かって駆けだそうとしている瞬間の横顔を捉えたものだと思います。

その目標とは、飾り見るかたの目標や夢であり、この龍と虎が良い方向に導いてくれることを願っています。

吉祥ともされる彩雲に龍と虎が集った写真になりました。

解説

「縁起が良い」「開運に結びつく」とも言われる、龍と虎を組み合わせた画像は、特別なエネルギーを持った一枚になっていると考えています。
天空に現れた奇跡を飾り眺めていただき、その写真のイメージから感じていただける写真力により、ご覧いただいた皆様に、より良い事が起こりますように願っています。
また皆様の心の糧となれば嬉しく思います。

  

神在月にて

神在月にて

出雲では、旧暦の10月に全国の神様が集まるため「神在月」と呼ばれます。
八百万(やおよろず)の神様が、上陸するのが「稲佐の浜」と言われ、「弁天島」を中心に神話の時代を彷彿させてくれる神々しい場所です。
日本のなぎさ100選に選ばれている浜の景観は美しく、特に夕暮れ時は、神が創り出した地の夕日「日が沈む聖地出雲」として日本遺産の認定がされるほど多くの方に感動を与えてくれます。

「神在月」中頃の夕暮れ後に、全国の神々を迎える「神迎え神事」が行われ、一週間ほど神様が滞在されると言われます。

撮影は「神迎え祭」後の深夜に、高感度カメラを使用して弁天島を中心に行い、島を取り囲むように水蒸気のような物体が昇り行く状態を捉えました。

更に不思議なことは、島に祀られている鳥居だけが明るいのです。
言い伝えられている、神々が出雲に集う状況を撮影できた! と思っています。

出雲に集まった神々は、人が知らない諸般の事を神議り(かむはかり)にかけて決めると言われ、いろんな縁ができる事や、八百万の神々が縁結びをしている「大社縁結び図」が存在していることから、「神在月」と「男女の縁結び」が語られるようになりました。

写真には人に伝え訴える力や心を動かす力があり、総じて写真力として表現されています。

「神在月に集まる神様」を写せた事も何かしらのご縁と思っていますので、神様が写る縁起の良い写真から、あらゆる良縁を思い描き開運を感じ取っていただきたいと思っています。

大変稀な写真を飾り眺めていただき、より良い事が縁が起こりますように願っています。
また皆さまの心の糧となれば嬉しく思います。

解説

白く表れている部分が神のお姿です。それが一同に「稲佐の浜」の「弁天島」に集っています。
お一人の姿ではなく無数の神々(八百万)です。ここが「神在月聖道」の通過点だということが理解できます。
荘厳なる神々の集いです。
この一枚を飾ることで、いかなる局面に立たされても貴方様、ご家族様をお守り続ける「奇跡の写真」となりましょう。

  

金龍

金龍

南アルプス山脈で撮影しました。
山頂から昇り行く事から、高度3千メートルあたりに現れていると考えます。
重力に逆らい、クネクネと昇り行く白金に輝く物体の姿からは、神々しさを感じました。

望遠レンズでの撮影した、その物体は遥か古来より国交のない時代に東洋では「龍」、西洋では「ドラゴン」として知られた伝説の生き物の姿でした。

南アルプスは、長野県・山梨県・静岡県に連なる、赤石山脈の通称で、北アルプス(飛騨山脈)、中央アルプス(木曽山脈)と合わせて、日本アルプスと呼ばれる大きな山脈のひとつです。
南アルプスには、富士山に次ぐ日本第2位の高さを持つ北岳を筆頭に、3,000メートルを超える峰が9山あり、中央構造線が通る山脈には、ゼロ磁場の分杭峠・七不思議を持つ大鹿村・日本で雄一認定されている隕石落下によるクレーター等、伝説や神話に通じる地域が多く存在します。
そのような場所で撮影できたことからも、不思議なご縁を感じます。

伝説や神話で語られる物体には、神に通じるような事で語られる不思議な言い伝えがあります。
この写真は、龍の中でも最上位に位置する金色に発光する龍を捉えた写真で、通常の撮影では遭遇しない一瞬を撮影した貴重なカットです。

金龍

写真は、被写体や撮影者が強いパワーを持っていると写真にも強い気(一種の生命エネルギー)が注入され、その写真を飾ることで気力や体力が充実していく事は、写真力とも言われます。

龍を写した写真は、開運写真とも縁起の良い写真とも言われますので、「金龍」写真を飾り眺めていただき、ご覧いただいた皆さまに良い事が起こりますように願っています。
また皆さまの心の糧となれば嬉しく思います。

解説

絶対にあり得ない驚きのワンショットです。
そのお姿はまさに天に昇る黄金の龍そのものです。
優雅で力強いエネルギーが伝わって来ます。
よくよく見ると、眼も角も髭もよーく見ることができます。
すべての人を一つもふたつも別次元のステージに招聘させてくれ、見守られて生活できる喜びを感じます。
金龍ですから貴方様の頭上から黄金のシャワーを降らせましょう。
ただ単に財運だけではない貴方様の根底にまでも良い影響・環境を与えてくれましょう。

  

鵬(おおとり)

鵬(おおとり)

伝説の生物に、「鵬(おおとり)」と言われる、巨大な鳥の存在が語られます。
翼を広げると三千里にも及ぶ巨大な鳥で、天を覆う雲のような翼を広げ、一度のはばたきで九万里を飛ぶと伝えられています。
鳳凰と同じ一族と考えられている神秘の生物で、その鵬と思われる物体を、南アルプスを見渡せる高台で撮影出来ました。

南アルプスは、長野県・山梨県・静岡県に連なる、赤石山脈の通称で、北アルプス(飛騨山脈)、中央アルプス(木曽山脈)と合わせて、日本アルプスと呼ばれる大きな山脈のひとつです。

南アルプスには、富士山に次ぐ日本第2位の高さを持つ北岳を筆頭に、3,000メートルを超える峰が9山あり、中央構造線が通る山脈には、ゼロ磁場の分杭峠・七不思議を持つ大鹿村・日本で雄一認定されている隕石落下によるクレーター等、伝説や神話に通じる地域で撮影できた、数十キロに及ぶ巨大な翼を広げた物体は、古くから言い伝えられている神鳥の鵬であると考えています。

「鵬(おおとり)」は鳳凰と血縁関係を持ちますが、南アルプスには鳳凰山があることからも、今回の飛来地区に関連があるようにも思えます。

鵬(おおとり)

伝説や神話で語られる物体には、神に通じるような事で語られる不思議な言い伝えがあります。

写真には人に伝え訴える力や心を動かす力があり、総じて写真力として表現されていますが、龍や鳳凰など伝説や神話で語られる稀な物体ほど強いようです。
そのような写真は、開運写真とも、縁起の良い写真とも言われますが、「鵬(おおとり)」も、まず撮影することができない奇跡の物体だと思っています。

数千メートル上空を飛ぶ「鵬(おおとり)」を、飾り眺めていただき、気力・体力が充実すると言われる写真力から、皆samaに良い事が起こりますように願っています。
また心の糧となれば嬉しく思います。

解説

絶句!!としか表現できない一枚です。
よくぞ撮っていただいたと感謝しました。
よくよく見るとおおとりの下に「龍の赤ちゃん!?」らしきミニゴジラがいらっしゃいます。
なんとも、我が子を想う母の力強いエネルギーを感じます。
まさに、我が子を守護している姿を捉えていただきました。
この写真のエネルギーに触れていると意識の部分が温かく感じ、それが拡散されて身体が不死身になったような感じがしました。
雄大のお姿に感謝しかありません。この一枚お薦めです。

  

金環天龍(きんかん てんりゅう)

金環天龍(きんかん てんりゅう)

2012年5月21日・午前7時30分に、太陽が月に隠され外周のみが細いリングのように見える「金環日食」が見られました。
私は、撮影地の選定にあたり、厚雲が発生しにくく太陽のリングの太さが均一に観測できる金環日食帯の中心に近付いた地域で、更に自然エネルギーを持つ場所を考慮して、遠州灘にそそぎ出る天竜川近辺を選びました。
天竜川は、諏訪大社総本山がある長野県諏訪湖が源で、数々のパワースポットを絡めた一級河川です。

一面の曇り空のなか、事前に報道されていた通り7時前に部分日食が始まりました。
この雲が晴れないか…と空を見つめていました。
そうこうすると、金環日食が始まる数分前に空一面の雲が薄くなり、青空が確認できるくらいの天候に恵まれたのです。
金環日食が始まると青空の中、薄雲が次々と現れては消え現れては消えて行きました。

そして、太陽が完全にリングになった時に突然その雲は現れたのです。

金環天龍(きんかん てんりゅう)

今までの雲とは明らかに違ったその雲は、カメラのファインダー内では「龍」そのものでした。

画面右上から現れ、金環日食中の太陽を中心に時計回転に流れ消えていく姿は伝説の龍そのもので、世紀の天文ショーに合わせ天竜川から現れてくれたと考えています。

まさしくこの写真は、自然界の最大パワーである太陽の金環日食と伝説の龍を合わせた大変インパクトの強い写真で、強大なエネルギーを持っていると考えます。

この先、数百年先まで撮影できないであろう貴重な写真を飾り眺めていただくことで、皆さまにより良い事が起こることを願っています。

解説

この小型の写真を台所に設置し、毎日まじまじと見ています。
すると、確かに「龍」が円を描くような豪快な写真ですが、上、左側にかわいい「子供の龍」が2体映っています。
さらに、中央部分に「スサノオ」と思しき人物がいらっしゃいます。びっくりです。

  

鳳凰発光(ほうおう はっこう)

鳳凰発光(ほうおう はっこう)

伝説の鳥と言われる鳳凰を分杭峠で写したものです。

分杭峠は、巨大活断層「中央構造線」がぶつかりあった地層の真上にある標高1424mの峠で、そこはゼロ磁場地帯と言われる強力な気が満ちている場所となっています。
南アルプス西側の山深い地域で交通の便が悪いにも関わらず、全国から多くの方が気を浴びるために訪れる日本屈指のパワースポットで、驚異の気場として知られています。

分杭峠でも特に強力な気が出ている場所は、峠より山沿いに伸びる林道を数百メートル奥に行った沢の所と言われます。
その清水溢れる沢の上空から尾根伝いで分杭峠に向かい飛ぶ、ひとつの物体がありました。
その姿は東アジア全域で目撃情報がある伝説の物体、羽のある生物の王と言われる鳳凰でした。

秋の澄んだ大空に、うっすら湧き出る水蒸気のような雲と共に、宝玉を持って優雅に流れ飛ぶ姿は、あまりにも神々しく、カメラのシャッターをきるのも忘れてしまうほど見つめていた事が印象に残っています。

南アルプス赤石山脈には鳳凰山と言われる山があり、そのことからでも鳳凰は遥か昔よりこの地方で存在が確認されていたようです。

不思議なことが起きたのは、分杭峠の上に来た時でした。
鳳凰と思われる物体全体が光に包まれた状態になったのです。
写真はその瞬間を捉えたもので、発光により個体感が強く写っています。

鳳凰発光(ほうおう はっこう)

金閣寺や平等院の屋根上に置かれ、一万円紙幣に使用される鳳凰は、大変縁起良い伝説の鳥で、飛ぶ姿は平和を表すと共に願いを叶え金運がアップするとも言われています。

光に包まれた鳳凰を撮影した縁起の良い写真を飾り見ることにより、何らかのパワーで皆さまに良い事が訪れますよう願っています。
また、皆さまの心の糧になればと思っています。

解説

なんとしたことでしょう。
鳳凰の下の方をご覧ください。龍のお姿が見えます。
こんなことは見たことも聞いたこともありません。
2体が並んでいる姿に感無量です。
ご利益増大どころではないように思います。

  

空に咲く花・アーク

空に咲く花・アーク

空は、光や色を刻々と変えて神秘な姿を見せてくれます。
大器光学現象の「環水平アーク」もそのひとつで、虹色の光が横に伸びるように頭上に現れる大変希少な現象です。

その不思議な虹色の輝きから、昇りゆく細かな雲が太陽を包んで「光環現象」を起こしていました。

稀に太陽の周りに虹色の円盤状の輝きが見える時があります。
出会ったのは、細雲が絡まってできた極希少な「光環現象」でした。

上空の光景は、太陽の周りに花びらを付けた感じで大空をキャンパスにして天空に花が咲いたような不思議な一瞬でした。

写真は、「環水平アーク」より気泡のように登りゆく雲が演出した「光環(虹)」を同時カットで、超常自然現象が重なり合って創り出した、メルヘン絵画のような一枚です。

空に咲く花・アーク

虹のように7色を絡めた天空での自然現象は、たいへん縁起が良いことに結び付けられます。
まず出会うことができないであろう奇跡の瞬間わ捉えた写真を飾り眺めていただくことで、皆さまにより良い事が起こることを願っています。

解説

虹が湾曲している貴重な写真です。
幸福・平和・悟りなど、穏やかな一枚です。

それぞれの写真の解説はサラッとしました。
それは手にしたお客様にだけ得られる価値の具現化が人それぞれ異なるからです。
これはこうです、という概念をなるべく省くために敢えて言わないようにしています。
体験談など身近に起こった諸々をお聞かせください。

体験談

  • 愛知県在住・40代女性・生命保険会社勤務
    ★写真を手にしてから契約数字が安定した伸びで、支部長を任されるようになりました。
  • 愛知県在住・60代男性・法律系事務所経営
    ★写真を飾った頃より、友人の紹介の仕事が入り、経営事務所の仕事が倍以上になりました。
  • 名古屋市在住・40代女性
    ★音楽教室を始めた時に、生徒が集まらず苦悩していましたが、写真を手にした頃より徐々に申し込みが増えて、今では入校待ちが出るほどになりました。
  • 愛知県在住・20代女性
    ★就職活動がうまくいかず、採用試験に次々と落ちていましたが、写真を手にした頃より全ての企業から内定が入り、現在は理想の企業で働くことができています。

おまけの画像に驚嘆! 2018年3月の夜の出来事

なんと、事務所の玄関に戻り明かりをつけて振り向いたら龍のお姿が確認できました。
この白龍を皆さまよーくご覧ください。
分かった方は鋭いです。観察眼が満点です。
なんと、龍の頭が部屋の中に、胴体と尻尾が部屋の外にあります。
丁度今、外出から部屋に戻った秋元氏がいるように、氏を護った龍も同時にご帰還になられました。
しかも頭だけが部屋の中です。
部屋から帰る途中も考えられますが、氏が入ったのですから当然として龍がお忍びなられた、ということでしょう。
しかも、玄関の明かりを付けた時に確認出来ていますから、今までにないものと言えます。

複製厳禁

■プリントには、撮影者自筆のシリアルナンバーが明記されています。
■独自の能力と独特な感性で捉えた数多い作品の中から、インテリア写真の枠を超えたカットを「奇跡の写真」として紹介しています。

奇跡の写真

神在月にて

神在月にて

¥38,500税込(本体¥35,000)

金龍

金龍

¥33,000税込(本体¥30,000)

鵬

¥33,000税込(本体¥30,000)

金環天龍

金環天龍

¥55,000税込(本体¥50,000)

鳳凰発光

鳳凰発光

¥33,000税込(本体¥30,000)

空に咲く花・アーク

空に咲く花・アーク

¥33,000税込(本体¥30,000)

龍虎

龍虎

¥38,500税込(本体¥35,000)

●A4サイズ、額縁付

※『奇跡の写真』は1枚ずつ焼き付ける銀塩生写真のため、色調や濃度に若干の誤差が生じます。
※『奇跡の写真』の裏面には、秋元氏直筆のエディションが明記されます。
※それぞれゴールドの額装にてお届けします。

※体験談は、各個人の感想となりますので同様の現象を保証するものではありません。



買い物カゴへ