中 健次郎

【5/16・17日程は開催延期になりました】
これまでにない解放体験を。ネガティブなエネルギーを解放し、深層意識を浄化。

身体も心も頭も、自然と調和の達人の「場」の中で、リラックスとともに解放されていきます。

講師の中さんが、中国・チベット・インド・ヒマラヤ等の聖者・覚者・達人の元で修行し、
直接学んだ深い智慧、伝授された秘技により、

本来のあなたの心と身体の心地よさと、本来の、調和の取れた自己への道を取り戻していきます。

覚者の智慧と達人の秘技による『深層意識を浄化し、真の自己を取り戻すワーク』


新型コロナウィルス対策に伴う在宅勤務実施のお知らせ
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、現在弊社では在宅勤務を実施しています。
セミナーに関するお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームよりお願いいたします。
緊急のお電話のみ、9:00−21:00代行センターにて承ります。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

講師の中 健次郎さんは、真実の自己の探求で世界中を巡り、その探求と鍛錬の旅は今なお続き、これまで訪れた国は90ヵ国以上。

飽くなき探求心で中国、インド地方、チベット、ヒマラヤのカイラス山などの聖地、秘境と呼ばれる奥地にまで幾度も旅を重ねて現在に至る。

導かれるように高名な僧、達人、導師、聖者との出会いを重ね、受け継いだ悟りへの智慧と秘技により、あなたの深層意識に浄化と制限された意識の開放をもたらします。

この写真は、中さんの講習会で撮影された記録写真の一枚。
壇上の中さんの姿が、高波動の光として写っています。

このように姿全てが完全な光として写ることは、滅多に起こりません。

「真の自己」、気づきと浄化の探求に人生を捧げ、長年の修行でエゴの浄化と調和を深め、生命エネルギーを精錬し続けた結果の、極めて精妙な、高波動のエネルギー状態だからこそ現れる現象といえます。

中 健次郎プロフィール

1956年和歌山県生まれ。

大学在学中20才より北南米大陸縦断。
22才からのインド方面へ旅での覚者との出会いにより人生観を変え、真の自己の探求の道へ入った。

1981年、南京大学等に留学。
日本の鍼灸師免許を取得後、再び渡中し、北京中医薬大学・北京大学等で中国伝統医学と中国古典哲学を学ぶ。

通算18年以上の中国滞在中、仏教・道教の聖山を含め中国やチベット各地の聖地を訪ね歩き、中医学、太極拳、気功をその道の第一人者に師事し会得。

1997年より、2年半かけてアジア・アフリカ・ヨーロッパ・中近東の聖地を巡る。

現在も毎年、覚者や聖者を訪ね修行を行う旅を続けている。

真の気功家、世界90カ国以上を回った冒険旅行家であり、永遠の真理を求める探求者。

2004年に帰国、国内外でセミナーや合宿を開催し、心・気・体・霊性のバランスを整え、真の健康・真の自己を取り戻すために、気功、太極拳、呼吸法、瞑想、東洋哲学、東洋医学等を指導。
自らの体験を交えた分かりやすい教え方で、多くのファンを魅了している。

著書に「病気が治る気功入門」(マキノ出版)・「病気にならず長生きできる気功DVDブック」(PHP)、「人は死なない、では、どうする?(共著)」(マキノ出版)等がある。


このセミナーで体験・学べること

  • 肉体に溜まったネガティブなエネルギーをデトックスする
  • 条件付けされた思考を解放する
  • 潜在意識を浄化する
  • エゴによる偽りのバランスを解除し、新しく良いバランスを作る
  • 心身を弛め、滞りを解消する
  • 身体と精神を合わせて整える
  • 自然界、一なるもののエネルギーを取り入れ、体内のエネルギーの流れを改善する
  • 内なる無限のエネルギーに繋がる瞑想 など

こんな方におススメ!

  • 行き詰まりから脱したい
  • 心の安定や集中力を高めたい
  • エネルギー的な滞り・欠乏状態を解消したい
  • どんな状況の中でも、心の平穏を保てるようになりたい
  • 肉体やエゴの枠の中から意識を解放したい
  • 病の根っこになる精神的な原因を取り除きたい など

中さんの講習会参加者・ワーク実践者の声

  • 一年以上続いた落ち込みと体調不良が涙とともに流れて浄化され、元気になった
  • 頭痛、めまい、不眠などの不定愁訴が消えた
  • 性格が穏やかになった
  • 曲がらなかった膝が曲がるようになった
  • 大幅に体重が減り、健康的になった
  • 体調が安定し、老化のスピードが遅くなったと感じる など

「深層意識の浄化と真の自己の解放ワーク」
気づきと浄化、悟りへの旅と修行を重ねる真の探求者

中 健次郎さんは22歳の時の運命的な出会いをきっかけに、真の自己への道を求めて世界中を旅し、多くの高名な老師、覚者、聖者との出会いと学びを重ねて来た、真の探求者であり、気功家、冒険家です。
訪れた国は90ヵ国以上。

その学びと修行は、中国の伝説的な達人の数々から伝授された気功・太極拳を軸に、タオ、ヨガ、瞑想法など、世界中の覚者、聖者に直に師事し、受け継いだもの。流派の枠を超えた神秘の教えは数知れません。

中さんは、その真理探究の旅と修行で得た学びを極め、人々に伝えて貢献することを使命と受け止めています。

このセミナーでは中さんが学び伝授された秘技が惜しみなく使われ、受講者自身が行えるものとして伝えられます。

「深層意識の浄化と真の自己の解放ワーク」
肉体をゆるめてネガティブエネルギーを解放、深層意識を浄化!

このセミナーでは意識を深くからデトックスし、本来の自己の解放へ導いていきます。
身体と心の両方を奥深くから整え、滞りを解除し、エネルギー的にも整っていきます。

高名な、また人知れぬ奥地で修行と探求に人生をささげる聖者、覚者から中さんが直接学び伝授された智慧や修行法により、固定観念や心の反応パターンの解除、エゴにより縮こまってしまった真の自己の解放が大きく進んでいきます。

セミナー体験談

  • 気功の本質を惜しみなく伝えてくださった先生に感謝です。先生のお言葉ひとつひとつが無駄がなく密度が濃く、理屈ではなく身体で体感できたのがよかったです。セミナーはスタート地点で後は日々の自己研鑽が重要だとも実感しました。(A・G様 50代 女性)


  • 気を練る気功が、精神的な真理探求と両立することを実感できた、素晴らしい画期的なセミナーでした。先生とのはじめての出会いが、このセミナーでよかったと実感しています。先生に接したおかげで、丹田の感覚や、丹田からうごく感覚をはじめてハラに実感することができて、日常生活のひとつひとつ、例えばちょっと脇を締めて立ったり、歩くときや会場で買った櫛で髪をとかすときに丹田からうごくことが、実感もって意識できるようになりました。あのあと中身の濃い講習の内容を日々復習しています。(A.G様 女性)


  • 中国気功は初めてで軽い気持ちで参加しましたが、本物の気功の先生に出会うことが出来たことを嬉しく思います。光の中での気功・瞑想では大きくブロックをはずしていただきました。 また、ペアを組んでの呼吸では、涙が沢山出ました。 深い意識での浄化がおこり、お腹回りが固かったのですが、随分柔らかくなり、不眠症で悩んでいたのですが、セミナーが終わってから良く眠れるようになりました。 中先生がおっしゃっていた「時間がない」「(マイナスなものを死んでからも)持っていくのですか」という言葉が響きました。 まずDVD付きの本を観て、気功を健康、浄化のために行っていこうと思います。(F・T様  女性)


  • 参加できて、さらに、二日目の最後に先生にワークしていただいたのは、本当にありがたくうれしく思いました。まず、一日目の最後にしたワークは初めての体験でした。
    過去に、自分の無意識をマインドフルネスで見て癒やす、というワークや、ヒプノセラピーを受けたことはあるのですが、「叫んで出す」というのは、初めてでした。今まで何度もセラピーや一人でインナーチャイルド癒やしをしてきましたが、今回は、おかげで今まで出会ったことのない、深いところのインナーチャイルドに出会えました。
    また、座ったままで自分を内観していくワークでは、日常生活の影響からか、思考が静まりにくいことがあります。でも、気功をした後に深層意識を見ていくと、意識がちゃんと丹田に落ちているので、思考の影響をうけにくく、とても私にはよかったです。
    今まで、他で習った方法では、大人の自分が「インナーチャイルドがしてほしいことを、してあげる」と教わります。でも、あまりに強いインナーチャイルドだと、大人の自分がいなくなり、どうして良いか、分からなくなります。このときも、そんな状態でした。そのときに、先生は「謝るのは、一回でいいのです。お母さんが許してくれなくても、天が許してくれています」とおっしゃってくださいました。
    私は、母が許してくれないため、ずーっと、自分を罰するため、無意識層で自分を責め続けていました。無意識なので、自分でも止められませんでした。でも、先生の言葉は私の無意識に届き、やっと「自分を責めることを止めてもよいかもしれない」という気持ちにさせていただきました。(中略) 先生からご指導いただいたことを、まずは家族へ送りたい(気やマッサージなどで)と思います。さらに、他の方へも伝えることができたらうれしいなと、強く思いました。同じ内容でまた、中先生に開催していただきたいです。(J・K様 40代 女性)


  • 先生に2度も気を入れていただいてよかったです。気功も中先生の講習会を含めて3度目でしたが、より深く理解できて得るところが多かったです。メインテーマの深層意識の解放は、はじめは意味がよくわからず戸惑っていましたが、最後にはこれといった明確な記憶というより子供のころから自分で自分を抑えていた意識にどれだけ縛られていたがその奥にある本当の自分に帰りたいという想いが叫びになりました。事前に涙が流れ、人をアシストしているときも出てしまいまいした。これが解放とうことも理解できました。ありがとうございました。

  • 今回、中先生のWORKSHOPを開催下さりありがとうございます。気功って何だろうと思いここ数年、先生のDVD本を読んで(出会い)とても正直な方だとは思っておりましたが、今回こちらVOICE様での開催を知り楽しみにしておりました。実際にお会いして良かったです。DVDを見よう見まねの見るからに初心者に、丁寧に教えてくださり本当に参加して良かったです。お人柄も素晴らしいです。そして真剣に丁寧に教えていただきました。楽しいWORKSHOPでした。次回もあればぜひ参加したいです。スタッフの方々、先生本当にありがとうございました。

  • ■その他の解放・回復体験談はこちら


    「深層意識の浄化と真の自己の解放ワーク」
    『体』『心』を共に整えることが速やかな『解放』をもたらす!

    深層意識のデトックスをするには、まず体のバランスを整えなくてはなりません。
    肉体のバランスが崩れ、体内のエネルギーの流れが滞ったままでは、意識のバランスを動かすことが難しいのです。

    そして、心の辛さを脱したい、精神的・スピリチュアル的なワークを深めたいからと、精神や意識面の学びや修養ばかりを突き詰めることは、置き去りになった肉体のバランスの崩れ・不調につながります。

    心と体は一体です。
    体をゆるめてバランスを戻し、心を整え、双方を共に整えてこそ、速やかに解放を進めることができるのです。

    このセミナーでは、心と体の双方向から共に整えていく『性命双修』により、受講者を奥深くからの解放と目覚めへと導いていきます。

    「深層意識の浄化と真の自己の解放ワーク」
    『性命双修』でもたらされる速やかで深い癒しと真の調和

    「性功」「命功」
    これは気功で使用される用語で、重要とされる二つの柱です。

    「命功」とは、命・肉体の働きを整え健康になる気功法(主に動功)。
    「性功」とは、心を浄化し、純粋意識を取り戻す気功法(主に静功、瞑想等)。
    二つを共に修めることを『性命双修』と言います。

    このセミナーでは、心身のバランスを取り戻す方法として、気功法、特殊な呼吸法、瞑想法を使っていきます。

    気功は日本でも健康法として耳慣れていますが、特に学んだり、親しんだ人でなければ、その真の意味と目的は深くは知られていません。

    気功は単に肉体を整えることのみを目的とした健康法ではありません。

    気功とは、中国の長い歴史の中で伝わっていった各種の養生法や修行法、そして武術の鍛錬法などをもとに「気」を練っていくことで心身を変革させる方法の総称です。

    その本質は「調和」にあります。

    気功の根底にもある、中国思想の源流である道の思想、老子の「道徳経」には、
    「道(タオ)は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず」
    とあります。

    二というのは、陰と陽の二つ。
    そして三というのは、陰でも陽でもないバランスの取れた接線(太極図の白と黒の部分が接した線)であり、ここから万物が生じます。
    この思想を源流とする気功は、いろいろなものとバランスを取り、自ら調和していくことを基本とします。

    体と心の調和、他人との調和、自然界との調和、全てと調和することで、「一」なる世界に戻っていくことを目的をした手段です。

    結果として、心身を整えることに対して、非常に効果のある方法が多く編み出されているのです。

    驚きの超常体験、中さんと達人、聖者、覚者とのエピソード

    中さんの師事した数多の師は、奇跡とも言える治癒、現象を起こし、健康も寿命も、常人では考えられない能力を発揮しています。

    中さんは中国へ留学中、98歳の気功の達人、呉図南老師と出会い、衝撃的な体験をしたことで、それまで行っていた空手や柔道などの自己鍛錬法をすべて捨て、気功・太極拳を軸にした修行と探求の道に入りました。

    気功や中国医学を深く入っていくと、仏教哲学、老子や荘子、易経などの中国の古い哲学にたどり着きます。
    更に、そのルーツは、仏教が生まれたインドにさかのぼり、チベット密教に伝わっているものもあります。

    中さんは、それらを伝える達人、聖者、覚者を訪ね歩いて師事し、そして古来から綿々と達人から弟子へ受け継がれた気功法・呼吸法・瞑想法など多くの修行法を伝授され、学びを深め続けています。

    ・太極拳の達人【呉図南老師】
    上の写真は、26歳当時の中さんと当時98歳の呉図南老師です。
    このとき、本気で挑んだにもかかわらず老師の指一本で5〜6mも飛ばされ、衝撃を受けたことが気功の修行の道へ入る転機となりました。

    ・処方箋だけで病が治ってしまう【楊文園老師】
    高名な漢方医で、気功の達人、易経の大家でもある楊老師。遠方からも処方箋を求めて大勢の人が訪ねて来ていました。患者さんはみな、処方箋をお守り袋に入れ、身に着けているだけで、病気が治っていきました。
    中さんも留学中に勉学に根を詰めすぎて痔になってしまい、楊先生に処方箋をもらい身に着けていたら治ってしまったそうです。

    ・千里眼・自然現象を操る・一目で病を見抜き治療する達人
    中さんが師事した達人の中には、幼少時に才能を見出され、少林寺の伝統の修行法や気功の特殊訓練を伝授され、神通力と呼ばれる域の能力を持つ方々も居ます。一人は特殊能力と、武術に抜きんでており国家の要人の健康管理や警護も果たしていたため、お名前などが一切明かせないY老師です。
    Y老師は中さんが訪れたとき、目の前でコップの水をあっという間に氷に変え、中さんの手に握っていたコインを別室の冷蔵庫の大きな氷の塊の中に移動させる、数m離れたところから紙を燃やす、など数々の超常現象を行いました。また、あるときY老師が中さんご夫妻の「邪気」を抜くという施術をされたとき、お互いの頭から白い煙が立ち上るのを目撃したそうです。

    もう一人は中国の九宮山の高僧、聖欽法師です。
    聖欽法師Y老師と共に幼少期から特殊訓練を受けた子供の一人でした。相手を見るだけで、または遠方にいて見てもいなくても、体調だけでなく、過去や家族の問題などすべてわかり、癒すことができ、また、距離に関係なく瞬間で現れたり、金縛りにしたりということができました。

    ・道家全真教龍門派第十八代伝承者王力平老師
    王力平老師の教えを受け、修行法を行っている折、中さんは何度も体が浮いてしまう経験をしました。王力平老師が受講生が部屋に帰った後、気を送り、全員の体が勝手に動き出すということもあったそうです。

    これらのエピソードは中さんの書籍でも紹介されています。
    その他にも語りつくせないほど多くの神秘の体験と学び、これらの師から伝授された秘技がセミナーの中で明かされます!

    このセミナーで行われる気功法、呼吸法、瞑想法などは、講師の中さんが、中国・チベット・インド・ヒマラヤ等の聖者・覚者・達人の元で修行し直接伝授されたものです。

    また、世界中で中さんが出会った聖者・覚者・達人から伝えられた智慧が、超常的な出来事も含めた驚きのエピソードや体験談も交えて語られます。
    楽しく体験と学びを重ねることができる2日間です!

    このセミナーで学んだ手法は、そのうちの一つだけでも、日常で続けて行うことをお勧めします。
    驚くほどの速度で、変化を感じることができるでしょう。

    中さんは国内では、心身の健康のための気功講習会を多数開催されていますが、
    このセミナーは、特別にリクエストし、精神世界や、自己の探求、エネルギーワークにご興味の深い方々へ向けて、
    より意識や真の自己、真理などに深く、特別にプログラムしていただいたセミナーです。

    開催をどうぞお楽しみにお待ちください!

    過去の蔵出しインタヴュー・武闘派気功の講習会の一場面など(中健次郎氏提供)

    こちらの動画では気功についてのお話だけですが、セミナーでは気功だけでなく、瞑想法や特殊な呼吸法など、中さんが世界の旅と修行で習得された手法が組み合わせて行われます。

    また、インタビュー中でも触れられている、中さんが体験した不思議・神秘体験を数多く交えた楽しい講義もお楽しみに!

    お話・ワーク両方で意識に働きかけ、リラックスしながら自然と調和した波長へ導びかれます。